松浦洋子

より良いパートナシップを築くために一番大切なこと

2021/2/16配信


皆様、こんばんは。


リトルッカの松浦です。


 


 


前回のメルマガを配信した後で


「桃の花の季節を楽しみにしています!」


と、何名かの方からメッセージをいただき、


ありがとうございます^^


 


 


目下、正城店長と楽しい企画を


練っておりますので、


今しばらくお待ちくださいね♪


 


 


今日は前回に引き続き、


パートナーシップのテーマでお届けしますので、


必要ない方は、この先は読まないでくださいね。


 


 


 


さて、昨日の東京の虹は見事でしたね!!!


FBではあちこちに虹の写真がUPされていて


気分が上がりまくりでした⤴️ 


 


 


 


気分が上がるって、いいですよね。


ウキウキする、


ワクワクする


そんな時、皆様は自然と笑顔になれて、


パートナーや家族にも


優しくなれるんじゃないでしょうか。


 



 


 


いつも気分良く過ごせたら、


どんなに素敵でしょう♡


 


 


 


 


ところが、そうもいかないことが多いのが


人生と言うもの。


 


 


お天気や、仕事の状況、


夫や子供たちの機嫌など、


自分以外の外的要因によって、


 


なんとなくやる気が出ない、


気持ちがふさぎこんでしまう、


ブルーな気持ち


はたまた、イライラ、モヤモヤする〜


 


 


などなど、


「上がる」気分とは真逆の気持ちになること、


ありますよね。


 


 


 


そんな時、皆様はどうしますか?


 


 


・誰かに自分の気持ちを聞いてもらう


・ノートに状況や気持ちを書いてみる


・お気に入りの場所に行ってみる


・いつもよりちょっといいものを買って気分転換する


・美味しいものを食べたり、飲んだりする


・さっさと寝る





など、色々工夫されているのではないでしょうか。


 


 


どれもきっと気分を良くする効果はあると思いますが、


ここで忘れてはいけない大事なこと、


それは、


そんな浮かない気分でいる自分を


ありのまま、そのままを受け止めてあげること


なんです。


 


 



 


 


そう、気分を上げる努力をする前に


一旦、立ち止まって、


自分の心を見つめてみることが


とっても大切なんです。


 


 


 


おそらくリトルッカのお客様は


真面目で、正直で、頑張り屋さんで、


もしかしたらちょっとだけ


完璧主義な面もあるのではないでしょうか。


(地球環境を大切にしたお料理に興味を持ってくださると言うだけで


決めつけ過ぎかもしれませんが・・・^^;)


 


 


 


そう言う方は、


ネガティブな気持ちでいること自体に


罪悪感を感じてしまい、


どうしても事態を早く打開しようと努力しがちです。


 


 


かく言う私も


少し前まではそうでした^^; 


(といいますか、今も時々そうなります)


 


 


何度か書いていますが、


ANAを退職して家にいる時間が増えた時、


もともと自営業で家で仕事をすることが多い夫の存在が


なぜか、気になって、


しかもそれはポジティブな反応ではなく、


例えば、


 


「ああ、なんで夫が家にいつもいるんだろう?(日中家にいないサラリーマンだったらよかったのに・・・)」


 


とか、


「自分のためだけにコーヒーを入れたい(夫がいなければもっと気楽でいられるのに)」


とか、


 


「たまには夫は一人で昼ごはんを外で食べに行って欲しい!」


 


などと考えては、


そのたびに


「こんなふうに考えるなんて、私は悪妻だ〜」


と罪悪感にさいなまされていたのです。


 


そして、その罪悪感から逃れよううと


もがいて、とにかく状況を改善したくて


自分を変えようと何かをやってみないと


気が済まないんですね〜(苦笑)


 


 


 


でもね、行動に移す前に、


まずは


ありのままの自分の心を


そのまま受け止めてみるんです。


 


 


 


「なんとなく、イライラするね」


「コーヒーは自分の分だけ入れたい時もあるよね」


「ああ、私、家で一人でいる時間を持ちたいんだ〜」


 


と言う具合に。


 


 


もし寄り添えないほど罪悪感が大きかったら、


ただそう言う気持ちでいることを


受け止めてあげてください。


 


 


 


「そう言う時もあるよね」


「今はそう思うんだね」


 


と、ただただ皆様の気持ちを


そのまま受け止めてあげるんです。


(受け入れられなくても、受け止めるだけでOK!)


 


 


 


そして、そのネガティブな状況を


できれば自分に許してあげてください。


 


 


「旦那と仲良くできなくてもいい!」


「お昼ご飯を作れなくてもいい!」


「自分の分だけコーヒー入れてもいい!」


 


ってね。


 


 


 


そして、そのあとは


気持ちを紙やノートに書くのもおすすめです。


書くことで驚くほど心の整理が進むものです。


 


 


心の整理がつくと、


次にやるべきことが自然と見えてきます。


 


 


さらに、できれば誰かに


ノートに書いたことを


そっと聞いてもらってください。


 


 


 


人は誰かに自分の気持ちを聞いてもらえると


孤独感から解放されるものです。


 


 


もし話を聞いてくれた人からの言葉があれば


さらに新しい視点で


問題に向き合えて、


良い方向(解決)に向かうこともできますね。


 


 


 


いかがでしょうか。


 


1、自分の気持ちを、ありのまま、そのまま受け止めてみる


2、その気持ちを文字にしてみる


3、文字にしてみたものを、誰かに聞いてもらう


 


 


これができる環境があれば


皆様のパートナーへの


イライラやモヤモヤは


必ず良い方向に解決できるはずです。


 


 


今週末から始まる1週間の


LINEグループカウンセリングは、


この3つのステップが


自然とできる環境が整っています。


https://www.reservestock.jp/events/530501/


 


 


出会いは必然。


ここできっと皆様にぴったりの


素敵な仲間に出会えますよ(^_−)−☆


 


 


 


私がナビゲートすることで


共感コミュニケーションをベースにした


温かいやりとりができますから、


どうぞ安心してご参加くださいね。


 


 


素敵な仲間と、夫婦間のモヤモヤやトラブルを


一緒に解決していきましょう(^_−)−☆


https://www.reservestock.jp/events/530501/


 


 


夫婦や家族が最高のチームになれるよう


全力でナビゲートさせていただきます! 


 


 


今日もお読みくださり、ありがとうございました。


皆様のパートナーシップが


今より幸せになりますように♡


応援しております!


 


 


 


リトルッカ


~オーガニック野菜と自然派ワインのレストラン~


完全予約制


《予約TEL》09057658469


《オンライン予約》https://www.litorukka.com/contact-us


《住所》練馬区早宮4-27-10-5


《ホームページ》https://www.litorukka.com/home


《facebook》https://www.facebook.com/litorukka/?ref=br_rs


《インスタグラム》 https://www.instagram.com/litorukka/?hl=ja


 



  

 


 



 



「夫婦の危機があったからベストパートナーになれた!!」


バツイチの元国際線CAがお伝えする


10日間の無料メール講座


【最高のパートナーシップを築く♡コミュニケーションの秘訣】


 
ご登録はこちらから。
↓↓↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/108558/




 



イベント・セミナーのご案内




夫がテレワークになり、自宅での作業に集中しずらい、でも自分の仕事をしっかり進めたいワーキングママへ

18_odriztrimjg0yme3y






 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック