藤原 恵津子

当たり前を疑ってみる

2021/7/ 1配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


今日は、自分でも気づかない「当たり前になっている前提」についてのお話を。



フィオーレのメンバーで現在66歳の方がいらっしゃいます。


その方は、もう5年以上も31歳年下の方とお付き合いをされています。


束縛せず、お互いのペースを尊重し合っていて、恋愛というお付き合いについて、学ばせていただくことも多いです。



彼の職業は勤務医で、今コロナで大変なようで、二人で会える時間がなかなかないそうです。


でも、彼女の方は寂しいにもかかわらず、それを出さず、彼の体を心配しています。


そんな優しさを持った彼女だから、一緒にいると彼はとても癒されるようです。


忙しい彼の負担になってはいけないと彼女が別れ話を持ち出したところ、彼の方が聞かなかったのですよね。


一度、ほかの女性と浮気もあったようですが、彼女はそういうこともあるよねととてもおおらかでした。



 


下へ続く↓



イベント・セミナーのご案内




50代以上の女性大歓迎!

〇女神覚醒プログラム




楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人



 

〇カサンドラ症候群自助会

わかば会

 






上からの続き↓


 







さて、人は、無意識のうちに、当たり前でないことを「当たり前」とか「ふつうは」という言葉を使って一般化しがちです。


しかし、それは本当にそうでしょうか?


自分が当たり前と思っていることほど、当たり前の枠にとらわれていて気が付かないことって多いんですよね。


 


別のお話です。


先日、知人に彼女ができました。


周りは、祝福しとても喜んでいました。


その中で気になる一言が飛び込んできました。
「これで、毎食、ちゃんとしたご飯を食べられるな」と。


ちょっと複雑でした。


この人の中では「女性が料理をするのが当たり前」になっちゃってるんだなと。



と今、書いていますが、自分の中の当たり前は、自覚がないのでわからないので、私も自分のことについては気が付いていないことも多いのでしょう。


 


 


さて、初めのカップルに話を戻しましょう。


皆様 は、お二人について読みながらどんなイメージをしていましたか?


 


初老のお医者様に35歳の女性?


それはどんな女性でしたか?


 


イメージをいろいろ膨らませてみてくださいね。


 


 


では事実を応えますね


このお二人は、どんなカップルかというと…


 ↓


 ↓


 ↓


 ↓



35歳の男性医師と66歳の女性のカップルでした。



っていうと皆さん一様に「えー!!」と叫ばれるんですよね。


そして次におっしゃるのが「すごい美魔女なんじゃない?」と。


これは「若い男性だったら30歳以上も年上の相手は美魔女であるはず」という思い込みですね。


 


事実は割烹着が似合う年相応の女性です。


セックスライフも充実しているようで、とても微笑ましいです。


 


どんなカップルか当てられなかった方は、カップルについて「当たり前の前提」をお持ちだと言えますね。


自分にとって「当たり前」のことって、そうではないかもっていう疑いを持たないんですよね。


今日は、無意識に持っている当たり前の前提をちょっと探ってみました((笑))


皆様 はいかがでしたか?


 



 







 



 


 


メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
女神覚醒プログラム
自己肯定感を上げる オンラインセッション(対面可)
可能性開花コース(アドバンス)
可能性開花コース ベーシック
メール相談フォーム
メルマガのご感想&ご質問
カウンセリング/コーチング個人セッション
お申込み&お問合せ
リビング新聞子育て相談
前世療法
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック