よしざわさなえ

命が在るのは当たり前なんかじゃない

2021/3/ 5配信


image


皆様おはようございます。


今日もメルマガ開封してくれて、ありがとうございます。


 


昨日は、夜中からのメールにも返信していただき、ありがとうございます。


おっぱいをあげてるママ達は、昼、夜、関係なく命を守るお志事していただいて、


ホント、すごいっ!感謝でしかないです!


 


子育てって、できて当たり前って風潮があったり、特にお金になるわけでもないし、


いや、むしろお金かかるし


改めて、ホントすごいことをしてるよなぁって思うよね。


世の中のママ達、ホントお疲れ様です。


 


*****


さて、今日のテーマはこちら。


命はあまりまえじゃない


実は今回、ひしもちフェスタに申し込んだ方の中に、


お子さんが重度の病気を抱えたママがいたんですね。


わたしにとっても大切なお友達のSちゃん。


病気になったのを知った時、心がキューって締め付けられる思いでした。


 


前日ね、「ひしもちフェスタ、当日参加できないけど成功を祈ってます」ってメッセージがあって。


 


小さな子供が、今目の前の命と向き合い、苦しむ姿を想像するだけでも、胸が引き裂けそうになるくらい、すごくツライのに、メッセージまでくださるなんて、本当にありがとう。


 


でね、昨日のメルマガでは、「女性は笑って、緩んで」って書いたけど、それがどーしてもできない時だってあります。


 


だって、ツライもん。


怖いもん。


悲しいもん。


 


そんな時はね、無理に笑わなくたって、大丈夫。


 


自分の内側に在る感情に寄り添ってあげること。


 


悲しい時は悲しいって思ってもいいし、


ツライ時は誰かに助けててっ言ってもいい。


 


その子の目の前の命と向き合うことで


みえてくる自分の本当の想いに気づくこと。


 


命って当たり前にそこにあるようだけど、


そんなことなくて、奇跡の連続なんだってことを


その子は自分の身体を張っておしえてくれてるだね。


 


そして、魂の入れ物である、


体を、たくさん愛でてあげることの大切さを


今回のひしもちフェスタではたくさん教えてくれました。


 


ひしもちフェスタ第一部の中でね、


垂れたバストをみて、


バストアップしたいけどどーしたらいいですか?の質問に、闇雲にマッサージするのではなく、


優しく体に触れること、なでること、愛でること。


そこに気持ちよさを感じること、


その大切さを伝えていました。


 


 身体があるから命を感じることができる。


 


まずは、自分自身で自分の身体に触れて、愛でて欲しいなぁと思います。


 


そして、目には見えない祈り。


それもとっても大切ですね。


 


Sちゃんが元気になって会える日が来ることを祈って、今日のメルマガを終わりたいと思います。


 


 では、良い1日をお過ごし下さい。


 


**********


ひしもちフェスタ2021は動画販売を行なっています。


興味のある方はこちらをチェックしてくださいね。


https://resast.jp/inquiry/61483


***********




 


 


ママの安心感&幸福感が家庭平和をつくる。


助産師*性育アカデミー協会認定講師の吉澤早苗です。



今日もメールを開封していただき、ありがとございます。


 



イベント・セミナーのご案内



オンラインが苦手なママ、育児や生き方に不安のあるママ、2021年なにか始めたいママ、万希子さんと話したいママ




商品一覧 ショップを見る ▶


 


 


利用者の声はこちら ▶


 









 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会








 


 


Ena さくら 助産院 母乳 骨盤 沖縄 那覇市 産後 性教育
Copyright (c) 2010-20 ena.sakura All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック