好浦 友佳子

私ヨガを辞めます宣言!人生100年時代、長生きと言うリスク

2021/2/23配信

 

皆様、おはようございます。


リトリートスタジオHARERAMA
好浦 友佳子です。



今日も開封してくださり有難うございます。



ワタクシ、時折思います。


「人生100年時代」
「長生きと言うリスク」


なんて言葉を聞くと............


 



今の健康がコ・ワ・イ


 



私、元々とても病弱で
30歳までは、
きっと長生きはできないな


と思っていたんです。



それがヨガに出会ってからと言うもの
年齢を増すごとに
健康になってきています。


風邪もひかなくなったし
冷え性も無くなったし
ひどい生理不順も改善
首の痛みや吐き気も無くなって
腰痛も出なくなって


すこぶる体調が良いのです。



あぁ、このまま行けば
長生きしそうだな〜って


思うワケです。


 


 


でも、「長生き」はリスクらしいので


 


 \私、ヨガはもう辞めます/


 


 


とか言い出したら
度肝抜かれますわな(笑)


方向性間違ってまんがな!って


 


人生100歳時代だからこそ
出来るだけ病気をしない体作りをして


理想のピンピンコロリを叶えたい


そのためには、
やっぱり適度な運動は欠かせません。



もちろん病気をしないための
健康的な食生活も大切だけれども


いくら健康的な食事を心がけていても
内臓的には健康かもしれないけど



日常的な運動不足は
骨をもろくして、骨折のリスク大!


「骨を上部にするためカルシウム
 摂っておけばいいんでしょ?」


と言う方もいらっしゃいますが


ノン ノン ノン !!!!


 


骨っていくらカルシウム摂ってても
外部からの刺激がないと
育たないばかりか、スカスカになって
骨そのものが小さくなっちゃいます。


だから歳をとると
背が小さくなっちゃうんです。


背骨の間が狭くなるから
背が縮むのではありませぬ。


 


この骨の健康を維持する
外部からの刺激、これこそが


『運動』です。


運動が、骨に刺激を与えて
丈夫さを維持してくれるのです。


 


でも、ちょっと待った!



たとえ
「私は運動してるから大丈夫♪」



と思っていても
正しく運動ができていないと
逆効果になることも!?



体の歪みがある状態で
運動を闇雲に続けると


老いた時、股関節や膝関節などの
変形を招くリスクが高く
(ヒドイO脚とか?)


関節が変形すると痛みで
自分の足で歩けない
介助が必要な暮らしになってしまいます。


 


体の中身は元気だけど
自分の足で思うように動くこともできず
誰かの手を借りて
暮らさなきゃいけないなんて


ほんと悲しいじゃありませんか。



だからこそ、私は
解剖学と言う体のメカニズムを応用して
体に優しく、効果てき面なヨガを


アツ〜く指導していますし


そう言う指導ができる先生をもっと増やして


せっかくの100歳人生を
健康的に楽しむ人を
どんどん増やしていきたい!


と思っておるのです。


 



ってことで


人生100歳時代、
健康維持は大きな課題ですな。


 


 


それとやっぱり気になるのが


 『お金のコト』


老後破産なんて言葉もあるくらいなので
明日は、ヨガとお金の話をします。



ではまた明日^^


 



自分と過ごす極上の時間と空間を提供する
【リトリートスタジオHARERAMA】


好浦 友佳子


 



▼配信停止はこちら▼
https://resast.jp/page/ss/


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック