藤原 恵津子

所有の概念が不幸を生む

2021/3/25配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


突然ですが、質問です。


もし、とてもおいしいレストランがあったら、そのレストランをほかの人にも紹介したくなりますか?


それとも、誰にも言わず、自分だけ知っておきたいと思いますか?


もし、とても便利なグッズがあったら、そのグッズをほかの人にも教えてあげたいと思いますか? 自分だけの便利グッズにしておきたいですか?


この度のコロナの件で、困っている人のために給付金はじめいろんな制度ができました。


そのような情報を知らない人も多い中、もしあなたが知っていたら、それをほかの人にも教えてあげたいと思いますか?
その情報を自分だけのものにしておきたいですか?


 


 


 




下へ続く↓





イベント・セミナーのご案内




 

 

〇楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人



 


〇可能性開花コースのエッセンスを1日で
4/25 可能性開花1Dayセミナー


 

〇1回の参加で実現者多数!


〇カサンドラ症候群自助会
3/25 わかば会


 








アダム徳永氏のもとで、性エネルギーやセラピーを学び始めて1年。


共に学んだ18人の素晴らしい仲間から、私はいろんなことを教わったり、刺激を受けました


今日はその中でも印象に残ったお話を。



ふんわりとしたとてもやさしい雰囲気のOさん。
Oさんにはお付き合いしている彼がいます。


 


ある日、Oさんはこういいました。


「彼といるととても楽しくて幸せ。だから、もし彼がほかの人と付き合えば、私のように幸せな人が増えるだろうなって思う。だから、たくさんの女性と付き合ってほしい」と。



なかなか言えることではありませんよね。


恋人が、自分という存在がありながら、ほかの人とお付き合いをするなんて、許しがたい気持ちになります。嫉妬心が生じるからです。


しかしOさんはそうではないのです。


彼を自分だけのものにしておきたいという気持ちがないのです。


エゴを越えた愛だなぁと私には思えます。


思えますが、なかなかそこまでの気持ちは、まだ私にはなれていません。


 



そこで、私は彼女に聞いてみました。


「そういう気持ちになれた理由は?」と。


 


すると彼女は


「私は彼が何人もいるの。だから、こういう気持ちになれたんだと思う。付き合っている人が一人だけだったら、私にはその人しかいないから、今のような気持にはなれなかったと思う」と。



たしかに!と思いました。と同時に目からうろこでした。


 


私たちが当たり前に思っている、一夫一婦制にも通じる「一人とだけ付き合う」という、今の社会のモラルが、本当の愛を遠ざけている原因なのかもしれないと。


初めの質問に戻ります。


 


おいしいレストランも、便利グッズも、有益な情報も、人に教えて自分の分が減って困るなら、教えようとは思わないかもしれません。



しかし、実際は、情報は教えても減るものではないので、知りたがっている人には教えてあげることに躊躇はしませんよね。


 


これと同じで、私たちが平和な関係性のためには当たり前だと思っている「一夫一婦制(恋人関係は一人だけ)」というものが、嫉妬や不安を生み出す原因にもなっているということ。



つまり、私たちが持っている「所有」の概念が、自分だけのものにしておきたいという執着や苦しみを生み出し、結果的に本当の愛を遠ざける原因にもなっているのかもしれないなぁと思いました。



ちなみに女性を4人まで娶ることが許されているイスラムの国、女性同士仲良く平和な環境を築いている家族も多いそうですよ。


となると平和な関係性を築くのに一夫一婦制は必要不可欠ではないのでしょうね。


 





コーチフィオーレはあなたの成幸をサポートします





 






 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 
















 


 



 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック