こども睡眠カウンセラー協会

#32 夜にコンビニを避ける理由

2021/3/19配信



 


32057_2020-04-2015



皆様、
こんばんは!




こども睡眠カウンセラー協会


代表 秋山信子です。






本日もメール講座をご覧いただき


ありがとうございます。





それでは、本日のメール講座


スタートです!





///////////////////////////////////////




#32 夜にコンビニを避ける理由




//////////////////////////////////////




=================


睡眠の質を下げてしまうその正体とは?!


=================




「あっ!あれ買い忘れてた!!」と、


昼間に買い忘れた日用品や食材を、


家から一番近くにある


”コンビニ”を利用しちゃうっていうこと、


皆様も、一度はこんな経験が


あるんじゃないでしょうか?





他にも、保育園のお迎えの帰りや、


塾や習い事の帰りに


これといった用事はないのに、


ついつい立ち寄る習慣のある人も


多いかもしれません。





しかし、結論からいうと


睡眠にとっては、


”やってはいけない習慣”なのです。






ただし、厳密にいうと、


それは一日中ではなく、


「夕方以降~夜にかけて」


コンビニに立ち寄ることはNGということです。






ではなぜ、


夜のコンビニに行ってはいけないのでしょうか?





<出典:photoAC>





このメルマガ読者の皆様なら


もう察しはついているでしょう。





そうです。




睡眠の質を下げてしまうその正体とは


「光」にあります。





人の身体は、15時以降になると


徐々に「交感神経」=活動モードから


「副交感神経」=休息モード優位へと


切り替わっていきます。





しかし、せっかく身体が


休息モードにシフトしようとしている最中に


急に強い光を浴びたらどうなるでしょうか?





明るい光、主に白色蛍光灯などに


多く含まれる青色の波長の光は、


睡眠ホルモンである「メラトニン」の


分泌を低下させてしまいます。





メラトニンの分泌が減れば、


当然、眠気が訪れなくなったり


寝つきが悪くなったり、


熟睡できなくなってしまうのです。





コンビニなどの明るい照明の「照度」は


1800~2500ルクス程度あり


この明るさは、昼間の室内の


明るさほどの強さがあります。





本来、人は自然な眠気が訪れるためには、


50~200ルクス以下の照度の中で


過ごすことが良いとされています。



 



そう考えると、


とんでもなく強い光を夜に浴びることになり


体内時計や自律神経のリズムが乱れ、


たちまち夜の睡眠に悪影響を


及ぼしてしまうことになります。






一時期、中高校生が夜間コンビニなどに


たむろし、高照度の環境に長時間いるということが、


社会問題になっていたこともありました。





恐らく、コンビニでたむろすればするほど、


こどもたちには眠気がやってこず、


ますます脳が覚醒し、


必然的に夜の活動が活発になります。




そうするうちに、慢性的に寝つきが悪くなり


遅刻や不登校の要因になる


という指摘もあります。



 



そうさせないためにも、


私たち大人が、こどもたちの睡眠を


守ってあげる必要性があると思います。





とにかく、夜はコンビニには行かないこと。


家に帰って来てからは、できるだけ


部屋の明かりを暗くしておくなどの


工夫は必要かもしれません。





================


光のコントロールをしていこう!


================




では、ここからは、


こどもの年代別の生活を想定して


「光」を上手にコントロールして


睡眠の質を上げる方法を


ご紹介していきます。





<幼児期>


・ワーキングママは特に、


夕方以降のスーパーやコンビニに


一緒に連れていく必要のないように、


ネットスーパーなどを利用し


なるべく強い光を浴びせない。




・夕食後は、お部屋の光を200ルクス以下にする。


2時間以上200ルクス以上の光を浴びると、


メラトニンの分泌が低下します。


文末にルクスを計測する「照度計」の


参考サイトURLを載せておきますので、


ぜひ参考にしてください。





<小学生>


・習い事や塾に通いだすと、


どうしても強い光を浴びる時間が増えます。


そうすると、眠くなる時間が後ろにずれていくので


帰宅後は、極力明るさをおさえてください。


(上記と同じく200ルクス以下)




・夜の対応が難しい場合、


目覚めてから3~4時間以内に


2500ルクス以上の光を浴びましょう。


日中の覚醒度が高まり、眠くなる時間が


1時間程度早くなります。






<中高生>


・思春期に入るとなかなか、


親が言っても聞かなくなります。


できるだけ、塾帰りの


コンビニの立ち寄りは控えるように、


その”理由”も沿えて伝えてあげてください。


 


学力UPのためには、


「良い睡眠」を取ることが不可欠です。


せっかく塾に通って頑張っていても、


睡眠がおろそかになっていると


学んだこと、覚えたことを脳の中に格納できず、


記憶力が大きく低下してしまいます。


 


そういった理屈で理解させることも、


この年代になってくると必要になると思います。





<出典:photoAC>





・もう一つ、言っても聞かないなら


「環境を変える」ことです。


北欧では、コンビニ型の店舗さえ、


「暗い電球色」を使用しています。


もし可能であれば、リビングやこども部屋の電球を


オレンジ色の電球に交換し、


少しでも照度を落とす工夫をしてみてください。





<出典:photoAC>




このように、オレンジ色の電球にしたり


蛍光灯はつけずに、ダウンライトや


間接照明だけにすることも


効果が期待できそうです。





・スマホなどから出るブルーライトも


明るさ調節機能で明るさを落とすのも


かなり効果的ですよ。





ぜひお試しくださいね。





【参考サイト】


照度計おすすめ人気ランキング10選


https://my-best.com/6590






///////////////////////////////////////////




【本日のまとめ】


✔︎睡眠の質を下げてしまうその正体は夜の「光」


✔︎コンビニの明るさは、昼間と同じ明るさ


✔︎コンビニの青色の波長は、睡眠ホルモン分泌を阻害する


✔コンビニたむろは、睡眠の質を低下させ、遅刻や不登校の原因になる


✔年代別の光のコントロール法






いかがでしたか?





次回は、


脳の疲労はヘッドスパが効果的!」について


お伝えします。




どうぞお楽しみに♪





皆様、


昨日配信のメールはご覧頂けましたか?


 



『読むだけで睡眠がととのう
こども睡眠ルーティーンBOOK』


 


全53ページを無料でプレゼントしています。

https://drive.google.com/file/d/1zW9QRfCcFAJoa2UrPH5o7I74PcpcNFf_/view?usp=drivesdk



 


この小冊子は、


メール講座で人気のあった記事を厳選し、


睡眠の質を良くする習慣などが


一日の流れにそって、まとめられています。


 


こどもの睡眠の質を高めるための


正しい知識と実践法を


復習することもできます。


 



これから始まる春休みも


リズムを崩さずに過ごせたら


嬉しいですよね。




ぜひ、ご家族みんなで


睡眠を意識して取り組んでみてくださいね。


 









こちらの記事を読んで、


ご質問やご意見などございましたら


お気軽に、このメールに返信してくださいね。






それでは、本日はここまで。


次回のメルマガもお楽しみに~^^♪






最後までお読みいただき、


ありがとうございました。




 


 



  

 


 





Facebook版


「こども睡眠オンラインサロン」(無料)では


一般社団法人こども睡眠カウンセラー協会の


マスター講師たちによる


「睡眠レクチャー」を行っております。


まだあまり知られていないこどもの睡眠の話が


無料で有益な情報が定期的に公開されているので


ぜひご参加くださいね。


参加したい方は、下記URLからお入りください。


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/386144268998957/?ref=share


 


また、こどもの睡眠を食事から


サポートするプロジェクト


「こども睡眠キッチン」への


ご参加はこちらからどうぞ


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/1593843787442001/


 





 


 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック