ろっぺん

【しあきん】土の中に純白の喜びがあるのなら

2021/5/12配信




皆様  


個性を愛して発酵場を育もう


梅干しライター


ろっぺんです。



 


庭のドクダミに


つぼみがついてきました。



 


花が咲いたら一気に採取して


我が家はお茶と


チンキをつくります。


 


私自身は子供の頃


ドクダミって日陰の暗いところに


生えていて


なんだか不気味な感じが


したものですが(笑)


 


娘は小さい頃から身近に


馴染んでるからか


ハート形の葉っぱだ♡


と喜んでます。


 


 


不気味と思うか


可愛い♡と思うか。


 


 


同じ植物の葉っぱひとつ


とっても、どう見るかは


同じ年頃の梅干しでも違う


のです(笑)


 


 


土の中に純白の喜びがあるのなら


さて、立場を逆転して


自分がドクダミだったら


この二人の梅干しな感想を


どう感じるかですが、


 


 


「可愛い♡」と思われて


嬉しいなと思ったら


素直に喜べばいいし


 


 


「不気味だ」と思われて


ちょっと悲しいと思ったら


華麗にスルーすればいいだけです(笑)


 


 


昨日、娘と話していたのは


 


「忍者のように華麗にスルー」


 


ってのができると


楽に生きられます(笑)


 


まぁ、


「特に梅干しな宇宙人は」


ということになりますがw


 


 


人は、自分の喜びを


同じように喜んでくれる人と


出会えると


すごく嬉しいですよね。


 


 


もっとそういう人と


出会いたいな、 


自分とお友達の喜びが


一緒で通じ合えたらいいのにな、


 


 


そう思うことはとても


自然なことですし


もしそういう出会いや瞬間が


かなったのなら、


それは奇跡だから大切にしたらいい。


 


 


でも、


誰かの喜びと


私の喜びは違うみたい。


 


自分の喜びは


誰かにとって同じように


喜びとして通じないみたい。


 


 


そう気づいたり


傷つくこともあるでしょう。


 


 


でもね「喜び」ってのは


ものすごく純粋なものですから


 


自分の喜びの


素晴らしさを誰かに


力説したところで、


 


そのまま誰かに


とって喜びになるということは、


まずありえません。


 


 


そうそう、


ドクダミの根っこは


 


「驚くほど透明感のある純白」


 


なのですが(笑)


 


 


ドクダミは地中に向かって


誰にも知られぬまま


誰も説得せぬまま、


 


ただ純白な根を伸ばし続けてます。


自分のいのちの喜びの根を


ただ伸ばし続けているだけです。


 


 


自分の喜びは


誰がどう思おうと


大事に育めばいいのです。


 


 


誰だって


ドクダミの根っこみたいに


自分という土の中に


純白の喜びがあります。


 


 


表現しようがしまいが


かつて誰かと通じあえなくて


傷ついていようが


 


 


ずっとあなたという


土の中で純白のままですよ。


 


 


でもその純白の輝きを思い出したら


驚くべき生命力をもって


繁茂していきます。


 


そう、まるで


ドクダミのようにね(笑)


 





ろっぺん
 





 

 

 




  

 



 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2021 Tomoko Suzuki All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック