石田才

ボクの肚が久しぶりに沸々しました。

2021/5/ 8配信


22851_kimg0575


皆様


こんにちは。



ACで回復したアルコホリック


「不安・ストレス・


人間関係のトラブル・孤独感」


そんな悩み・生きづらさを解消し、


幸せに導く [心の水先案内人]


石田才です。 


・・・・・・・・・・・・・・・


 


三日ほど前、5日のメルマガで


「・・・少し認知症もある


義母の調子が悪くなり


・・・朝起き上がれない。


歩けない。・・・・???


 


今日、急遽我が家へ


連れ帰ってもらい、


明日には、最近近所にできた


高齢者にとって相応し気な診療所で


受診してもらうことにしました。」


 


・・・と記しました。


 


その後、6日朝にその診療所?に


連れて行くと・・・・


丁度医師と看護師のお二人が


訪問診療に出かけるところでした。


 


駐車場で「どうされましたか?」


と尋ねられ、事情を説明すると


どうやらここは訪問診療に特化され


いわゆる診療所ではないそうです。


 


でも医師は、懇切丁寧に義母にも


状態を尋ねられ、触診もされて


足の具合や持参した最新の


血液検査結果などよくご覧になり


実質無償でその場で診察されました。


 


「これは色々と検査しないと診断が


くだせませんから、総合病院へ


出向いて一遍に済まされたほうが


よいですね。


 


この近くなら


〇〇病院か△△病院か・・・・


そういった病院となりますね。」


そう言われました。


 


どちらもいまいち気乗りのしない


つまり評判はそれほど芳しくない


病院しかないのですが・・・


 


時間をかけても仕方ないので


すぐそばにある〇〇病院へと


向かいました。


 


〇〇病院は40年近く前、亡き父が


最初に酔っぱらって頭を強打し


硬膜下出血の手術をしてもらった


ことはあります。


 


また、緩和ケアの在る別棟の病院では


末期がんの父は手厚くケアしてもらい


そこで息を引き取りました。


 


今は口コミ評判とか良くないけど


連れて行くことにしました。


 


新型コロナの折りです。


病院も大変でしょうし、


連休明けで病院も多くの患者。


 


入り口の検温センサーで


義母はひっかかりました。


1週間?前から微熱はあるようでしたが


体温を測ると、37.6度・・・・


 


この病院でも


少し前にクラスターが発生したり、


コロナの中等症の患者を


受け入れているようです。


 


紹介状もなく突然でしたし、


微熱があるということで、


待合室で待機はだめ。


 


別室も塞がっていたために


そのそばの夜間出入り口の隅で


待機することに・・・


 


発熱していない患者と発熱患者。


今は予約診療が原則のようで


予約患者と突然の患者。


 


その区分で検査や診察など


後回しにされるのは


覚悟していました。


 


事前受付で看護師さんに病状も説明し


前回の検査データを提示したり、


朝起き上がれない・・・


背で這いながらトイレに移動する動画


などもお見せしたり・・・


 


近所のかかりつけ医からは


リウマチの疑いなども指摘されている旨


伝えたりして、待つこと2時間。


 


ようやく、CTや血液検査に呼ばれ


・・・それから2時間後・・・


 


内科の担当医が、診察室ではなく


義母と待っている隅っこの


夜間出入り口の側へと・・・


簡易防護服とフェイスシールド


マスク姿でやってきました。


 


そして・・・上から目線で


「炎症は大したことないから。


で、手が腫れてるので整形外科で


診てもらって・・・どっちみち


入院ですね。・・・では・・」


と言って


そのまま立ち去ろうとするのです。


 


????


ボクの肚が久しぶりに沸々しました。


その前に診てくれた訪問医療の


医師とのあまりの対応の違い


ギャップ・・・もあります。


 


ここから先少し不愉快な


言葉遣いが続きます。


あなたが嫌でしたら


スルーしてください(謝)


 


少しわざとですが(苦笑)


その50代半ばくらいのドクターに


ため口で・・・・


 


「あんた。医師やろ?


今なに言うたんや?


炎症とか手の腫れを診てもらいに


ここに来たんとちゃうねんで。


 


炎症が大したことないのも


前の血液検査データでわかってる。


手の腫れは本人が背這いで移動して


ぐねった可能性もある。


 


でも、あんたの今の話な、


本人が、朝起き上がれんとか


動きが緩慢な理由の説明には


なってないやないか。


 


看護師さんにも事前に動画を見せたり


状況の説明もしてるんやで。


 


ここは、総合病院やろ?


ましてやあんたは内科医やろ?


どういう可能性があり


どんな検査が必要だからこうします


・・・ときちんと説明するのが


役割とちがうんか?」


 


・・・・


などと品のいい


口の利き方をしました(^^;


 


医師の目は点になり


うろたえてるのがわかります。


 


こいつ(謝)あかんわ・・・


と思いつつ、


背這いの様子や緩慢な朝の動画を


みせると・・・


 


「あ。ボクは内科医ですから・・・


これは脳神経外科か


神経内科の領分で・・」


 


「あんたな。医者やろ?


素人でも神経か脳がどうにかなってる


可能性はあるとわかるよ。


医者は一通りどの領域も学ぶはなあ?


ましてや内科医は総合的に患者を診れて


はじめて内科医やないんかい?


 


事前に動画も看護師さんに見せてるよ。


その情報連携もないんかい?


その前提で診断するのが本来とちゃう?


この病院どないなってんの?」


 


上品・・な関西弁ですみません(謝)


 


この医師は声を少し震わせながら


・・・・・


「。。。。整形と脳神経外科に


まず繋ぎます。。。。」


と言い残して立ち去りました。


 


そして、手のレントゲン。


案の定、骨には異常はなく


それを伝えに来た整形外科医も


いまいちパッとしない・・・


 


これはあかん・・・


夕刻にさしかかり


ボクは事務の男性職員に


責任者を出せ!!とはいわず・・・


 


今までの状況説明と


あの内科医は外してほしいこと


病院責任者にこの経緯をきちんと


伝えてほしいこと・・・など


しつこく話しました(^^;


 


そして若い脳神経外科医が


同じ場所にやってきました。


義母の方をきちんと向いて


話を聴きながら、触診してます。


 


「頭のCTとMRIを撮りましょう。


軽い脳梗塞の疑いもあります。


それで所見がなければ


神経内科的検査もしていきます


・・・・・」


 


やっとこの病院にもまともな


医師がいることがわかったような・・・


 


その医師に改めて(しつこい)


この病院に来てからの


不愉快な経緯も話しました。


 


CTとMRIの結果も異状なし。


説明には脳神経外科部長も


同席して補足していました・・・


 


次いで神経内科領域で


疑われる病気のための検査・・・


これもどうやら異常なし。


 


結局、脳神経外科フロアの病室。


そこに義母は入院となりました。


個室です。


 


胸部レントゲンで


すりガラス状のぼんやりした影。


これはコロナでも発生しうるもの。


CPR検査は陰性でしたが


疑いはあります。だから個室。


 


冒頭の内科医はそのことも


説明していません。


 


内科領域の検査を重ねてみないと


確定診断はできそうもない。


いやひょっとすると


原因はわからないかも・・・


 


義母を入院させ病院を後にしたのは


21時30分・・・・


大手術でもないのに、


11時間30分病院にいたわけです。


 


・・・はい。ごめんなさい。


長々と医師や病院に


文句を垂れた話でした。


 


その後簡単にこの話、


友人数名に伝えると・・・


私も、オレも・・・


といった医師や病院に対する


不満の経験がでてきました。


 


今、コロナで医療が逼迫し


大変尽力されてる医療従事者には


頭が下がりますし・・・


一番先に出会った訪問診療に


特化した現在の赤ひげ先生のような


素晴らしい医師もいます。


 


でも、社会性をもった人間として


レベルの低い勘違いしたドクターが


数多いること。


 


ちょっとやばいですね。


 


あなたはどう思われますか?


不審なことがあった場合、


いうことはきちんと言いましょうね。


 


医療は命を扱います。


医師が先生と言われるのは


それほど尊いプロの仕事をしてるから


・・・でもあります。


だから先生。


 


でも、先生に文句を言ってはいけない


訳ではありません。


ただ・・・ボクのようなお下劣な


言葉遣いはお勧めしませんけど(苦笑)


 


今日も長話。


しまいまで読んでいただき


ありがとうございました。


 


たった二つの質問に応えるだけで


幸せに生きられる・・・

 

Saiのストレスクリアセッション

 


通常価格10,000円の


 傾聴体験セッション・・・


 ★継続セッションお決めになると


 無償でご提供!


 ★継続されない場合でも


 3,000円に割引!




(未体験の方限定90分程度1回のみ)



体験されたいあなた・・・


お問い合わせフォーム


もしくはこのメールに返信ください。


個別にご案内をいたします。


 


ご意見やご感想も


このメールにご返信


お問い合わせフォーム


いつでもお待ちしてます。


 


Saiのストレスクリアのお知らせ!




Line公式です。


友だち追加してみてください。


「ネガティブ気分のあなたのまま


幸せになる5つのヒント集」


プレゼントします!!


・・・といいつつ上手くいくかな(^^;


ま、その時はその時で改善します(謝)


 



メルマガ読者限定3大特典


1.通常価格10,000円の


 傾聴体験セッション90分程度1回


 ★継続セッションお決めになると


 無償でご提供!


 ★継続されない場合でも


 3,000円に割引!


 *未体験の方限定90分程度1回のみ


 *順番をお待ち頂くことがあります


 


2.特別価格継続セッション


(1回120分程度/5回・9回・12回


 各コースからご選択)


特別価格個別にご案内しますが


 かなり割安になります(^^;!!


 


3.追加セッション特別価格


(1回120分程度・


 何回でもご利用可能)


 


*セッションは基本オンライン対応


(Messenger通話、LINE通話、


無料電話、ZOOM、


 


お申込みやご質問ご意見は


☟☟☟


お問い合わせフォーム


このメールにご返信でもどうぞ。


個別にご案内をいたします。


 


各種講座受付ています。


*自分で自分にセッション


できるようになる講座・


*人にセッションを提供可能な


コーチになれる講座など


☟☟☟


お問い合わせフォーム


このメールにご返信でもどうぞ。


個別にご案内をいたします。


 


平安でありますように。



 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
instagram
アメブロ
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック