井口宏一

離婚準備 ケース別対応 パートナーに浮気・不倫相手がいる

2021/3/20配信



離婚準備 ケース別対応 パートナーに浮気・不倫相手がいる


離婚準備のポイントとして


①浮気や不倫を感情的に問い詰めない


怒りに任せて問い詰めると、相手は慎重になり証拠となるメールや写真等を隠されてしまいます。


 


②配偶者と相手に、性的関係(肉体関係)があった事実を証明出来るか


証拠となる携帯電話での通話履歴、写真、ビデオ録画等の保存がカギとなります。


 


パートナーに浮気や不倫関係にある異性がいる場合、上の二点が大切なポイントです。


充分な証拠がない場合、本人が浮気や不倫を認めることは稀です。


 



 


調停や裁判でこれらを理由に有利な条件で離婚するには、「性的な肉体関係があったことの証明」


これが何より大切です。


 


費用はかかりますが、この証拠を得る為、探偵事務所に調査を依頼されることも多いです。


探偵事務所に依頼されると、ラブホテルをパートナーと相手が入った日時や滞在時間


証拠となる写真を添えて報告してくれます。


 


この探偵事務所の報告書は、調停、裁判の証拠となるようにまとめてあります。


 


探偵事務所の費用はけっして安くはありませんが、無駄にならない効率的な調査には


「今週の週末、夫は出張で外泊すると言ってます。この日、相手と会うのでは‥と思います。」


 


こんな風に探偵事務所に連絡をされ、調査に協力されると費用の無駄も無くなるようです。


 


19590_img_20170920_204043_212


 




 



バックナンバーを読む ▶


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック