お久しぶりです。

お久しぶりなのに、突然質問ですみません。

 

皆様は
感想を伝えるのが得意ですか?

 

実は、

私は苦手です・・・。

 

オススメの本を聞いて、読んでも
感想を伝えずに終わってしまう。

私の師匠は、
大人として、社会人として
頂いた本、オススメしてもらったら
本の感想を伝えるのが常識です、と。


うっ・・。本当にそうですよね。
耳がとても痛かったです。

以前、お仕事がらみでセミナーに出て
その感想を伝える場面がよくあったのですが、

「すごく良かったです」

「感動しました」

 

くらいしか伝えられなくて・・・。
セミナーに出て学ぶのは
好きだったんですが、
その感想を伝えるのが、
苦痛でしかありませんでした。


なので、私にとっては
オススメの本を聞いて、
その本の感想を伝えるなんて
すごくハードルが高いことでした。

だって、本を読まないと感想は伝えられないから。
感想伝えるには読まないと。

なので
オススメいただいた本の感想を伝える。
すごく当たり前のことかもしれないけど、
なかなかできてる人は少ないんではないでしょうか?

 

できない理由は、色々あると思います。

そもそも
本を読む時間が取れない。
読んでも、感想を伝えるのが恥ずかしい。
文章を書くのが苦手。

 

感想を伝えるのが恥ずかしい、は
伝えるのが常識と言われれば、
そこは乗り越えるしかないのかな?
と思いますが、

本を読む時間が取れない。
文章を書くのが苦手。だと、
感想を伝えるのに
かなりのハードルがありますよね・・・。

 

実は、

そんな私のような人のために考案された
文章術を学んじゃいました。

その名も


ビリ読de読書感想文

 

本を読まない読書術の
ビリ読(ビリオネアの読書術)をベースにした

本を読まなくても書ける

読書感想文のメソッドなんです。

読書感想文と名前は付いてますが
本の感想だけではなく、
私が感想を伝えるのが苦手だった
セミナーや講演会の感想を伝えるのにも応用できます。
学んだ方は、ブログやメルマガにも活用されている
汎用性のかなり高いメソッドです。

ここぞという時に使えるメソッドです。


このメソッドを使った講座を
私がこういう人になりたいと心から思わせてくれる
自然体で人を幸せにするご縁の中に放り込む
田中克成氏の講演会とコラボで
開催することになりました。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ビリ読で読書感想文講座

3/27 21時から

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/545637
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

田中克成氏の著書で書いた読書感想文を

ご紹介させてください。

 

↓↓↓↓

 


 


 

【コツコツで専門性を高める】




やったことがないという理由で

いま目の前にあるチャンスに

チャレンジしない。

そんな選択をしたら

おそらく後悔するだろう。

だからやってみたい気持ちに

素直にチャレンジしよう。



そう思わせてくれたかっちゃんの言葉。


「ビビったらGO!」




そして、

辛くて苦しい時に手に取ると

今は辛くても、きっとこの先、

上がっていける。



そう思わせてくれる。

私のバイブルになっている

かっちゃんの著書。


========

成功のバイオリズム

「超進化論」

〜あきらなければ人生は必ず好転する〜

========


この本と

かっちゃんの歩んできた道、

今、やろうとしていること、

彼の在り方を先行きの見えない

こんな時代だからこそ

多くの人に知って欲しいなぁ、

と改めて感じています。




なぜなら、

仕事やプライベートが

うまくいかず落ち込んでいる時に、

私自身がこの本から、

今はそういう時期だから

このままでいいんだよ、

という承認をもらえたり、




時には

うまくいかない理由を教えてもらえて、

前に進むことができたから。





『今は何もできなくてもいい。

人より劣っていてもいい。

どんなに人に迷惑をかけて

しまってもいい。

それでも、自分の未来まで

あきらめてしまう必要はない』




と、いう部分が特に印象に残っていて

かっちゃんの人柄が現れている

と感じています。





そして、かっちゃん自身が

どん底を経験しながら、

あきらめずに行動して

自分自身の人生を

変えていったからこそ、

言える言葉だなと。





私も出産後、

メンタルが弱って

なかなか気持ちが

上がらなかった時



自分なんかが母親で申し訳ない、

こんな母親なら

いなくなってしまった方が

いいのではないかと

思うことが何度かありました。





その時、ある出会いで

ママも目標を持っていい。

そして、大人になっても

いつからでも変われると

教えていただき、

自分にも目標ができ、

行動が始まりました。

そして、

目標もいくつか達成はしました。





けれど

かっちゃんのように

届けたい本を出版するために

出版社を立ち上げて、

その一冊の本を売るために

リアカーで日本一周歩いて回ったり



500人の成功者の生い立ちから半生を

インタビューしようというような

発想は浮かばない。

それを実際に行動に移して

やり遂げたなんて尊敬しかありません。





そして、

人ができないようなことを

やってきたからこそ、

かっちゃんの言葉には

押し付けがましさは無いけれど

説得力そして胸に刺さるものが

あるのではないかと思います。





実はかっちゃんと出会ってから

1年以上経ってこの本を読みました。



普段はとても明るいかっちゃんが

本気で自殺を考える位、

辛い時期があったと言うことが

何よりも驚きでした。



「あきらめなければ人生は必ず好転する」



というタイトルを見ると、

いつもがむしゃらに

頑張らなければいけない。

ちょっと暑くるしい感じの本なのかな?

と思っていました。 




ですが、

成功者500人にインタビューして

導きだされたバイオリズムの各ステージ

「停滞期・活動期・過渡期・成長期」

が論理的に書かれていて

ステージによっては、

むやみに動かないこと、

辛い状況を受け止めるだけで

大丈夫と言うことも書かれていて

救われました。





私もかっちゃんと同じように

自殺者が多かったり、

若者が希望を持てていない

日本の現状をなんとかしなければと

思っています。





「自分の経験を語ることで

       目の前の人を救え 」



というアーサーホーランド牧師の

かっちゃんへの教えにも共感していて、

私も私の経験で目の前の人が

楽になったり、笑顔になる活動が  

できたらいいなと思っています。





かっちゃんは

その教えを日本一周回る中で

忠実に実践して、

実際に180人以上の人の命を

救うことができたそうです。



そして、

更に進化したかっちゃんは、

自分らしくありながら、

別の形で沢山の人を豊かにしています。





そんなかっちゃんから

私は沢山の学びとご縁をいただき、



ビリ読インストラクター

ACS個性解析士

ビリ読de読書感想文トレーナー

になることができました。





このご縁に感謝して

これからは

かっちゃんのように

コツコツ一歩一歩行動し



ACS解析士

読書感想文トレーナー 

ビリ読インストラクター




としての専門性を高めて

多くの方に喜んでいただく活動を

していきます。




***************



かっちゃんからのご縁に感謝し、

多くの人にかっちゃんを知って欲しい 

繋がって欲しいとの思いで




4/11に「田中克成講演会」を開催します。




東京銀座会場、zoom席ともに満席になり、
増席しましたが東京会場は残席僅かです。




また

当講演会にお申し込みの皆様には

田中克成氏が世に送り出した

門外不出だった読書術の

ビリ読を使った文章術



「ビリ読de読書感想文講座」

を特別価格の1000円(通常価格3000円)

でお受けいただけます。



3/27(土) 21:00〜



詳しくはこちらから





 

 
























講演会主催のHYONちゃんの
ビリ読体験会
3/29(月)21時〜