永徳 由一郎

大人になってからの学び

2021/2/18配信


皆様


日本人のコミュニケーションスキルを高めたい


徳永 一郎です。


31712_img_96391


学生時代の反省


大人になってからの気づきの中に学生時代の勉強に費やした時間があります。


学生時代にもっと勉強しておけば今とは違う道が開かれていたかもと後悔した人は多くいるでしょう。


学校を卒業すれば、有名な歴史上の人物や難しい植物の名前を覚えても何の役にも立たない


という主張を耳にしていました。


でもそれが間違いだと気づくのは大人になってからです。


無駄な知識などない


日常生活に直接関係ない知識こそ、普段のコミュニケーションで役立つ時があります。


世の中に存在する言葉をどれだけ知っているかで会話は広がるし比喩や表現も上手くなりますよね。


学びを積みかねてきた人の特徴です。


 


また人格も形成されます。


学生時代不勉強だった人はいわゆる精神論を使いたがります。


精神論は人によって答えが違うものであるからコミュニケーションという側面で捉えると


隔たりが生じやすいのです。



大人になってからの学び


勉強を継続するからこそ世界が広がり多くの価値観と出会えます。


つまり心が広くなり人の意見も受け入れやすくなります。


 


プレゼンテーション道場は様々な職種の人たちが集まります。


自分の考え、価値観をアウトプットする場所であり、そこには自分の知らない世界が描写されます。


つまり多くの価値観と出会える場所なのです。


プレゼンテーションは一度に多くを知りたいと考えている方にお勧めの勉強法です。


 


大人になってからの学びに最も相応しい場所がプレゼンテーション道場なのです。



 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会