安達 菜未

【やってしまいがちな過干渉と過保護の違い】

2021/5/17配信
image

皆様



全ての人の中に輝くものが必ずあります。この時代の中で見失ってしまった一人一人の輝きを見つけ、生きる希望に満ちて身体も心も美しく輝くためのサポートしていきたいと思います。

特定非営利活動法人ブリリアントの安達 菜未です。



【過干渉と過保護】



子育ての中で親が

やってしまう「過干渉」があります。



不登校のお子さんをもつ

お母さんとお話しすることが

多いのですが



ほとんどのお母さんが



先回りして子供が困らないように

失敗しないように、と

やり過ぎてきた。と後悔のお話しをされます。



実際に

不登校や引きこもってしまう

子供達は失敗を極端に恐れています。



失敗しないようにと回避してきた

ので



「失敗したら大変なこと!!」と



新しいチャレンジや

本当はやってみたいのに

失敗したら困るからやらない。



とますます失敗から遠ざかり

失敗のハードルがどんどん高くなっていきます。



【耕せにっぽん】では

共同生活の中で新しいチャレンジや

生活のための日常業務を

当番制でやっていきますが



その中で、小さな失敗を

沢山体験します。



失敗に対して

「大変なことになってしまう!」

と恐怖が大きくなってしまっていますが



研修生達は段々

自分も、他の人も失敗することは

あるんだ。

失敗してもやり直したり

その経験を次に生かせたら良いんだ。



と気付いていくのです。





耕せの子供達を見ていて

心配からの「過干渉」は



失敗の機会を奪ってしまう。と

私自身も自分の子育てを反省しました。



そして

お子さんを、耕せにっぽん!に参加させようと迷っているお母さんが



耕せに行かせる事で

子供は「親に捨てられた」と

思うのではないか?



と心配される方がとても多いです。



私も息子を耕せにっぽん!に

お願いする前に

実際にかなり葛藤はありました。

(1年は悩みました。)



でも、私の結論は



この時もし、息子が「親に捨てられた。」と思ったとしても



親以外の人との関わりや、色んな経験ができて、自分で生きていく力がついたら、親がいなくても生きていける。



(実際は親は捨てるつもりも、気持ちも勿論ありません。子供のことを思うからこその決断ですから)



なら、一時期 息子から

縁を切られても(捨てられたと思って

拒絶されたとしても)必ず修復できる!



と覚悟を決めました。



(息子が18歳の時でした。)



実際行った後は

息子がそんな風に思うことはなく



卒業する頃には

耕せに来た事が「チャンスだと思った」と言いました。



そして

「今まで周りのせいにしたり、お母さんのせいにしてごめんなさい」



この息子からの言葉は一生忘れません。



このミラクルが

耕せにっぽんでは沢山の親子間で

起きています。



6年引きこもっていた息子は

自分から一歩踏み出して行動を起こすことが、なかなかできないでいました。



いつかは動き出す!と信じて

待っていましたが



同級生、学校という場所

世の中から離れてしまったことで

見える世界も狭くなっていったと思います。



耕せでの生活で

その一歩を踏み出すチャンスと

経験できなかった家族以外の

人との関わりは



息子にとって諦めていた

時間を取り戻すことに繋がりました。



心配していた

起立性調節障害や、手を洗わないと

落ち着かない強迫性障害

足の怪我で鵞足炎(がそくえん)

ゲーム依存もありましたが



そんなことは

耕せの生活では問題にならず



今では

嘘のように症状はなくなったようです。(本人の相当な努力もあったと思いますが、私には弱音は一切言ってきませんでした)



息子が再出発できたのは

耕せにっぽんでの9ヶ月間で

沢山の仲間との出会いと



失敗を繰り返してきたから。 



自分で考え、行動する環境が

あったからだと思います。



家にいると 親の心配からの

「過干渉」で

自分で考え行動することが

なかなかできなくなってきます。





反対に「過保護」というのは



学校に行けなくても

夢中になれることが 

もしあれば



本人の意思で

思いっきりやらせてあげたり

応援してあげる。



これは本人の意思を尊重してる

「過保護」だそうです。



その「過保護」は子供が親から

本当の意味で条件付きでなく

自分の存在を尊重して

守ってくれると

いう安心感と自己肯定に繋がります。



なので、お子さんをよく観察して

今、「過保護」が必要だと思えば

とことんやってあげてください。



それで子供が親は絶対的に自分を

愛してくれる存在だ。と心から

わかったら



例え一時期離れたとしても

「親から捨てられた。と思うのではないか?」と心配する必要はないと思います。



ですが、「過干渉」は 子供を

親の思う通りにしたい。

親が安心するために、親の意思で

する行為です。



子供からの信頼はどんどん

なくなっていきます。(怖いですね)



「過干渉」がもしあると気付いたら

それを減らしていくことが大切で



それが親子関係が良くなる一歩に

繋がります。



子育てで迷ったりわからなくなる

ことは誰でもあります。



もし

お子さんとの関係に

行き詰まったり、悩まれていたら



お気軽に

いつでもご相談ください✨









▼この記事をシェアする▼












▼ 商品一覧 ショップを見る ▼

https://www.reservestock.jp/stores/index/19276/



▼ イベントのお申し込みはこちら ▼

5/17

【北海道】おうち生活見守り隊 ランチ会 (zoom参加もあり) ⇒ 






6/23

【北海道】おうち生活見守り隊 お茶会 (zoom参加もあり) ⇒ 










▼ お客様の声 ▼



みき 様

【ありがとうございました】

★美眉レッスン★の感想



先日は、ありがとうございました。

とっても楽しい時間でした!



眉については少し書きたすだけでいいよと教えていただき、自分の書き方がそんなに間違っていなかった確認ができよかったです。



眉も良かったですが、安達さんとお会いでき色々お話できたことがとても実りある素敵な時間となりました。

ありがとうございました。

ーーーーー

鈴木 恵美 様

【もっと早く受ければよかったです】

メッタ-セラピーヨガ(慈愛セラピー)の感想



色々な所が伸びて気持ち良かったです1年半振りのヨガでしたが身体の詰まりや間接の硬さが分かりましたなみさんの声が心地良くて疲れた身体と心に染みていき自分を見つめることができました 最後のシャバアーサナで深く眠っていてりんの音で「あれ?何でここにいるの?」ってはっとしてビックリ!こんなに熟睡したのは久しぶり。すっかりリラックスしました ありがとうございましたまたお願いします

ーーーーー

匿名希望

【また参加したいです】

メッタ-セラピーヨガ(慈愛セラピー)の感想



シェリーさんありがとうございましたゆったりとした時間が流れイザベルと対話をする事ってこんな感じなのかなって思えました

ーーーーー

島田 和子 様

【もう最高!(笑】

メッタ-セラピーヨガ(慈愛セラピー)の感想



毎月自分のために安達菜未さんのメッターセラピーヨガを時間を取ってます。今日は魚座の新月♓️と言う事で手放したいものを思い切って手放し、さらに新しいことにチャレンジしました^_^身体も心も癒されて小さい自分に大丈夫と言い聞かせて緊張から解放された時間になりました。また来月も参加が楽しみです。参加された方達の心も共感できて応援したくなりました。ご一緒ありがとうございました

ーーーーー











 ★ このメルマガを紹介する ★ 

image






▼配信停止をご希望の方はお手数ではございますが下記のリンクをクリックしてください▼








image



▼アプリのインストールはこちら▼










メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
グループレッスン
個別予約
メルマガ/コンテンツ
契約サービス
ショップ
オンラインサロン
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
ブログ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック