好浦 友佳子

インドの本気ヨギーがやる洞窟での瞑想修行を体験!

2021/2/22配信

 

皆様、おはようございます。


リトリートスタジオHARERAMA
好浦 友佳子です。



今日も開封してくださり有難うございます。



ワタクシ、昨年、
生徒さんにお誘いいただき
アドベンチャー部に入部しました。


部員まだ3人やけど(笑)


 


滝壺にドボンと落ちたりしながら
体一つで川を滑って流れて降っていく
キャニオニングと言われる
山アドベンチャーや


大人用に作られた
本気のアスレチックとか


スリリングな大人用のジップラインとか



40歳にして外遊びに夢中です。


 


で、2021年 第1回目の
アドベンチャー部の部活動は


【洞窟探検(ケービング)】



奈良県吉野群川上村の
とある洞窟に入り
2時間かけて探検してくる
と言うもの。



上下つなぎのウェアを着用して
ヘルメットにヘッドライト


本気のやつやん!って


 


で、今回ガイドさんのご好意で
洞窟の奥で瞑想体験を
させてもらったのですが


それが凄い体験だったのです。



昔の人はこうして
瞑想していたのかー!と


衝撃すぎたのだけれど........


 


インドでは、洞窟にこもって
瞑想修行をするのは、
昔の人に限ったことではなくて


私のインドのシヴァナンダヨガの先生も
確か8ヶ月間、洞窟にこもって
瞑想修行をされていたことがりますし


本気のヨギーたちにとっては
今でも、まあまあ当たり前に
行われていることだったりするのかな。



洞窟にこもらなくても
ただひたすら毎日石の上で
瞑想をしている人もいますしね。


お尻痛くないのかね?



って、そんな甘っちょろいこと
言ってたら話にならねえわ!
って言う次元なのだと思いますが


 


今回のアドベンチャー部では
約1時間かけてたどり着いた
その洞窟の一番奥で


全てのライトを消して
本当の真っ暗闇の中で


ガイドさんと私たち部員3人で



マントラのチャンティングと
瞑想を行いました。


 


本当の真っ暗闇の中に入ると
目を開けていても、閉じていても
どちらも変わらないわけです。


だけど、人によっては
目が慣れてきて周りが見えることがあって


これは、目が慣れて
見えるようになった訳ではなくて



目を開けているのに
何の光も見えないことに
脳がパニックを起こして


見えてもいないものを
あたかも見えてるかのように
映像化してしまっているそうです。



真っ暗闇の中で
1時間も目を開け続けたら
やがて本当に人はパニック状態へと
陥ってしまうらしく



 「真っ暗闇に閉じ込められた時には
  必ず目を閉じなければいけませんよ」



とガイドさんに教えられました。



そんな環境の中での
オームチャンティングですが


その音の振動が細かくて
細胞に響くのが分かるほどでした。



普段は外からの情報が多すぎて
感じることができない
オームの音の振動を


外界からの刺激が
極力抑えられた環境だからこそ


敏感に感じ取ることができます。



音の振動は、携帯の電波のように
目には見えないものですが
物を破壊するくらいの威力が
あるわけじゃないですか


その振動を、わずかながら
感じることができたのです。


 


聖音 オーム


音には波動があり
エネルギーがあります


 


なぁ〜んて、スピリチュアルですか?
ちゃんちゃらおかしいゼ!


なんて思っていた
10年前の1年生ヨギーのワタシに
教えてやりたい。



音には振動があるだろう?


それのことだよ!


それも感じられないくらい
友佳子の五感は鈍ってしまってる
と言う残念なお知らせだよ!



って、ワタシに教えてやりたい(笑)



私ね、ほんま、


「チャクラ」とか


ハ?なにそれ?美味しいの?
アホちゃう。


くらいに思っていたのですから
人って変わるものですよ。


 


ただ、なにも知らなかった
ある意味ピュアだっただけ


とも言えますが.....


(無理矢理感ある?w)


 


話は戻りますが


まあ、とにかくこれまでで
2番目に気持ちが良い
オームチャンティングやったわけです。



1番目ちゃうんか〜い!って(笑)


 


不動の1番のオーム体験は
インドで満月と新月の夜にした
オームチャンティングです。


あれには敵わないな



でも、あれを
あの洞窟でやったら


洞窟崩れてまうんちゃうか?


と思うほどのエネルギーだと
思われるわけで


ま、そもそもあの人数で
洞窟には入れないだろうけど。


かなり狭小スペースだったので。



その洞窟オームチャンティングの
後の瞑想が


どれほど良かったかと言うのは
もう想像もつかないことと思いますが
それはまた、お酒の席のお話に
置いておきたいと思います。



と言うことで


アドベンチャー部での
洞窟探検の様子はこちらをご覧下さい


 ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


https://ameblo.jp/ysh-yukako/entry-12657390656.html



閉所恐怖症の人には
決して体験できない本気の洞窟です。


こんなところで本当に瞑想してたの?
と目を疑うこと間違いなし!?


 


それでは今週もよろしくお願いいたします。


 



自分と過ごす極上の時間と空間を提供する
【リトリートスタジオHARERAMA】



好浦 友佳子


 




▼配信停止はこちら▼
https://resast.jp/page/ss/


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック