小沢美奈子

文章は寝かせて育てろ!

2021/7/ 1配信


皆様


Webライターになりたい方、Webメディアを活用して自分のビジネスを発信したい方のサポート


こんばんは!


文章プロデューサー・ファイナンシャルプランナーの小沢美奈子です。


18184_3667-2





目次
―――――――――――――
1 文章は寝かせて見直すのが正解
2 公開された記事について
―――――――――――――


 


1 文章は寝かせて見直すのが正解



「カレーは一晩寝かせると、
より美味しくなる」



これは、私の夫が、
かれこれ20年以上前から言い続けている持論(笑)



確かにカレーは一晩寝かせると
味が馴染んで美味しくなるような気がします。



実は「寝かせると良くなる」のは
文章にも同じことが言えます。


 


文章の場合、もちろん、
寝かせるだけではNGですが。



私の場合、書きあがったばかりの記事は、
基本クライアントに提出しません。


 


しばらく寝かせた後に見直して、
かなり書き換えてから提出するようにしています。


 


数日経って記事をあらためて見直すと、
誤字脱字がすぐに目に入ります。


 


どういうわけか、
誤字脱字は、
書いた直後に見直しても
なかなか見つかりません。


 



しかし、
記事を寝かせてから読み返すと、
すぐに見つかるのです。


 


これは不思議。


 


おそらくなのですが、
記事を書いた直後は、
頭の中で描いたストーリーが、
入力した文字に、
一種のフィルターとして
乗っかった状態になります。


 



フィルターがかかった文章を見直しても、
誤字脱字は見えないのだと思います。


 



一方、数日寝かすことで、
頭の中がリセットされ、
新たな気持ちで記事を読むことができます。


 



すると、誤字脱字だけではなく、
おかしな言い回しなど、
文章の「粗」が発見できるのです。


 



そのタイミングで、
思い切った書き換えを実行します。


 



結果、レベルアップした記事に
仕上がるのです。


 


とはいえ、
「忙しくて寝かせてなんかられない」
という方は多いでしょう。


 



小沢もいくつも執筆案件を抱えると、
切羽詰まって
寝かせる余裕なんかなくなってしまいます。


 



それでも、
最低一晩は寝かせられるように
スケジュールを組みます。



実際、寝かせる前と後の記事を見比べると
後者の記事の方が
格段に良くなっていることがわかります。


 



まとめると、


ここぞという文章を書く時は、
できれば1週間寝かしてみる。


 


ちょっとしたビジネス文章でも、
2~3日くらいは寝かしてみる。


 


そして、書き換える。



これを実行することで、
皆様の文章は
見違えるほど良くなるはずです。



―――――――――――――
2 最近公開された記事について


 


小沢が寝かせて書いた記事です(笑)


 


◆金融サイトfinasee(フィナシー)
「FPが解説!楽天証券のイデコ(iDeCo)
おすすめ商品ポートフォリオ(組み合わせ)」
https://www.finasee.jp/ideco/6992/



◆AllAbout
「いらないモノを捨てたらお金力がアップする理由」
https://allabout.co.jp/gm/gc/488756/


 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



今後もゆるりとお付き合いしていただけると、嬉しいです(^^)


 


  




 


 



 


 



 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


プロフィール
グループレッスン
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック