さいとうまいこ

やめる勇気、長女の決断

2021/4/14配信


皆様、こんにちは。
愛とお金のカウンセラー さいとうまいこです。


16295_1


新年度が始まって、もう半月が経ちますねー。
皆様の生活には、何か変化がありましたか?


私は特にありません。
ですが、小学生の娘たちがそれぞれ新4年生&新2年生になったことで、家の中が落ち着かず、ちょっとザワザワしています。


新しいクラス。
新しい先生。
新しい友達。


環境が変わったばかりで、期待や不安や緊張感があるよね。


娘たちは、
「学校に行きたいくないー!」とか、
「宿題が多すぎる!どうしよう!」とか、
思う所もやるべきことも色々あって大変そう。


そんな新生活の中で、4年生になった長女が
「習い事を一つやめる。」
と言い出したんです。


長女がやってる習い事は4つ。
ピアノ、英会話、テニス、国語塾。


忙しい忙しいと言いながらも「どれもやめたくない!」と、意欲的に続けてきました。


その中の一つ、国語塾をやめる、と。


※説明しよう!「国語塾」とは。
元小学校教諭の先生がオンラインで開講している、学校では教えてくれないようなこと(日本の伝統文化、情報の読み取り方、夢の叶え方、エネルギーや言霊の話、神様の話、などなど)について、おもしろ楽しく学べる塾。


先生はもちろん、塾生の子どもたちもユニークな子が多くて、長女ちゃんは本当に楽しく学んでいました。


春休みまでは、「4年生になっても続ける!」とやる気マンマンだったけど、実際に進級して、現実問題に直面したようで。
授業時間が長くなり宿題も増えたことで、習い事との両立が難しいと感じたみたい。


「習い事はどれもやめたくないけど、今のままじゃ学校の宿題ができなくなるから、国語塾をやめる。」と。


私としては、
「学校の宿題をやらなければいいのにー。」と思うし、本人にもそう言っているのですが、マジメで一生懸命な長女ちゃん、そういう訳にはいかないようです。


(話それちゃうけど、学校の宿題って多くないですか?計算ドリルは3回ずつ、漢字は2回ずつ書いて提出しなきゃいけないんだってー。すでに理解してることを繰り返すより、「やりたい!」と思うことに時間と労力を使ってほしいなーと、親としては思うんだけど。)


で、やむなく国語塾の先生に、退塾の意向を連絡しました。
そしたら先生から届いたのが、以下(一部抜粋)のお返事。



〇〇(長女)ちゃんらしいですね^^
何がすごいって、自分で決断していることです!
生活全体を考えての決断っていうのも感心ですね。


特にやめる決断は勇気が必要ですからね。
もう、めちゃめちゃ尊敬します!!



最後まで、子どもの個性を尊重して、愛と勇気を惜しみなく与えて下さった先生に対する感謝の気持ちと共に、


「やめる決断は勇気が必要」
 ↑
これが刺さりました。


実は私、惰性的に続けていて、やめるタイミングを図りながら踏み切れていないことが一つあるんですよー。


皆様はどうですか?


習い事でも投資でも婚活でも、ダイエットでも仕事でも結婚生活でも。
何事でも、やめる時には勇気が必要。


特に今回の長女のような、「好きだけどやめる」決断って、すごいこと。


環境の変化に対応したり、全体とのバランスを考えて判断したり。


私も娘を見習って、ここぞという時は勇気をもってやめる決断のできる人でありたいなって思います。


長文になってしまいましたー。


最後までお読みいただきありがとうございました!


 


さいとうまいこ


 




ご感想やご質問はご自由に、このメールにご返信いただけると嬉しいです♡
また、ご感想やご質問をメルマガの中で匿名にてご紹介・ご回答させていただくことがあります。
ご了承ください。




  

 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 








Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック