石田才

今の自分の生きづらさが親との関係に起因?

2021/3/22配信


22851_kimg0575


皆様


こんばんは。




「不安・ストレス・


人間関係のトラブル・孤独感」


そんな悩み・生きづらさを解消し、


幸せに導く [心の水先案内人]


回復したアルコホリック 石田才です。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


体験セッションを受けていただいた方が


継続してセッションを受けたいと言われ


ご縁に感謝しています。


 


もう締め切りましたが


keikoさんとのFacebook Liveを


ご視聴のうえお申込みいただきました。


ありがとうございました。


 


幾人か、Liveをご覧になり


メルマガ登録いただいたのですが


中には特典のご案内をしても


お返事のない方がいらっしゃいます。


 


あなたに思い当たる節があれば


このメールに返信してみてください。


特別にまだ受付させていただきます。


 


さて、その体験された方と


お話していると、AC


いわゆるアダルトチルドレンという


言葉をあまりご存知ではない


ようでしたので・・・・


 


今日はそのACについて


ちょっと硬いけど記してみますね。


 


◆定義:


今の自分の生きづらさが親との関係に起因?


すると認めた人


家族に心を傷つけられた


子どもたちのこと。


 


子どもたちとは、


親と子という意味でいう


子どもたちです。


 


大人になっても親にとっては


子どもは子どもですね。


 


大人になり切れてない


子どものような大人


という意味ではありません。


 


つまり、


アダルトチルドレンというのは、


原家族(生まれ育った家族)


との関係で子ども時代に心が傷つき、


 


それがもとになって


大人になってからも


生きづらさを感じているのだと


認めている人のことです。 


 


ボクは正真正銘の


アルコホリックになる前から


正真正銘のアダルトチルドレン


(AC)でした。(苦笑)


 


◆元々の原点は


「アルコール依存症の問題を抱えた


家族のなかで成長した大人」


 


カナダトロント1969年Cork,M.


「忘れ去られた子どもたち」


 


ACoA: Adult Children of Alcoholics 


というものです。


 


アルコール依存症者の家庭で育った


子どもたちに特徴的に観られる


共通項を以下に挙げる


欧米の教育学者やソーシャルワーカー


心理学者が見いだしたのですね。


 


1983米 Adult Children of Alcoholics


1997邦題「アダルトチルドレン


アルコール問題家庭で育った子供たち」


ジャネット・G・ウォイティッツ


/AC提唱者、教育学者、


アルコール依存症者の妻、


アラノンメンバー。


 


1981米It will never happen to me! 


89邦題「私は親のようにならない」


クラウディア・ブラック/


アルコール依存症者の娘、


ソーシャルワーク修士、社会心理学博士、


アルコール病棟で家族プログラム担当、


セラピスト


 


・・・・・彼女たちの著作に初めて


その概念が提示されました。


 


彼女たちは医師ではなく


上述したように


教育学者や心理学者です。


 


そのせいかどうかはわかりませんが


いまだにACなぞ存在しないという


精神科医も多くいますし、


 


疾病とはされていません。


病気ではないということです。


だからACとしての薬物療法もない。


でも生きづらい・・・。


苦しい・・・。


 


◆原点からの展開としては


家族内 トラウマ


(PTSD心的外傷後ストレス性障害)


の後遺症に悩む人


ACoD: Adult Children Dysfunctional family


「機能不全家族のもとで成長した大人」


と再定義されたんですね。


 


生きにくさの理由と自覚


1996斎藤学「アダルトチルドレンと家族」


 


賛否は在りますが・・・


日本では元々アルコール依存症を専門に


診てきた精神科医斎藤学(さとる)さんに


よって再定義され、


広まった経緯があります。


 


それは以下のような


機能不全家族概念の提唱から


導かれました。


 


◆子どもにとって機能しない家族


 


子どもにとって健康的な家族とは


安心安全な基地です。


「自己」を十分発達


させることができる、


親の価値観の一方的押し付けもなく、


親子関係の逆転もないところです。


 


でも・・・・・


秘密やルールでがんじがらめ、


見たことを見なかったことに、


感じたことを


感じなかったことに暮らすのが


日常的にある家庭


(機能不全家族)に育つと・・・・


 


言葉を敵視したり、


しゃべることに罪悪感があったり、


重苦しい雰囲気に包まれたりします。


 


非言語のルールで縛られていると


心(自己)の発達は


ある段階で止まるといわれます。


~1985米クリッツバーグ/セラピスト


「ACoA症候群」


 


ある意味、


ACのココロの成長は


ストップしてしまい、


別の意味で「大人子ども」とも


言える側面はありますね。


 


以下に、機能不全家族


機能している家族相違点10


記します・・・・


 


あなたにどれか覚えはありますか?


 


1 強固なルールがあるない  


2 強固な役割があるない


3 家族に共有されている


  秘密があるない


 


4 家族に他人が


 入り込むことへの抵抗許容


5 生真面目ユーモアのセンス


 


6 家族成員にプライバシーなく


 境界あいまいプライバシー尊重、


 自己感覚


 


7 家族への偽の忠誠、去れない


 家族という感覚と去ることの自由


 


8 家族成員の葛藤は否認、無視


 葛藤は認められ解決が試みられる


 


9 変化に抵抗する


 常に変化し続ける


 


10 家族は分断され、統一性がない


 家族に一体感がある


 


・・・うむ。


ちょっと長くなりそうですね。


 


続きは自回?かどうかは


わかりませんが(謝)


また記します。


 


今日もここまで


つらつらとした長いお話を


お読みいただき


ありがとうございました。


 


たった二つの質問を繰り返し


生きることを面白がる・・・

 

Saiのストレスクリアセッション。

 

 

体験されたいあなたなら・・・


お問い合わせフォーム


このメールにご返信でもどうぞ


個別にご案内をいたします。


 


Saiのストレスクリアのお知らせ!



メルマガ読者限定5大特典


通常価格18,000円を無償で


 体験セッション受付!


  *順番をお待ち


 いただくことがあります


未体験の方限定90分程度1回のみ)


2初回無償カウンセリング


(90分程度1回のみ)


3特別価格継続セッション


(1回120分程度/5回・9回・12回


 各コースからご選択)


4無償フォローカウンセリング


(90分程度/継続セッションを


 終了された方全員)


5追加セッション特別価格


(1回120分程度・


 何回でもご利用できます)


特別価格個別にご案内します。


*通常はオンラインご対応


(無料電話、LINE、


メッセンジャー、ZOOM、等)


 


お申込みやご質問ご意見は


☟☟☟


お問い合わせフォーム


このメールにご返信でもどうぞ。


個別にご案内をいたします。


 


*ご自身でセッションができる


ための講座など各種受付ています。


☟☟☟


お問い合わせフォーム


このメールにご返信でもどうぞ。


個別にご案内をいたします。


 


平安でありますように。



 


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック