岡田みな子

お金の流れをよくする一番簡単な方法

2021/5/21配信


皆様


こんばんは。

岡田みな子です。


15420_171211minako_2_030

7月の出版に向けて
いよいよラストスパート。


タイトルの最終決定
表紙のデザイン決め
最終原稿の直し
出版イベントの準備をしたりと
一気に忙しくなってきました^^


その中でも


心の講座や
魔法の夢ノートの講座
個人コンサルやカウンセリングは
通常運転なので


外側の現実は
すごいスピードで動いていますが


意外と私は落ち着いていて
淡々と
淡々と
時間をやりくりして
原稿を書いています。



それもこれも
サポートしてくれている
編集者さんや出版社さん
ついてくださっているコンサルタントや
様々な頼れる人たちのおかげで


本当〜〜〜に
ありがたく
大船に乗った気持ちで
自分の領域を淡々とやっています^^



(しかもサポーターは全員
プロフェッショナルな男性!
女性性が感じていることを汲み取り
この世に具現化してくれるのは男性の仕事なので
私の中の男性性がカッコよくプロフェッショナルに
なったんだなーと勝手に感慨深いです。
もちろん実際のパートナー(夫)も
よりカッコよく頼もしくなっています^^
この男性性と女性性の統合の話もまた書きますね)






それで
豊かさ(お金)の底上げ講座を
開催したいと思いながら
なかなかできないので


もう、このメルマガで
お伝えすることにしました!


基本の「キ」ですが
これができないと
底上げは難しい、と思う肝です。


私もそうでしたが
「お金」って
本当に様々な「想い」とか「念」が
乗ります。


そんなつもりはなくても
つい乗せてしまっている人も
多いですよね。


1万円札で言えば
1枚約24円の「紙」なのに
色々いろいろくっつけてしまいます。




で、感謝で出したら帰って来るよーとか
お財布フリフリするとか
金運をよくする方法は
色々ありますが
(私も色々やりましたが。笑)



私は「これ」を意識して
一気に底上げされました。


それは


「入る」ときも「出る」ときも
同じエネルギーをのせること。
淡々とお金を見ること。


え?そんなこと?って思いました?


でも、よくよくイメージしながら
読んでみてくださいね。


 


多くの人は
「入る」ときは喜ぶけれど
「出る」時は渋々とか
イヤイヤとか、怖さとか
色々乗せます。



それはもう育ってきた環境や教えが
そうだったので仕方ないんですが
それを「どっちも」「同じ」にするんです。



これは無理やりポジティブシンキングではなく


淡々と


淡々と

淡々と(笑

同じにする。



入り口と出口を同じ大きさにして、
入ってくるとき笑顔で
「いらっしゃいませ」なら
出ていくときも笑顔で
「ありがとうございました」にします。



沢山買って欲しいから
入り口は大きくするけど
出口が小さいスーパーって
嫌じゃないですか?
イライラしそう。笑


いらっしゃいませ!だけ笑顔で
ありがとうございました、がないスーパーとか
嫌ですよね。


行きたくなくなります。


入り口も出口も
同じ大きさで


入ってくるときも
出ていくときも
笑顔で挨拶されたら
普通に気持ちいいですよね。


そうじゃないと
繁盛しませんよね。


でも、結構みんなこれの反対をやってます。


入り口は大きく
でも出口は小さく。


入ってくるときは笑顔で
出ていくときは無言。。。。
なんなら悪態。。。。




私もそうでしたが
お金が不安な人って
お金ちゃんと見てなかったりします。
怖いから。
把握しようとしない。


でも、
淡々と、見てみてください。
ただの事実として
出ていくお金と入ってくるお金を
静かに淡々と。



1枚24円の紙を。(しつこい。笑



確かに出ていき、確かに入っている。
流れている♡
まずはその事実を見る。
ちゃんと見る。




豊かな資産だろうが
貯金を崩したお金だろうが
借りたお金だろうが
とにかく生きているということは
お金が「ある」ということ。
これが事実。
「ない」なんてことはありえないんです。
「ない」なら食べてないし電気ないだろうし
生きてないから。
ただ、それにまつわる経験が
みんなそれぞれ違うだけです。
そしてその経験に、いいとか悪いは本気でありません。



辻褄を合わせるとは、
入ることと出ることを同じ感情で淡々とみる
ということです。



スーパーの
いらっしゃいませも
ありがとうございましたも
笑顔にするように
同じにします。



入るのも嬉しいし
出るってことは
その代わりに得るものがあるってことだから
それもまた嬉しい。そんな感じで。



無理にポジティブも乗せない。
ああ、確かに支出とともに
これ受け取ってるな!って
受け取っているものを見るんです。
ただの事実として。



そうすると
「出す」が「減る」ではなくなってきます。
必ず必ず何かを得ています。




雨が降っているけれど
濡れてない自分とか
ご飯炊いてるとか
お風呂入って気持ちいいな、とか。


必ず受け取っています。


 


「お金」が形を変えただけ。


で、いつも不安とか
減ることばかりが怖い人は


このお金が姿形を変えた色々を
見てないんだと思うんです。
お金の化身だという認識がない。


 


どんどん豊かになっていく人は
このお金の化身を「ちゃんと」見て
「ちゃんと」受け取っています。


はい。確かに受け取りました。
「ありがとうございます」と。



でも
「ないない」ばかりになってしまう人は
目の前に確かにあるお風呂の温かさを


「そんなのはいいから(当たり前だから)」
もっと
わかりやすい豊かさがいい!って
やってるんだと思うんです。



なんでこんなに詳しくわかるのかって
私がそうだったからです。爆



自分やパートナーが一生懸命家族のために
稼いだお金で
お風呂に入ったり
ご飯炊いたり
おやつ買ったりしている事実。


自分が頑張って稼いだお金で
本買ったり
Amazonプライムとか見てる事実。




それらのお金に
本来、
「誰が稼いだお金」なんて名前はないし
どんな風に自分に入ってきたお金か、
なんていう区別もない。





お金と交換した色々なものたちが
自分の周りに豊かさとして
溢れてる♡


「受け取りました」という合図は
「ありがとう」です。




今周りにあるものに
「ありがとう」と思っていなかったとしたら
受け取り完了していないので




「ないない」となります。



たとえ
それが妥協して買ったものだとしても
「受け取りました」なのであれば
「ありがとう」なんですよね。


妥協したとしても
安かったから買ったとしても
仕方ない支払いだったとしても
でも
そこにはきっと
自分や誰かを想う動機があって
支払った代わりに
受け取ったものがあると思うんです。



受け取っていないと、
「ないない」
「まだまだ」
「もっともっと」って
なってしまいます。



ということで
まだまだ書き足りないですが
長くなってしまったので
またの機会に^^




「ない」って思ってしまいがちな人は




私の経営するスーパー(お財布)
入り口と出口同じ広さかな?
いらっしゃいませも
ありがとうも
笑顔で言ってるかな?って
疑ってみてください^^



そして
いらっしゃいませー!だけ笑顔で
ありがとうございましたー!言ってなかったわ!って人は


次の支払いからぜひ
大好きなイケメン俳優さんが
買い物に来てくれたところをイメージしながら
ありがとうございましたー!って感じで
支払いをしてみてください。


支払った後も
きっと
イケメン俳優さんの気配で
笑顔で居られると思います。(多分^^)


 


それではまた。


また女性性と男性性を
豊かに育てる話も書きますね。



 


自分の世界に夢中になるとワープする♡


魔法の夢ノート講師養成講座


親子講座など


皆さまとご一緒できる時間を楽しみにしています♡


・魔法の夢ノート講師養成講座


・ママ心理学の長期講座


・優しい心理学


お問い合わせください。


 


7月の初出版に合わせて


6月からイベント開催します♡


今準備中なのですが、ワクワクが止まらないほど楽しくてラブ


そちらもぜひ楽しみにしていてくださいね!




 



イベント・セミナーのご案内




子供の自己肯定感を育てたい方・子供の個性や可能性を伸ばしたいと思っている方・子供ともっといい関係を築きたい方





ビジネスの指針が欲しい方、その都度軌道修正をしながら安心して進みたい方、拡大のヒントが欲しい方、まだ何もスタートしていなくてこれから方向性を決めてスタートしたい方

18_mda4mmjmowvkmjviy






 


 


 


 






 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


プロフィール
イベントセミナー
個別予約
ショップ
お問い合わせフォーム
ファッションコンサル詳細お問合せフォーム
個人コンサル&カウンセリングのお問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック