美喜子

● 年齢の壁を超える?【LW55】※ オンライン無料相談受付スタート〜5/9まで

2021/5/ 7配信


皆様^^


おはようございます。


美喜子です。


今日も開封してくださって


ありがとうございます。



このメルマガは


あなたの本質は愛そのものであるということを


心底信じられるように♪


そんな願いとともにお届けしています。


 


 。・゜。・。・゜・☆。
メルマガ読者限定 オンライン無料相談受付スタート♪
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥ 


メルマガ読者さま限定の


30分のオンライン無料相談を企画しました♪


あなたの最高の未来 笑顔のために向きあいます。


5/7〜5/9の3日間 ご予約受付けます。
(実際のセッションは5/23まで ご相談の上日時を決定)


→ こちらから


状況や昨日までの常識が


変化していく混沌とした今


揺れる心とどう向き合うか大切ですね。


内なる喜び・自分を信じて進んでいくことができるよう


30分ではありますが、ご相談に乗ります。


※ わたし自身 娘が小さな時 とても悩んでいましたので


今回のオンライン相談ではお子様がいらしてもOKです♡


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥  


 


 


今朝は


北海道の紫竹おばあちゃんのニュースを聞いて


【年齢の壁】について書くことにしました。
(ニュースの内容は最後に書きますね〜)


 


。・゜。・。・゜・☆。


年齢の壁を超える


   ☆。。・゜。・。・゜・


突然ですが・・・


皆様は


今 何才ですか?


 


いくつだとしても


どこかで


「若いほうがいい」


「若かった時のほうが良かった」


 


と 思っては いないでしょうか。


 


 


そう思っているとしたら


この続きを読んでみてください。


そうでない方は


もう通り過ぎた(またはこれからの?)こと


なので不要な内容かもしれません。


 


。・゜。・。・゜・☆。


めっちゃあった 年齢へのコダワリ


   ☆。。・゜。・。・゜・


 


わたしは、友人の年齢層も広いし


15才年下の恋人がいたこともあるし


年齢のせいで自分を止めることもないし


年齢の壁は、ほぼないと思ってきました。


 


が・・・・・・・・


 


 


「めっちゃある!」


と 最近 気付いてしまったのです。


 


 


どこかで「若いほうがいい」


と 思っていることに。


 


 


若いとシミ・しわもないし


綺麗ですよね。


それは事実。


 


 


でもね


「若いほうがいい」


=「若くなくなった今はイマイチ」という図式が成り立ち


 


 


今の自分を否定していることに気付いたんですよ。


 


そう思うことは


自分のエネルギーを引き下げてしまいますね。


 


年齢による見た目よりも


明らかに エネルギーダウンすることです。


 


だから


これまで公にはオープンにしてこなかった


年齢もオープンにしていこうと決めました。
 


 


そのままの自分を受け入れることは


本来の輝きがより放たれます✨✨✨


 


 


。・゜。・。・゜・☆。


いったい若くて良いのって何才のことなんだろう。。。


   ☆。。・゜。・。・゜・


 


自分のことを振り返ると


25才の時は18才の子たちを見て


すっかり年をとったような気がしました。
(わたしは25才で染色の専門学校に入り直したので)


 


今から10年前は


老人施設の相談員として働いていたので


もう毎日


「若い」「若くていいわね」「あなたくらい若い時は」等など


入居者様に言われていました。


 


平均年齢85-6才の方々から見たら明らかに若い。


 


働き始めは


「いや全然 若くないですけど」


と言いそうになりましたが


彼らは本気で若いと言っています。


 


 


毎日毎日 言われていたので


途中から自分でもそんな気がしてきましたし


「確かに、これからの人生を考えたら 今が1番若い」


と ぐるっと視点が変わったのもこの頃でした。


 


。・゜。・。・゜・☆。


85才の自分を先取りして観ると・・・


   ☆。。・゜。・。・゜・


 


今思うと


25才のわたしは めっちゃ若い。


でも


85才のわたしから見たら


今のわたしは 若くて何でもできそうだと思うだろう。


 


だとしたら


今から先取りして


たった今の自分を「若くて何でもできそう」


と思っていたら良いわけです。


 


 


しかも「若いほうが良い」前提ではなく


今の自分をそのまま認める考え方の1つとして・・・


 


社会の中には


心なく「若いければ良い」という価値観はあり


わたし自身もそれに惑わされていたけれど


今の自分を否定しているとしたら


さっさと それは「手放すが良い」ですよね。


  



。・゜。・。・゜・☆。


紫竹おばあちゃんの死のニュース


   ☆。。・゜。・。・゜・


北海道帯広市の名物観光庭園「紫竹ガーデン」社長


紫竹おばあちゃんが94才で亡くなったというニュースを昨日知りました。


 


56才でご主人を亡くされ泣き続けていた時


長女に「お父さんはお母さんのことを太陽のように明るい人だって言っていたわよ」


と言われ「もう一度自分らしい生き方を探そう」と


63才で「紫竹ガーデン」を開園されました。


 


最期は、


お庭で、左手にコリアンダーの種🌱


右手にスズメにあげるパンくずを握って


倒れられたそうです。


 


生き切られたのだなぁ


と 胸が熱くなります。



 


 


もし何らかの理由で年齢が


皆様の輝きを曇らせているとしたら


紫竹おばあちゃんだったら


そんな自分に、なんて言うだろう?


って 考えてみてはいかがでしょう?


 


 


「年齢の壁」が何かしらネガティブな


エネルギーを連れてくるとしたら


乗り越えようとするものでなく


実はその壁は幻想であることに気付くことだと思います。


 


だから


わたしも1ヶ月後の誕生日には


年齢もオープンにしていきますね〜♪


 


ではでは


内なる喜びを大切にする


1日でありますように。


 


愛をこめて


美喜子


 


 



  

メルマガ読者限定
オンライン無料相談 3日間限定受付 ▶


 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック