松村亜里

息子の学校が決まった(ミラクル)vol. 344【ストレングス手帳申し込み終了します】

2021/3/25配信


□■□■_____________



あなたの幸せが幸せな世界を作る
ニューヨークライフバランス研究所
メールマガジン 2021年3月25 vol.343
_____________________________□■□■



親愛なる皆様



 


♡♡♡♡♡


大好評のストレングス手帳 最終案内です!


https://lifebalanceny.org/1895


♡♡♡♡♡ 


 


こんにちは。
ニューヨークライフバランス研究所の
松村亜里です。


 


NYから、幸せを科学的に研究する
ウェルビーイングを広げています。


 


23594_松村プロフィール



 


前回の「息子の生態」のメルマガに
こんなお返事いただいて
涙して読みました。
ありがとうございました。


 


https://ameblo.jp/positiveshinri/entry-12664362287.html


 


いやあ、すごい。


 


さて、自粛が無事開けてから
目の回るような毎日を過ごしています。


 


家族親戚とも会えて
息子は愛情をたっぷり受け
日に日に明るく元気になっています。



次の本やその他の打ち合わせもいろいろ、


 


そして火曜日には、築地でリアルイベントも!
午前中はアカデミアメンバーとリアルで
シェアが止まらない温かい会


 


午後は、満員御礼、なんども増席しました。


西まりさんとのコラボ。


最高に素敵な方で、出逢いに感謝です。


https://ameblo.jp/nishimari1025/



1年2ヶ月ぶりのリアル講座、
やっぱりリアルはいいなあと感じました。


 


このこと、またじっくり書きたいですが


 


この数日でいちばん大きかったのが
息子の学校が決まったことです!


 


これはミラクルとしか言いようがないです。


 


5歳でアメリカに行って
3ヶ月で言語入れ替わり💦


 


私の忍耐力のなさで、
無理やり日本語も続けさせなかったので
すっかりネイティブ英語スピーカーな感じで
日本の学校に行くのは無理なレベルの息子。


 


コロナになって、
NYの辛さがみに染みて(ここ何時間も語れる)
11月に日本に滞在していた時
あれ、私世界中どこでも住める!?
と思ったのが帰国したくなった発端です。


 


9年前、ワンオペ子育てが壮絶すぎて
泣く泣く仕事をやめ夫の住むNYへ移住したのです。
その時は、私には選択の余地がなく感じていて。


 



夫の仕事があるところでないと
住めないと思っていたんですが
仕事が全てオンラインになり
ビジネスもストックできるようになり
(だからこの講座もやっています。みんなストックして)


 


あれ、実は世界中どこでも住めると気がついたんですね。


 


そして、休暇をハワイで過ごし
戻ってから発覚した
息子の宿題ボイコット。


(今思えば、日本に帰りやすく
してくれたとも言えます。
学校大好きなら決断難しいですよね。)


 


そして、その理由は真っ当なものでした。


 


意味のない、つまらない
わかっていることを延々とやりたくない
自分の時間を無駄にしたくない。


 


夫は、


宿題しないとホームレスになるとか
(ならないから)



学校3週間も休むなんてありえない、
落第して同じ学年やり直しになるとか
(校長に直接説明したら全然OKだったから)


 


僕だって嫌でも仕事やってるんだとか言うし



(そこ!??まじで??
あんなに頑張って博士号までサポートしたのに
・・・・・・・・・
そしてそれ、息子の問題でなくてあなたの問題で、
私仕事大好きだし、
それもし思ってても子どもの前で言わないで〜。)


 


という、パートナーシップの危機もはらみ
(だだ漏れですいません)



でも、私にとっては


「意味を感じられないつまらないことを
黙って延々とやり続ける子になってほしいか?」


の答えは「No」でした。


 


それで、日本に連れてきたものの


 


日本の学校は無理


そして、東京の大きなインターは
結局今のアメリカの学校のシステムで
国を変えただけになる。


 


あと、年間300万円!


入学時施設管理費90万円!


まじ?
行かせられないことはないけど
同じような教育システムで
中学あと1年で、
もしすごく特権的な意識のある人がいたりすると
あまり望ましい環境ではないかもと


 


また、手続きに
今の学校の数学の先生からの手紙とか
今年の成績、去年の成績
校長からの手紙とか
すごーい書類が必要で
ADHDの私には無理で申し込みもどうしても進まず
どうしようかと焦っていたんですね。


(今思えば、
これも理由があって進まなかったんですね


あと、いやいやきた
NYで公立の学校で良い教育を受けられた
感謝が増す経験でした)


 


そして、今回に日本に来て
昔の友達を話していたら
息子が日本の英語で学べる高校に行くなら
インターやアメリカの学校に行っていると
6月卒業なので、日本の高校入学には
ギャップがしょうじ、一年待たなくてはいけない。。。


 


そのお友達と同じ高校に行きたいかも
でも、同じ時期に入学できない。


 


それで、アメリカにいた人は
中3で、NYの日本人学校に編入したり
中3で日本の学校に戻ったりするそうですが
うちは、日本語ができないので大変。


 


それで、4月入学で、英語で
学費が飛び抜けて高くなくて
書類が私ができるボリュームのところ
がないかなと考えていて
いろいろ調べて見つからず


 


そうしたら、あることを思い出したんです。


 


昨年11月日本滞在時に、
急に私に会いたいと連絡が来た方がいて
知り合いの知り合いなのでお会いして


 


その方はある学校を運営されていて
小さい学校ですが
素晴らしい熱意だなとは思ったのですが
その時はうちの子は適応していると思っていたので
こんな学校もあるんだと他人事でした。


 


でも、ふと思い出して
9月入学ですよね?と聞いてみたら、
4月入学で、他にもいろんなことが
息子には理想通りの感じがして
急遽体験入学をしてきたんですね。


(春休みのプログラムでしたが)


 


初めは嫌だと言っていた息子ですが
渋々教室に入り、
結局9時から4時まで。


 


そしたら、その日、
すごく楽しかったようで
この学校に行きたいと言うのです。


 


びっくり。


 


今の学校より良かった理由を聞いたら3つ。


 


1)楽しかった


2)学んでいることが役に立つと感じた
(この日は「デザイン」の授業)


3)日本にある


 


(3で、日本大好きなんだと思った笑)


 


そして、この学校の子どもたち
成績もいいらしいよ、と言うと


「I know because it's fun!」
(そうだよね。だって面白いもん)
と言っていました。


 


「学びは面白いもの
面白い時に人は学ぶ」
そう言うことがわかっているんですよね。


 


先生からも、子どもたちが
学校に行きたくしかたなくて
家にいたくないらしいよ、と聞いたので伝えたら


 


「うん、今日4時に迎えに来た親にね
Can I stay longerって
懇願してた子がいたよ。」


って。


 


これから高校もできるのですが
その構想もいろいろ伺っていると


な・ん・と!


 


この高校では、生徒は皆「起業」する
のだそうです。


そして自分で収入を得られる状態で
仕事を探す。


 


そうすると、「使ってください」
「雇ってください」でなくて
自分に必要なものを選び取れるようになる。


 


ちょうど3月のアカデミアの講義で
「キャリアのオーナーシップを持つ」
と言う話をしたのですが
ドンピシャ。


すごい!


 


常日頃から、勉強しないような大学行くなら
起業塾に同じお金払ったほうがいいのでは
くらいに思っていたんですが
高校で起業って最高すぎます。


 


それも私たちをすごく愛してくれている
大切な人たちがいる場所で
繋がりながら子育てができる場所。


 


よく、必要なものは全て身近にあると言いますが
本当にそうですね。


 


と言うわけで、息子の学校が急に決まったのです。


 


信じられない。


 


急に滞っていた全てが動き出しました。


 


でも、問題が。。。


 


大きな問題が。。。


 


私は、NYに戻って、
6月まで今の学校を終わらせて
9月からと思っていたのですが
息子は4月から行きたいというのです。


 


でも、お礼やお別れを言いたい人が
山ほどいるし
やっとコロナが落ち着き
日本から戻って自粛もなくなって
たくさんいるNYのアカデミアメンバーにも会いたい!


もちろん、荷物の整理や家のこともある。


 


何より、アメリカに残りたい娘もいる。
学校では友達できないのに
残りたい理由もすごいのでまたいつか書きたいですが


 


いろいろ家族会議がたくさんになりそうです。
人生の次のページ、どうなることでしょう。


 


でも、親としては、とっても小さいけれど
PBLで、バカロレアで
英語で学べ
先生たちが生徒のことを本当に考えている
(と感じられる)学校が見つかり



息子が行きたいと言ってくれ
もうなんていうか、
喉のつっかえが取れたみたいで
幸せで仕方がありません。


 


もちろん、一日体験しただけなので
よく知っていったらどうなるかわからないけれど
(今入っている学校もコロナの前は
とても良かったし、時間が経つどうなるかですが)
今では考えられる最高の状態です。


 


あ、あと、コロナがほぼない場所で、
結構0になるらしく
マスクはしているけど
授業が毎日あるのも最高。ありがたい。


 


心配してくださった皆様、
どうもありがとうございました。


これからもいろいろあるけど頑張ります!


 


そして、これが決まったのが
どうしてもどうしても
ストレングス手帳のおかげだと思うんです^^。


 


毎月、Monthlyに
「一番大切なこと」と書く欄があるんですが
そこに今月は「キッズ」と書きました。


説明がありません


 


今まで放ってきすぎたけど
習い事もほぼさせてないし
非教育ママ? 無教育ママ?
やらなさすぎて後悔ばかり。


 


でも、今こそは子どもに全集中だって思ったんですね。


 


どうしても仕事優先してしまうところ
ワーカホリックを抑えて。


 


そして、3月のセルフコーチングを
3月頭に書いたのを今見返してみると


 


「子どもたちの学校と、
夏から住む場所が決まっている」
と書いてあったのですが、
全くの0から、1ヶ月以内に現実化した。


説明がありません


99%半信半疑でしたが。


 


やっぱり、この仕組み、すごい。。。


 


というわけで、
ストレングス手帳 最終案内です。
ほぼ完売しそうなしなさそうな感じ^^
まさか1000冊ほとんどが
手に取っていただけるとは思いませんでした。


https://lifebalanceny.org/1895


 


アメリカにお住まいの方はこちらからお申し込みできます。


https://resast.jp/events/541175


 


 


今日の一言>





理想は(思考は?)現実化する
って本当です。
とにかく今に感謝して
欲しい未来を描き、言語化、可視化してみてください⭐️
 





 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止
https://resast.jp/page/ss/


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック