好浦 友佳子

ヨガの哲学に興味が湧いたら一番最初に読む本

2021/2/18配信

 

皆様、おはようございます。


リトリートスタジオHARERAMA
好浦 友佳子です。



今日も開封してくださり有難うございます。



先日、このメールレターを
読んでくれているお友達と話していたら


「ヨガの哲学の話しとか面白い!
 もっと聞きたいな〜」


って言ってくれまして
と〜っても舞い上がった私(笑)



ってことで今日は私が


ヨガの哲学に興味が湧いたら
一番最初に読むのに最適なオススメの本


をご紹介します。


 ▼ ▼ ▼ ▼


「ヨーガに生きる」
中村天風とカリアッパ師の歩み


https://amzn.to/3dk7PxL



日本に現代のヨガを伝えた
第一人者とも言われる


明治時代に政財界に
大きな影響を与えた
中村天風(テンプウ)が


ヒマラヤでヨガに出会った時の
当時のお話を物語にした本で
とても読みやすいものです。


 


と言っても、
いきなり本を紹介されたとて
買ってまで読もうとは思わないだろうから


この本の中のエピソードを
一つご紹介します^^



---------------------------------
8章【花園と墓場】より


夜になると「マナ」が飛ぶ
マナとは悪魔のことで
夜はそのマナが支配する世界。


もし、心の中に怒りや悲しみ恐怖などの
ネガティブな感情を持ったまま
夜を迎えると


すぐにマナが心の中に飛び込んできて
魂が奪われてしまうから
夜には気持ちを沈めて
ネガティブな感情を
追い出してしまわねばならない。
---------------------------------



だって。


 


つまり。



夜はネガティブなことを思い出したり
そんな感情になりやすい


けれども、夜にそう言う感情を持つと
ドツボにはまってしまうゼ。



悲しいことをはより一層悲しく
恐怖心はより一層怖さを煽り
怒りの感情はどんどん増すばかり


こう言う感情が増幅すると
人間の精神はやられてしまう。


鬱になって精神崩壊してしまったり
自傷行為や他者を傷つけるような行いに
走ってしまうことだってあるんだから。



って言う話で


これを「マナに魂が奪われた」
と表現しているわけです。


 


だからこそ、夜を迎える
日の入りの頃に瞑想をして
心を落ち着けるのが良いと
ヨガでは言われていますし


朗らかに過ごすよう心がけたり
楽しい話題で家族と団欒したり
良い音楽を聞いたりするのもいい。


とも言われます。



そして日が暮れたら早く寝て
夜明け前には起きて
瞑想や呼吸法をして1日をスタートさせる。



ヨギーが早寝早起きをするのは
ただの「健康思考」なだけではなかった
と言うことです。


精神状態をイイ感じに保つために
重要なことだった。


と言うエピソードですね。


 


今時のヨギーが早く起きるのは
仕事もあって日々忙しく


朝からヨガをしようと思うと
早起きせざるを得ないから


と言う理由だとは思うけれど(笑)



本来は、
心にマナが入ってこないように
夜は瞑想でとっとと
穏やかな気持ちをゲットして


とっとと寝床に入って寝てしまえ



と言うことだったのかな
と伺い知れるお話でした。


 


確かに、
昼夜逆転生活をしている人には
精神状態が良好ではない人が
そうでない人に比べて
多い傾向があります。



私が行なっている
ヨガティーチャートレーニングでは
早寝早起きを課題にしているくらい(笑)


ヨガの哲学を学び
ヨーギーな生き方を
実践していこうって言うのだから


そう言う生活の基本的なところから
見直し、改善してヨーギーライフを
楽しんでいただきたいと言う


私の願いなのです。


 


ってことで、
ちょっと話は脱線しましたけど


ヨガの哲学に興味が湧いたら
一番最初に読むのに最適なオススメの本


 ▼ ▼ ▼ ▼


「ヨーガに生きる」
中村天風とカリアッパ師の歩み


https://amzn.to/3dk7PxL



読みやすくて、
色々面白いエピソードが
書かれていますので


ぜひ読んで見てください^^


 


それでは、また明日。


 



自分と過ごす極上の時間と空間を提供する
【リトリートスタジオHARERAMA】



好浦 友佳子


 



自宅でいつでも何度でも
Yukakoのレッスンが受け放題!


HARERAMA オンラインスタジオ
動画レッスンはこちら▼


https://resast.jp/conclusions/5168




▼配信停止はこちら▼
https://resast.jp/page/ss/


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック