浜田義之

神話と自分

2021/3/16配信


皆様


 


いらっしゃいませ、マスターの浜田です。



神話というのは、自分の人生を知るための物語だという話を
何処かで聞いたことはありませんか。


 


わたしは先日、自分の人生で経験してきたことを
年代別に書き出してみたとき、そこに物語があり、
流れがあることを知って驚きました。


 


今夜は「神話と自分」というテーマでエッセイを書きました。


 


どうぞご覧ください。



────────────────────────
        神話と自分
────────────────────────



人生は物語になっていると言います。


 


神話は人生を読み解くメタファーだと言われます。


 


あるときわたしは、自分の人生に起こったことを
年代別に書き出してみました。


 


子供の頃...10代...20代前半・中盤・後半...
30代前半・中盤・後半...40代...50代...


 


そうして書き出してみて
自分の人生が物語になっていることに気づいて驚きました。


 


映画「スターウォーズ」の主人公ルークは、
なにもない砂漠の惑星の、小さな農家の青年でした。


 


彼はいつも冒険の人生を夢見ていました。


 


そうしてある日、思いもかけない出来事がきっかけで、
彼は冒険の旅に出ます。


 


そうして様々な経験を積む中で成長していきます。


 


わたしは子供の頃、大人になったらきっと、
好きなことを仕事にして生きると決めていました。


 


父はそんなわたしに「好きなことで食っていけるわけがないだろう!」
「世の中は甘くない!」と言いました。


 


ですがわたしは心の奥底で、
大人になったらきっと好きなことを仕事にすると決めていました。


 


父には辛らつな言葉を投げかけられましたが。
心は折れてはいなかったのです。


 


ところが高校を受験する頃にはそんなこと、
もう忘れてしまっていました。


 


知らないうちに周りに合わせて生きるうち、
そんなことは忘れてしまいました。


 


ところが社会人になって。


 


毎日同じことの繰り返しを生きる中で、
子供の頃のあの思いが蘇ってきました。


 


好きなことを仕事にして生きたい。


ワクワクした人生を送りたい。


 


そうしてわたしは友人と一緒に東京に行きました。


 


なにをすると決めていたわけでなく、
ただ冒険のように故郷を後にしました。


 


書くことが好きだったわたしは、
出版社に片っ端から電話し、アルバイトとして出版社に入りました。


 


目まぐるしい毎日。


 


その中で友達がいなことへの寂しさ
プライベートの時間のない忙しさ


そんなものが積み重なるうち、
わたしは負け犬のように故郷の京都へ帰りました。


 



そうして友人の勧めで二度目の会社員に。


 


ところがまた、あの頃の、
子供の頃の思いがむくむくと蘇ってきました。


 


なにかしたい


自分の好きなことで、才能を使った仕事をしたい


子供の頃のようなワクワクした人生を生きたい


 


そんな思いが、わたしを突き動かしました。


 


好きなことを 才能がなにかを求めるのだけど、
それがなにかがわからない。


 


わたしは必死に求めていました。


 


何度も何度も挫折し、自信を失いました。



何度も何度も投げ出したくなりました。



だけど諦められなかった。



子供の頃のあの思いを捨て去ることはできなかった。


 



そうしてようやく近年、自分がなにがやりたいのか、
わかるようになってきたように思います。


 


全部分かったわけじゃない。


 


だけどどんなことがやりたいことなのか


魂が何を望んできたのかが、
ようやくみえるようになってきたように思います。


 



そうして先日ふと、自分がこれまでどんな人と出会い、
どんな経験をしてきたかを、年代別に書き出したとき、


実は自分の人生が、神話のように物語になっていることに気づきました。


 


驚きました。


 


冒険の旅に出、


挫折を味わい


苦難を味わい 


師と出会い


転機があり


過去の自分を乗り越え


わかったつもりになり


いい気になって痛い目に遭い


謙虚さを学んで、愚かさに気づかされ手放し


人の優しさを知って涙し


また自分の愚かさに気づいて驚き


自分自身を知っていく


魂が元々知っていること


魂が望むことを知っていく


自分の中に優しさがあることを知り


同時に気づきもしなかった愚かさを知り


そうやって成長していく


そうやって本当は深いところで知っていたことを知って驚く


そうしていくつになっても成長がある


自分自身を知る旅


 


人生ってなんてすごいんだろうって思うようになってきました。


 


わたしには幼いころから、
好きなことを仕事にして生きるという望みがありました。


 


そうして、あるとき冒険の旅ははじまっていたのです。


 


それは振り返れば、これは自分自身を知る旅でした。


 


神話は人生を知るための物語と言われています。



名作と言われる映画や小説はこれを踏襲しています。


 


だからわたしたちの魂に届くのでしょう。


 


そうやって自分の人生が神話のように物語になっていたことに気づいたとき、
平凡にしか思えなかった自分の人生が、輝きはじめた気がしました。


 


よかったらあなたの人生で起こったことを
年代別に書き出してみてください。


 


思いもかけなかった発見があるかもしれません。


────────────────────────
  マスターからメッセージ



以前からマスターが考える「本来の瞑想」、「本質的な瞑想」を
学びたい、やりたい、興味があるという方のための瞑想講座を準備しています。



それから「マスターのコーチングセッション」の準備をしています。



かなりゆっくりで時間がかかっていますが、
本当に自信をもって良いものをお届けしたいと思っていますので、
じっくりと準備をしています。



もうすぐお届けできると思いますので、どうか楽しみにししていてくださいね。


────────────────────────


 



 



  

 


 



利用者の声をもっと見る▶


 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック