こども睡眠カウンセラー協会

#34 快眠を作るおすすめのヘッドマッサージ方法

2021/4/ 2配信


32057_2020-04-2015








皆様


こんばんは。




こども睡眠カウンセラー協会


ジュニアマスターカウンセラーの中村清志です。





本日もメール講座をご覧いただき


ありがとうございます。





それでは、本日のメール講座


スタートです!





////////////////////////////////////////


 


#34 快眠を作るおすすめのヘッドマッサージ方法


 


///////////////////////////////////////




=========


快眠を生む頭の状態とは!?


=========




 


突然ですが皆様は、


肩コリや首コリが出た時には


どのように対応していますか?


 


 


恐らく、お子さんと一緒に


肩たたきをして


コミュニケーションを取る方もいれば


セラピストや整体師に任せる方も


いるのではと思います。


 


 


快眠をしていく上で


 


・頭を洗ったりする「ヘッドスパ」


・頭を濡らさずにする「ドライヘッドスパ」


 


などが近年注目されています。


 


 


ヘッドスパが注目される理由としては、


快眠をしていくために大切なのが、


頭の血流が良い状態である


ということだからです。


 


 


私たちが快眠をするためには、


頭の血液循環が良くなり、


老廃物を排出できる状態にすると


良いということです。


  


 


その上で、


親子で睡眠を良くしていこう


と思った時にお勧めなのが、


「ヘッドマッサージ」です!


 


 


ヘッドマッサージをすることで、



頭の凝り固まった部分をほぐせるので



ポイントを見ていきましょう。


 


 




=============


ヘッドマッサージでオススメの位置


=============



 


いきなりヘッドマッサージと言われても、、


という方もいるかもしれません。


 


快眠のためのポイントをご紹介するので、


ご安心くださいね。


 


 


ヘッドマッサージをしていくために


まずは基本になるのが


「頭蓋骨について」です。


 


 


頭蓋骨と聞くと、


皆様は


1枚の大きな骨と思うかもしれませんが、


実は頭蓋骨は「15種23個」の骨でできています。


 


頭蓋骨を正面から見た図です。


↓↓



<出典:illust AC>



 

 

大切なのは、頭蓋骨には

 

「つなぎ目」があるという点です。

 

 

 

 

この「つなぎ目」の部分で

 

側頭部から頭頂部までの間の

 

つなぎ目部分を

 

縫合(ほうごう)」と呼びます。

 

 

 

 

少し専門的な話にはなりますが、

 

この縫合には場所によって名前があります。

 

 

名前は覚えなくて大丈夫ですが、

 

位置はお子様と一緒に探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

睡眠に良い場所を知ってもらうため、

 

念のため、詳細な位置をお伝えしますね!

 

 

 

 

横から見た場合に見えるのは、

 

・冠状縫合(かんじょうほうごう)

・蝶前頭縫合(ちょうぜんとうほうごう)

・蝶頭頂縫合(ちょうとうちょうほうごう)

・鋸状縫合(きょじょうほうごう)

・ラムダ縫合

 

という5種類です。

 

 

 


 

<出典:illust AC 一部改変>

 

 

 

後ろから見た場合は、

 

・矢状縫合(しじょうほうごう)

・ラムダ縫合

 

 

という2種類があります。

 

 


 


<出典:illust AC 一部改変>

 


 

 

縫合部分は特に

 

「頭蓋骨の関節」にあたる場所で、

 

身体の歪みや頭のコリが表れやすい部分です。

 

 

 

 

なので、ヘッドマッサージで

 

押すと気持ちがいい

 

おすすめの部分です。

 

 

 

 

 

位置が分かったところで、

 

マッサージのやり方もお伝えしますね。

 

 

 

 

今回のマッサージで使うのは

 

親指で指圧していく」だけで大丈夫です。

 

 

 

 

 

次に手順です。

 

 

 

まずは側面からです。

 

 

 

順番としては、

 

①頭のてっぺん(中央)から横に沿って押していく

 

②耳の指1本分上の耳の前から後頭部に向かって押していく

 

③耳の形に沿って後頭部に向かって斜め下に押していく

 

 

 


 

<出典:illust AC 一部改変>

 

 

 

 

次はてっぺんから後頭部に向かってです。

 

④頭のてっぺんから中央に沿って後頭部に向かって押していく

 

⑤途中で出っ張り部分があるところまで押していく

 

 

 


<出典:illust AC 一部改変>

 

 

 

上記の手順で頭を押してあげると、

 

痛いところがあるかもしれません。

 

 

一通り押してみて、

 

硬くなっていて痛いところがあれば、

 

10秒ぐらい押してほぐしてあげてください。

 

 

 

 

この硬く痛くなっているところが、

 

疲れや循環が悪くなっているところです。

 

 

 

この部分をほぐしてあげると

 

頭の循環がよくなり、

 

快眠できるようになります。

 

 

 

 

 

眠れていないというお子様と

 

気持ちの良い朝を迎えられるように


ぜひ今日から試してみてくださいね!


 


 


///////////////////////////////////////////


【本日のまとめ】


✔︎ 頭の循環を良くすることが大切


✔︎ ヘッドマッサージが効果的


✔︎ 頭の関節にあたる縫合部分が効果的


✔︎ 硬いところが押してみよう!



 

 

 



次回は、


「立ち姿勢を良くして寝起きスッキリ!」について


お伝えします。





どうぞお楽しみに♪


 


 





こちらの記事を読んで、


ご質問やご意見などございましたら


お気軽に、このメールに返信してくださいね。



 

 



それでは、本日はここまで。


次回のメルマガもお楽しみに~^^♪



 

 



最後までお読みいただき、


ありがとうございました。




 


 



  

 


 





Facebook版


「こども睡眠オンラインサロン」(無料)では


一般社団法人こども睡眠カウンセラー協会の


マスター講師たちによる


「睡眠レクチャー」を行っております。


まだあまり知られていないこどもの睡眠の話が


無料で有益な情報が定期的に公開されているので


ぜひご参加くださいね。


参加したい方は、下記URLからお入りください。


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/386144268998957/?ref=share


 


また、こどもの睡眠を食事から


サポートするプロジェクト


「こども睡眠キッチン」への


ご参加はこちらからどうぞ


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/1593843787442001/


 





 


 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 






Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック