浜田義之

酒と悟り 第四拾八話 無意識の輪廻

2021/3/26配信


皆様


 


いらっしゃいませ、マスターの浜田です。



今日のお話は、わたしが実際に体験したことですが、
実はとても大切な【変容】が起こっているときでした。



勿論、その最中は、まさかそんなことが、
自分の体験の背後で起こっているとは見当もつきませんでした。



では今日のお話をお楽しみください。



────────────────────────
   これまでのあらすじ



男はバーのカウンターで不思議な紳士と出会ったことがきっかけで、
本当の自分へと還る目覚めの旅がはじまりました。



座禅修行で人生の師となる老師と出会い、
男は自己の内面に深い神聖な静寂を見つけます。



そして座禅修行で素晴らしい体験をした男は、
今度は10日間山に籠っての瞑想行に参加します。



10日間も山に籠って非日常って面白そう!



慣れない環境、慣れない瞑想法にはじめ男は
雑念や足腰の痛みに翻弄されはしましたが、
3日もすると穏やかな深い瞑想が出来るようになりました。



ところが4日目から本格的な瞑想がはじまると、
めんどくさい、続けたくない、帰りたいという思いが
男の内面を支配し始めました。



そうして目が冴え、男は一睡もできないまま、
翌日の瞑想修行をはじめなければなりませんでした。



そんな中、男の内に、ある誘惑が芽生えだしたのでした。


────────────────────────



◆こちらより第一話からお読みいただけます
 https://www.reservestock.jp/subscribe/NjJkZmVmYWRiY

────────────────────────
    無意識の輪廻
────────────────────────



結局昨夜はほとんど眠れなかった。


 


多分ほとんど一睡もできなかったと思う。


 


こんなまま一日瞑想できるとは、男には到底思えなかった。


 


さて、まったく不思議なものだ。


 


朝になって、ホールに集まって瞑想する時間になると、
男に横になってそのまま寝ていたいという欲求が出てきた。


 


昨夜はどんなに眠りたくても眠れなかったのに、
朝になって、さあ起きなければとなると急に、
横になっていたい、眠りたい、眠いとなるのだ。


 


昨夜はあれだけ眠りたくても眠れなかったのに..。


 



まったく!天邪鬼のようだ。


 



それでも男は朝5時前、時間になったらホールに向かった。


 



そうして皆と一緒に瞑想をはじめた。


 



だが。


 


サボりたい。


 


そんな欲求がふつふつと湧いてきた。


 



寝たい、眠りたい、起きていたくない。


 


横になりたい....。


 


そんな欲求がふつふつと湧き上がり、
男の中で広がり、大きくなるのに時間はかからなかった。


 


それに対して「いや、やると決めたのだからやらなくちゃ」とか、
「サボっちゃダメ」「逃げちゃダメ」という思いも湧いては来たのだが、
湧いてきた時点で、もう既にその思いは劣勢だった。


 



寝たい、横になりたいという欲求の前では、
「ちゃんとしなくちゃ」という思いはあまりにもその力は小さかった。


 


「ちゃんとやらなくちゃ」「休むのは後だ」という思いは、
寒天が筒から押し出されるように、「寝たい」「横になりたい」
という欲求にいとも簡単に押し切られてしまった。


 


早朝の瞑想がはじまって30分くらいしたころだろうか。


 


男は静かに立ち上がると、自分の部屋へと戻った。


 


早朝の瞑想は、
原則としてはホールでみんなと一緒に座る時間だったが、
必ずしもホールでやらなければならない時間ではなく、
自室で瞑想することも許されていた。


 



なので男は自室で瞑想するようなそぶりを見せながら、
静かに自分の部屋に戻った。


 



そうして部屋に戻ると、布団へと倒れこんだ。


 


 


朝の時間だけだもの。
いいよね。


 



そう自分に言い聞かせ、とても小さな声になっていた
「ちゃんとしなくちゃ」という内面の声に言い聞かせ、
内面の葛藤をみないようにして、そのまま眠りへと落ちていった。


 



気持ちよかった。


 


とても解放される気分だった。


 


嫌なことから逃げる。



面倒なことから逃げる。


 


いつもなら葛藤になるこのことから、眠ることで逃避した。


 



そうして男は、朝食の合図の、
盤木を叩く小づちの音が聴こえるまで、
ひとときの安楽の中へと溶けていった。


 


このひととき、男は幸せな気分を味わっていた。


 


嫌なことから、しんどいことから一時的に解放された、
その一時的な自由さに幸せを感じていた。


 


しんどいことから、面倒くさいことから一時的に逃げて、
解放された気分を味わう....。


 



これが男の潜在的なパターンだった。


 



このパターンが、いつの間にかいつもの現実を、
同じループから抜け出させない男にとっての輪廻を、
繰り返し続ける【無意識の選択】だった。


 



だが、この時の男にはまだ、
このことに気づくことはできなかった。


 


つづく


────────────────────────


 



 


 



  

 


 



利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック