松村亜里

期待と自分の狭間 vol.340

2021/3/ 3配信


□■□■_____________



あなたの幸せが幸せな世界を作る
ニューヨークライフバランス研究所
メールマガジン 2021年3月1/2 vol.340
_____________________________□■□■



親愛なる皆様



 


こんにちは。
ニューヨークライフバランス研究所の
松村亜里です。


 


NYから、幸せを科学的に研究する
ウェルビーイングを広げています。


 


23594_松村プロフィール



 


________________
▼Ari's Academiaキャンペーン終了
________________


 


先日、担当者から、
「2月のAri's Academiaの
入会が過去最高でした」と
お知らせいただきました。


 


2月と3月の1,2日で
35名の方が新しく入会されたとのこと。


 


びっくりです。


 


クラファンの追加リターンで始めてから、
それまで迷っっていたけど、
この機会に体験してみて、
ガラガラと人生が変わったり
年間契約に切り替えたりされる方が
多いので、継続していましたが、


 


アカデミアのすごくいい雰囲気も保ちたいので、
『強みの育て方』発売記念
初月1400円のキャンペーンは
終了させていただくことにしました。


 


それを、3月2日の23時に設定して
昨日メルマガでお知らせの予定だったんですが


 


ちょっと落ち込んでいて書けず
今日になってしまったので
3月3日の23時で締め切りとさせていただきますね。


(今日もいつもより遅れちゃいましたが、
それでも出します!)


 


満席になっても希望される場合は
キャンセル待ちに入れておいてください。


https://resast.jp/events/319030


 


________________
▼息子の宿題ボイコット
________________


 


で、何に落ち込んでいたかなと
振り返ってみると3つ思いつきました(多いっ)


 


落ち込みってなんとなくくるけど
(後は、忙しい後に来る^^)
こんな風に言語化すること大切だと思っています。
そして、書いていて、
全てに共通することとがあることにも気付きました。


 


一つは、息子のことです。


 


以前のメルマガで書きました。
息子のストライキ



https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1653237


 


この後、ストライキは無事集結
親が宿題手伝ったりして


 


どうにかやっていたと思ったんですが
また宿題を出していないことがわかって
また夫が切れて(・・・・)
ゲームは取り上げられ(デジャブ・・・)


 


(この、〜しないと〜させないという
脅すスタイルは頭を悩ませている一つ。
特に思春期はもうダメでしょう。。。
他人は変えられないけど
私が変われば何かが変わるかもしれないけれど
それもできない無力感は感じます。)


 


でも、宿題はやっぱりやらないって。
息子の気持ちは固い。息子曰く


 


一日6時間、
半分ZOOMで半分教室なので
一方的になるつまんない授業は
ちゃんと受けてる


その後まで、大量の
それも面白くない宿題はしないって。。。


 


勉強がわからないわけではない。
逆に簡単すぎるそう。。。
そのわかっていて意味もないことを
永遠とすることを拒否しているんですね。


 


きっと、これまで頑張ってきたけど
もうそれもできないというフェーズなのかと思います。


 


そして、今回の事で気づいたのは
自分が息子を結構コントロールしてきた
ということ。


 


大体、宿題しよう、とか
〜してねー、とか言うと
やってくれていたので、


 


え、あ、言ってもやらないんだ!
と言うのは新鮮で、
どうしていいかわからなくなるんですね。


 


つまり、これまでは
本当に思い通りにさせてたのではないかなって。


 


一方、妹は、3歳くらいから
意思がはっきりしていて
嫌なら絶対やらないから、
最初から諦めていたところがあり


 


お兄ちゃん、これまでがんばってきたのだなと。


 


厳しく育てられた夫は、
怖がらせる傾向があり、今回も、
宿題やらなかったら
ああなってこうなってホームレスになるって
言ってた。。。呆れる。。。ンなわけない。


 


これ意味不明に役立たないんですけど。
むしろ害。
愛からでなく恐れから生きて欲しくない。。。


 


私の方は、つまらない事でも
宿題なんだから、ちゃんとやって欲しいという
気持ちが全くないことはないですが


 


それよりも、
つまらない事やらなくていいんじゃないか、
嫌だと言えるって結構いいじゃん


 


と言う気持ちの方が実は強いかも。


 


私自身、勉強は中学校まで。
でも、やりたいことが見つかったら
猛烈に勉強したし、


 


今の時代、暗記は必要ないし
考える力を養う授業でないなら尚更必要あるかなと。


 


これまでも、
楽しくなきゃやらなくていいと思っていたので
嫌なことは無理やり続けさせなかったし



ここへきて、宿題はつまらないけどやりなさい、
学校はつまらないけど行きなさい、というのは
矛盾している感じもする。


 


それで、今は一度気分転換したほうがいいのではと思って
悩んだ末決行していた日本行き、
息子も同行することにしました。


 


それを夫に相談すると
そんなことは無理、3週間も休むと落第して
もう一年8th Gradeやらなくちゃいけないよ
というのをソッコー無視して(私ってば・・・)
校長に直接相談しました。


 


そしたら大丈夫と言うことになり、
もともと春休みに日本に連れてくる予定の
息子の航空券を早めて、
3週間早くいくことになります。


 


彼には、世界は広いって見せてあげたい。
そしていろんな経験を積んで
何か興味のあることや夢中になることが
見つかればいいなあ。


 


3週間仕事に集中できること
楽しみにしていたのですが
今はこっちの方が大切です。
踏ん張りどころ。


 


と、結構すっきりしているのですが
なぜ落ち込んでいるのかなと探っていたら
人からの目を気にしていることに気づきました。


 


なんといっても、私、
子育ての本書いているんですよね。。。


 


それも、「世界に通用する子どもの育て方」
っていうすごいタイトル。。。


 


そんな本を書いているのに
息子が宿題やらないって、
どう思われるか気にしている部分が
あるのかなと思います。


 


高学歴を狙う本のように間違えられやすいのですが
「世界に通用する子ども」の定義は


「世界中どこにいても幸せで
自分のワクワクと強みを使って
目の前の人を幸せにできる人」
と定義しています。


そういう意味で言うと、今息子が
私自身がかなり疑問を感じている
現代の教育システムにNoと言っているのは
私の考えと一致していると言えるのでしょうか。


 (第1章ね)


 


何も問題なく、楽しく宿題して
楽しく学校行ってくれたら良かったと思うけれど


 


この経験も、
実はとても価値があることなのではないかな。


 


友達と話をしていたら
こんなメッセージをもらいました。


 


友達「思春期には、脅しも騙しも効かない
ということだよね。そんな年に
なったということだね。誇らしいね。」


 


こんな風に言える友達もすごい。


 


そして昨日、ちょうど、夫が
こんな写真FBにアップしていました。


 


息子1歳2ヶ月。すやすや


写真の説明はありません。


 


最近は、小さい頃の写真が
出てくると、悲しい気持ちになる。


 


あんなに可愛かったなあって。


 


14年間、すくすく育ってくれて
ありがとう。


 


すでに親孝行は全て済んでいる。
本当に笑顔を見ているだけで
幸せにさせてもらったなあ。


 


可愛い、優しい、
笑顔が部屋を照らして
いつもママ大好きと言ってくれていたあなたは
(いや、今でもMama, I love youとは言ってくれる^^)


 


これまでは、親や社会の価値観を
一生懸命生きてきたんだね。
無意識だろうけど、期待に沿おうと
一生懸命だったと思う。


 


そして、そんな年代から
自分の価値観を探している時期に
変わっている時期。


 


期待に応えるより、
自分の中にある価値観や決定を
大切にする時期。


 


これは嵐の時。簡単でない時。


親も辛い時。
 


でも、ママはこれまでの反省を生かして
あなたの話をよく聞いて
一緒にワクワクを探して
あなたの幸せを1番に願って
手探りの今の時期を一緒に進んでいきたい。


 


そう考えたら、問題が実はチャンスで、
この経験は、何をもたらしてくれるのだろう
と考えたりしました。


 


一つメッセージとして感じるのは
もっと関わってほしいという事。
仕事が忙しいことにかまけて
何の問題もないからと、
放置しすぎてしまっていた。


 


コロナが始まってから、
「朝7時から夜11時までずっと働いて
クレイジーだっ」て
何度息子に言われたことか。。。


(間休んでるけど、子どもとの時間が
軒並み仕事なので)


 


これ、「もっと関わってほしい」
というメッセージだったんだと思います。


 


友達とリアルで関われないことも大きい。
その分家族で関わってあげたい。


 


もう一つは、親の勝手な期待を
押し付けていたという事。



数学も課題しないから成績は悪いけど
テストは98点取ってるし、


 


今日知ったけど
もう一年先の高校生(日本では中学3年生)
の算数だったらしい。


去年アドバンス の数学をとっていたので
中学生の部分は全て終わったそう。


 


そして、科学も高校生の授業とってて
宿題が多いのもわかる。


 


これは100%親のエゴで、



去年、成績優秀者に
「希望するなら、
高校生の科学の授業が選択できます」
とお知らせがあった時


 


息子は特に興味がなかった。


 


でも親がとって欲しかった。。
そうすると、やっぱり期待に応えようと
したんだと思う、受けることになり。


 


結果、1年早く、
もしかしたらまだ準備ができる前に
宿題漬けの毎日にしてしまったのかも。


 


そういうことが今まで繰り返されてきた気がします。


本人より親の期待に合わせるような。
スッと聞くので気づいていなかった。


 


もう一つは、


強みの講座がすぐ満席になったことで
多くの方をがっかりさせたり、
不快にさせたりしてしまい


 


どうしても取りたかった
申し込みが集中したせいでエラーになったなど
個別メッセージもたくさんいただき
お答えできないことでも落ち込みました。


 


多分 HSPで、
結構気にしてしまう。


 


例えば、メルマガ読者優先ではなく
Ari's Academiaの人が
優先案内されるべきだったと言う
お言葉をいただいたり。


 


でも、今回のことは、40席が6分で
満席になるとは
誰も想像していなかった事、


 


また、私たちのやりたいことは
強みや幸せになる方法を、
広げていく事でもあり、
新しい方にも受講してもらいたい事



また、新会社「強みコンパス」は、
私の力というよりは、
思いをともにして立ち上げてくださった方がいて
その方の周りの方も受けたい方もいて、


 


もし、私が半分の20席をアカデミアの人
に優先案内したとしても
200名以上のグループで
すぐ満席になったのは
変わらなかったかもしれません。


 


こういうのは広がっていく時
毎回あって、


NYから日本へ広がる時も
NYの方の中にはとても不幸な方もいて
それがまた辛かったです。


 


ありさんの講座が受けられるのは
NYに住んでいる人だけだと思ったのに、と
言われたなあ。。。


 


そんな時の悲しみは、
私が何のために活動しているのか
わかってもらえていないのかと
感じることもあるけど、


 


大きいのは、「期待に応えられない」ということが
負担になるといことかなと。


 


NYで学ぶ人たちだけのために
教えてほしい期待に応えたいけど
私の理想がある、


 


希望者にはみんな受けていただけるようにしたいけど
家族との時間を大切にしたい、


 


息子も私も
周りから期待していただくことと
(ありがたいことです)
自分自身の気持ちや価値観の中で
葛藤している時期ですね。


 


そして、最後の一つは、
ある認定講師さんが、
あまり自分を知ってもらう活動をされていないので、
その理由を聞いたら


 


「亜里さんのメルマガで紹介されたら
すぐに集客できる(から努力しなくていい?)
と他の認定講師に聞いたから」というものだったこと。


 


これは、地に落ちるくらいがっかりしました。


 


実際そんなことは全然ないですよね。


 


受講される方は、大切な時間とお金をかけて
受講されるわけですから、
誰からうけるかをちゃんと選びたいと思います。



自分が何者で、どんな思いで活動し
何を提供できるか、受講するとどう変わったのか
そのような発信する努力をしないと、
集客には繋がりません。


 


それは、次の「強み」の講座も同じです。


 


資格があるから、
松村の講座だから人が来るということはなくて



結局はその「人」がどうかということで、


自分が自信を持って進められるか
どれだけ相手のことを思って
自分がどんな人であるか伝えられるかが
鍵となります。


 


だから、認定講師さんたちが
自分で立っていくためにも
私が集客してはいけないんですが
その期待に応えられないことは辛いです。


 


お互いの人生のテーマが
リンクしているなと感じました。


 


「強み」の講座は
学びたい方がたくさんいらっしゃるので
録画コースを整備することにしました。


 


一度4月とFBに掲載しましたが
いつからになるかは今はわかりません。


 


この春は、「(自宅から)幸せが広がる
オンラインファシリテーションと
ストックビジネス」という


 


これまでの経験を全て詰めた
完全オンライン講座も開催しています。
(満席で受講できない方が出るのを
回避できるので増えていきます)


 


これも、多くの方が、
オンラインでいい講座が開催できて
時間や経済的な余裕が持てればと願って
本当に力を入れていて



先週「オンラインでの心理的安全性の作り方」
の動画も気をつけている事が50個くらいあり
何日もかけて準備しました。


 


そして、14歳にして息子の
もっと関わってほしいサイン。 


 


なので、断腸の思いですが
私のペースでできる範囲で
進めていきますので、
どうかどうかご理解お願いいたします。


 


そのプロセスでは
期待に添えないことがあると思います。


 


それでも、もう私の周りにいる方たちが
本当に本当に本当に!力をつけているので
その方たちから学べる機会をご活用ください。


 


__________
▼ 学べる機会
__________


 


⭐️認定講師による講座


https://lifebalanceny.org/event


 


 


⭐️幸せチャンネル アカチャンネル動画


今週も本当に素晴らしかったです。
こんなに人って自分で変われるんですね。



デビンスキ 奏穂さん、錦戸茜さん、Yuko Kawasakiさん、テキストの画像のようです


 https://www.facebook.com/groups/532205457491976


 


※助産師あかねさんが始める、ベーシック講座はこちらから。


4/13【火曜 10時】「世界に通用する子どもの育て方」 ベーシック


 


※毎週月曜日に、ここで研究所のイベントを掲載します!


 


⭐️Shiawase2021 ワークショップ
ポジティブ心理学コンサルタントや
認定講師さんたちが無料WSを提供します!


写真の説明はありません。


テーマは、強みから自己肯定感まで多様、
そして、子育て、教育、キャリアまで、
きっと興味深いものがあるのでは?


https://shiawasesymposium.com/2021/wp/


 


 


⭐️Clubhouse 3月4日 朝9時半〜


「強みの育て方ってどうするの?」
コミュニティの専門家 中里桃子さんとの対談


https://www.joinclubhouse.com/event/MOJJB0vQ


 


 


⭐️(自宅から)幸せ広がる
オンラインファシリテーションとストックビジネス


23594_ytflntyzyzhiyjq5z


受講案内希望


 


 


 ⭐️今後準備中の講座


・強みBASIC, ADVACE録画講座


 


・ポジティブ心理学セミナー動画セミナーリバイバル
(ポジティブ心理学コンサルタント養成講座が
延期になってしまったので、その方達の準備ともなります)


 


・養成講座
 ポジティブ心理学コンサルタント®︎
 NYLB認定講師養成講座



 

 

 


□■□■_____________



あなたの幸せが幸せな世界を作る
ニューヨークライフバランス研究所
メールマガジン 2021年3月1/2 vol.340
_____________________________□■□■



親愛なる皆様



 


こんにちは。
ニューヨークライフバランス研究所の
松村亜里です。


 


NYから、幸せを科学的に研究する
ウェルビーイングを広げています。


 


23594_松村プロフィール



 


 






・配信停止はこちら
https://resast.jp/page/ss/


 





 


 



Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック