明石郁生

アダルト・チルドレン(AC)の回復と変化「罪悪感」のワーク

2021/4/ 9配信
*配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をお願いいたします。
https://resast.jp/page/ss/
メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。

((full_name)) こんにちは。

アダルト・チルドレン(AC)の回復と変化「罪悪感」のワーク

・「罪悪感」とは個人の価値を破ったり、誰かを傷つけたときなどに感じる不快で胸が痛む感情です。これは『行為』に関するもので、したこと、すべきことをしなかったことに関して『良心』が責めている状態です。

2種類の罪悪感

1,健康的な「罪悪感」は自分自身と他者との関係性を創るのに有効な感情で、『良心』が機能している状態です。人間関係を改善したり、仕事などの困難や解決し、過ちに気づくために用います。

2,不健全な罪悪感は、主に親などに投げ込まれたり、親から取り込んだ信念(アプリ)が作動して、こころの安心にとって有害なタイプのものです。

家族トラウマの残滓に関してワークを続けエッジを超えるときに1と2が混ざりあった状態で現れることがあります。
「真っ白」になったり、「死にたくなったり」、爆発的な感情、怒り、恐怖が浮上してきたり、「恥」を感じたり体験したりします。そうすると、「親や家族を守ろう」して変化をせずに以前の状態にもどろうとするのです。

なので、このプロセスをていねいにワークし、何度もていねいにかかわり続けることが必要なのです。このまじりあった「罪悪感」を、カウンセラーや仲間とともに受け入れ、それに取り組むことで健康的な罪悪感と不健全な罪悪感の区別がプロセスしていきます。

読んでいただいてありがとうございます、感謝します。


★オンライン版 ACグループレッスン@ZOOM⇒ 4月14日(水)15時〜17時30分
https://resast.jp/page/event_series/55426/
自助グループやACグループミーティングなど初めての方へ。オンラインZOOMをつかってご自宅から気軽に体験いただけます。シェアを中心に時間をつかいます。参加者のシェアをお聞きになるだけでも有益な体験となるでしょう!
どなたでもご参加になれます。

★ACという生きる力@Zoomミーティング(AC研2021)⇒ 5月4日(火)15時〜17時30分
ACという言葉を「自分の専門家」になるための新しいコンセプトとして再考していきます。ACについて、自分自身について探求するためのガイドとしてこちらの原稿 https://ikuoakashi.jp/ac-alive-002/ から抜粋して解説し質疑応答などをおこないます。どたたでもご参加になれます! 
https://resast.jp/page/event_series/68074/



☆カウンセリングご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。
⇒ https://resast.jp/page/reserve_form/6429/


☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/

お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/7410/


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック