松村亜里

息子の生態 vol. 342 (無料イベント目白押し!)

2021/3/16配信


□■□■_____________



あなたの幸せが幸せな世界を作る
ニューヨークライフバランス研究所
メールマガジン 2021年3月16 vol.342
_____________________________□■□■



親愛なる皆様



 


こんにちは。
ニューヨークライフバランス研究所の
松村亜里です。


 


NYから、幸せを科学的に研究する
ウェルビーイングを広げています。


 


23594_松村プロフィール



 


自粛生活2週目目突入しました。 


 


初めの数日は、息子と二人きりで
ちょっとだけ寂しい感じがしていました。


 


息子が一歳の頃、夫はアメリカで、
私は秋田で育休明け仕事復帰して
フルタイムで働きながらワンオペで
二人で生活していた苦しかったときのこと
思い出していました。


 


仕事終わったあとヘトヘトで
保育園に迎えに行くのが辛かったころ
でもすごくすごく可愛かった頃。



私にとって子育てはやはりちょっと苦しい。



頑張る、我慢する
私の性格が招いたものでもあったと思うけど



ワンオペ、寒い気候
子どもの度重なる入院
重度の精神疾患を抱えた方達のカウンセリング
周りに家族や親戚がいない
博士号を同時に習得していたり
大変すぎて休職して経済的に苦しい時期も。


 


仕事が山積みで、この子と
どう過ごしていったらいいのだろうと
なんていうのか、一人の肩に
すべてかかっているという感じで。
(13年前も、1週間前も)


 


一人で責任を追い出すとやっぱり苦しい。


 


でも、そのあとは結構楽しく暮らしていて
その閉塞感みたいなのは
今はなくなりました。


 


息子の調子が良くなったことと
いろんな人の力を借りることができてきたからかな。


 


ZOOMでつまらない授業に出て
つまらない宿題を延々とやらないといけない
ストレスから解放されたのか


 


息子は機嫌がいい。


 


統制的な夫から離れたこともあるかも。



まず、ゲームをそんなにやらなくなったし
反抗もイライラもしなくなって
NYにいた時と全然違います。


 


栄養やビタミンにも気をつけているし
体も動かしているし
時差で、夜早く寝て朝早く起きるのもいいのかな。


 


日本に来る前は主治医にかなり心配されて
来て数日は暗い感じだったけど
だいぶ明るくなりました。


 


I love you mama!   とか言ってるし笑



人と関わらないようにお散歩もしていますが
肩に手を回してきてマブダチ(古い?)
みたいにお散歩したり
手を繋いでお散歩したり。
へー、もうすっかり親離れしたと思っていたけど
またこんな時が来るとは笑


 


ただ、2ヶ月運動不足だったので
最後の方は私が疲れて

息子に手を引かれて
おばあちゃんの手を孫が引いているみたいに
なっています笑


 


思い起こせば、1歳半で妹が生まれて
この子がすごくママっこで


 


いつも私を取り合って
お兄ちゃんが負けていたから
彼にとっても私にとっても
こんなに二人きりで
イチャイチャ過ごすのは思い出せないくらい
珍しいこと。


 


膝を取り合ったり
外食でママの隣の席を取り合ったり
添い寝をどっちがするか取り合ったり。
で優しいので結局負けちゃう。
彼も寂しさを我慢してきたのかも。


 


私は今もやっぱり忙しいので、
お願いしたらですが
一人でご飯も作ってくれましたよ。


 


豆板醤が見つけられず
豆腐とミンチの炒め物になっちゃった
麻婆豆腐や


冷やし中華


お好み焼き


 


など簡単なものですが。


 


あとは、 いろいろ愛のある
差し入れが届いたり


自粛が明けてからNYの時のお友達の家に
スリープオーバーとか


お友達に会うとか
楽しみな予定も入ってきたし。


心が軽くなってきました。


  


NYでは、いつも、
夜遅くまで友達と話していて

パパに叱られていた息子ですが、
こちらでは朝晩逆なので、
朝、友達と話しています。


 


それもなんだかいいみたい。


 


何してるのかと思ったら
ホワイトボードに絵を描いて
それがなんだか当てるとか
可愛い遊び^^


  


そこで、聞いちゃいました。
友達に熱弁奮っているのを。


 


「ミトコンドリアが
細胞内のエネルギー工場で
細胞の一つ一つの名称を
暗記することには意味がないんだよ。」


 


「学びというのは
もっと、点と点を繋ぐようなことが

必要なんだよ」


 


「例えば、細胞の中の仕組みが
社会とかビジネスのあり方とか
そういうのと似ているとか
そういう勉強ならいいんだよ」


 


って。


 


えー、みんなつまらなくても
頑張ってるんだから
そんなドヤ顔して話さないでー


 


お友達のママ達ごめんね。。。


 


と、人目の気になる私。


 


見方によっては、ただの怠け者。


見方によっては、コロナでの適応障害。


見方によっては、ママが忙しすぎたせい。


見方によっては、家族や社会の
問題を知らせてくれている代弁者。


見方によっては、嫌なことはやらないという
芯が通っている


 


どうにでも考えることができますね。


 


私も自分がしていることがどうか
わからないけど


 


ふと思った。


 


子どもの幸せ以外に
大切なことってあるかな。


 


ないんじゃないかな。


 


でも、日本でもやっぱり忙しい。
会社二つもやっちゃったし、


事業でいうともっともっとある。
熱意に任せて手を広げすぎて。。。



取材依頼や、本の依頼も沢山いただき


 


でも、今私にとって一番大切なことは
日本に戻ってきたいと思っているので


子ども達の学校探しかな。


 


(実は申し込み始めたインター
申し込みが煩雑すぎて挫折しました。。。)


 


今までいつも仕事を優先して
子どもの習い事とか学校のこととか
(英語だし・・・)
後回しにしてきて何もしてきてあげられず
これは本当にすごく後悔しているので
今回だけは子ども達のこと優先したい。


 


検索とか事務手続きとか
ADHDで極度に苦手なので
プロの方を探そうかなと思います。


 


実は、娘も、今調子が悪く、
思春期だけなのかもしれないけど
不安が高め。


 


コロナの途中らへんから始まったそうなんですが
彼女の中でいろいろ起こっているのだと。
ママには言いたくないんだとか。。。


 


で、子ども達を優先するために
できるかけ仕事は減らそうと思います。
(いつも言っているけど、今本当に、
これ以上は無理かな)



バンバン教えているようですが
実は一つの講座にかなり準備するんですね。
それで思い切って仕事減らすことにするので
ご迷惑おかけすると思いますがよろしくお願いします。


 


養成講座も、ポジティブ心理学コンサルタントも
認定講師も、次の代で引継ぎできたらと思っています。


 


それにしても、日本の中学や高校受験って
大変。。。
親は偉大すぎる。


一度に一つのことしかできない私は
仕事しながら子どもの受験サポートできる
親御さん達尊敬します。。。


 


英語しか話せないうちの子たちなら尚更大変ですね。


(日本語学校が嫌になったら
頑張らせられなかったことにも後悔。


ああ、後悔が多い人生ですね。。。)


 


どうなっていくことでしょう。


 


とまあ、息子と蜜月を過ごしている間に
私のオンラインサロンでは
こんな素晴らしいイベントがありました。


 


 


、「l 【第1回】 ポジティブ心理学実践報告会 「ポジティブ教育やってみよう!」 ~先生のウェルビーイングが高まり、 生徒も変わる~ 世界的に注目され、 日本でも導入が期待されている ポジティブ教育の実践事例を、 ワークを交えて発表します 3月13日 (土) 21:00~22:00 (日本時間) ニューヨークライフバランス研究所 ポジティブ心理学コンサルタント 教育チーム」というテキストの画像のようです


 

本当に大好評だったようで、
開催報告にはこんな感想が沢山!

 

 

「みなさまの日頃の努力と熱意、希望、愛情などなど…
ぎっしり詰まった素敵な報告会、
どうもありがとうございました。

 

各分野、それぞれとても興味深い内容で、
勉強させていただきました。

 

本番の発表と、引き続きのご活動、
心より応援しております!」

 


 


 



「ありがとうございました。
分かりやすかったです。
説明だけでなく、
現場でやっていることを実際にやってくれたことが
分かりやすかったです。」

 

 


 


「本当に感動しました!!!
幼稚園、大学、中学、高校と
それぞれの先生方が、ポジティブ心理学を
実践されている様子がありありと伝わってきました。

 

先生の愛情をとても感じました。

 

そしてポジティブ教育、

日本中に広がって欲しいです。

 

我が子の学校にも取り入れて欲しい〜!」

 

 



 

「現場の先生の報告もとても説得力があるし、
心揺さぶられてあっという間の1時間でした!
先生方にもっともっと知ってほしいです。」

 



 

 

「実際の教育の現場で実践して下さっている
皆さんのお話を伺い希望が持てました。
子どもたちの小学校や中学校で色々なことがあり、
希望が持てず家庭で実践していくしかないと考えていましたが、
教育の現場でも広がっていってほしいと思います。」



 

 

「ありがとうございました。
事例が具体的で分かりやすかったです。
感動し、涙がでました!」

 

 



「本当に素晴らしい実践で、心から感動しました。
先生たちの勇気、毎日の積み重ね、
その効果にものすごいパワーを感じました。」

 

 

「自分の子供たちもこんな経験ができたら…。
先生たち、応援しています!
そして私も頑張ろうって
背中押されまくりました。
ありがとうございました!」



 

 

「一人の子供の親として、
このような先生方がいることがとても嬉しいし、
希望です!!」



 

 



 

「一人の人間の人生に大きく関わる教育者の皆さんが、
日々PP実践されている事に感謝です!」



 

 

「あっという間の1時間でした!濃すぎます!

もっともっと、お一人お一人の取り組みを
じっくりお聞きしたいです。
一人一枠でもいいですよね。

シリーズ化、期待しています。」

 

 

 


「幼稚園から大学まで、
実践されている様子をお聞きできて、
これが広がって、つながっていったら、
大きく変わるだろうなと思いました。
希望です!ありがとうございました!」

 

 

って、すごくないですか?

 

 

 

オンラインサロンメンバーでない方も

聴きたくなりませんか?

 

 

実は、聴ける機会があります!

 


 

 

私は教えるのが減りますが
(clubhouse とかもやりたいけど
本当に時間がなく)

 

 

でも、「ポジティブ心理学コンサルタント」
や「認定講師」の方が

今週末こんなに沢山の無料イベント
開催されています!


 

Asako Suzukiさんを含め3人、立っている人、テキストの画像のようです








 

1日目! <3月20日(土)>

 

14:40~16:00

WS048「親子の関係がグッとよくなる強みのワークショップ」

NYLB認定講師 わだまりさん 率いる認定講師有志

この動画がとっても素敵です!


 

 

16:20~17:40


















 

13:20〜14:40

WS040【子どもとつながる魔法の言葉 -幸せな自己肯定感の高め方-】

ポジティブ心理学コンサルタント 石黒 佐和子・ディナ ゆかり

















 





13:20~14:00
WS041 【1on1の対話力を上げる「ポジティブ傾聴」入門】
ポジティブ心理学コンサルタント傾聴 
村上 加代子子https://shiawasesymposium.com/2021/wp/ws2/ws041/


 


是非楽しんでくださいね!


 


(これ、紹介はしているけど
自分たちでここまで作り上げ
頼もしすぎます)


 


私は、強みコンパスの方で
リアルイベント開催します。
準備をいろいろしてくださるので助かる^^


 


こちら、アカデミア優先案内後
まだ少し席があります。



35943_nzqxzmy1zgiwzdqzz


https://resast.jp/events/ODlmNGIyZWI1N


 


 


こちら、35席その日のうちに埋まりました。
5席のみ増席しました。


35943_zwyyztc0zwrmowfjz


https://resast.jp/events/ZmFjODZlZTQ1N


 


では、良い1日をお過ごしください。
人生にも子育てにも正解はないけれど

今できることを一歩ずつ。
できれば楽しんで!


 


 


今日の一言>





子どもの(そして親ももちろん)

幸せ以上に大切なことはない⭐️ 




★著者プロフィール:
母子家庭で育ち中卒で大検を取り、
朝晩働いて貯金をしてNY市立大学入学。
首席で卒業後、コロンビア大学
大学院修士課程(臨床心理学)、
秋田大学大学院医学研究科博士課程
(公衆衛生学)終了。


NY市立大学と国際教養大学で10年間
カウンセリングと心理学講義を担当
夫の都合で移住したNYではじめた一般向けの
心理学講座が人気となり現在はオンラインで
世界中に発信する。
ポジティブ心理学・ウェルビーイングをベースにした
幸せになる科学的な方法をわかりやすく伝える
オンラインサロン Ari's Academia主催


医学博士・臨床心理士
認定ポジティブ心理学プラクティショナー





 


 


 



バックナンバーを読む ▶


 


配信停止
https://resast.jp/page/ss/


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック