松村亜里

いちばん大切なこと & 強み講座の詳細 vol.338

2021/2/16配信


□■□■_____________



あなたの幸せが幸せな世界を作る
ニューヨークライフバランス研究所
メールマガジン 2021年2月15/16 vol.337
_____________________________□■□■



親愛なる皆様



こんにちは。
ニューヨークライフバランス研究所の
松村亜里です。


 


NYから、幸せを科学的に研究する
ウェルビーイングを広げています。


 


23594_松村プロフィール



 

前回は、強み講座にたくさんのお問い合わせ

ありがとうございました。

 

 

コンピューターの前に座って準備します!
という方もたくさんいらして光栄です。

 

 

が、ご自分に合う資格かどうか
じっくり考えていただきたいので、
やっと告知ページが出来たのでお送りしますね。

 

 

じっくり考えてから、興味のある方は
18日(木)夜21時〜お申込できます。

 

 

想定できる質問は全て告知ページでお答えしています。


よくお読みいただいた上で、
もし他に質問がありましたら
このメールに返信する形で事務局までお願いいたします。

 

 

(松村への直接のメッセージは
多すぎて対応ができませんので、ご了承下さい)

 

 

一つだけお伝えしたいのは

 

この資格を取らないといけない、ということは
全くありません(当たり前ですが^^)

 

 

質問で、「〜しないといけませんか?」というのが
あったので、気になったので。

 

 

VIAの性格の強み調査表自体は無料ですので、
個人で学んで
自分や仕事に活かすことが出来ます。

 


認定ポジティブ心理学コンサルタントや
NYLB認定講師の方も、

 

 

既に「強み」の研究が生まれた
ポジティブ心理学やウェルビーイングという
強みに特化しないより広い分野を学び
認定を受けていますから、この別の資格を
とらないといけないことはありません。

 

 

性格の強みの伝えたいメッセージは
「あなたは十分である」ということです。

 

 

「臨床心理士」という資格を持っていても
クライエントの役に立たないカウンセラーも
いますし、

 

その資格を持っていなくても
素晴らしい活動をしているカウンセラーもいます。

 

(その逆もしかり)

 

私の資格に対するイメージはそういうものです。

 

 

なので、自分が今不十分で
この資格を取ることで十分だと感じたいというような
恐れや欠乏感からでなくて

 

 

強みを深く学ぶこと自体が
自分がわくわくすることであり

 

 

認定後、その講座を伝えて強みを知ってもらいたくて、

 

自分で作るより松村の作った講座を教えることが
準備が少なくて効率的だなとか


この仲間と、長い時間かけて学ぶことで
得る深い理解を、自分の人生や仕事に
活かしたいと思っているなど

 

そこにわくわくや愛がある方
そういう方は考えてみてくださいね。

 

 

私達も、「強み」という共通言語ができて

強みを広げたい方たちが
効率よく最小の力で

良いコンテンツを使って人の強みを引き出したり

 

 

既に持っているお仕事に、
深い強みについての理解を組み合わせることで

 

より、効果的に、関わる人の強みを引き出して
その人の幸せが高まり

より仕事にやりがいを感じられる

 

こんな好循環を願って
講座や組織を構築していきます。

 

 

 

さて、今は、フィラデルフィアの義理の妹の

家に来ています。

 

 

最後に来たのは、1年半くらい前かも。

 

こんなサンルームからClubhouseしたり

 

室内の画像のようです

 

 

一日中仕事していますが
夜は義理妹家族とワイン飲んだり
(リビングが素敵)

 

リビングの画像のようです

 

 

贅沢させていただいています^^

 

 

そうなんです。

 

 

NYは今日は、プレジデントディで祝日で
そして今週いっぱいは冬休み。

 

 

コロナのこともあって悩みましたが、
義理の母の調子が

一進一退を繰り返しているし

(母には直接は会いませんが)

 

あとは、親戚に久しぶりに会いたいということで、

同じ州に住んでいる義妹のところへ来ました。

 

 

私達家族もあちらの家族も
お互い、久しぶりに
誰かと一緒にご飯を食べたり、
子どももいとこに会えて本当に幸せそうでした。

 

 

(内緒にしてきたので
お寿司の出前が来たと思って出てきた

いとことうちのキッズがガシッと
ハグしてしばらく動かなかったのが

涙出そうでした。。。)

 

 

今回、私自信は来るか少し迷ったんですね。

 

 

ここ数年は仕事が本当に忙しかったので

夫が親戚の家に来る時は結構迷って。

 

 

毎回、一緒に来ないでNYに残って仕事したり
数日だけ途中から合流したりしていました。

 

 

で、今回もどうしようかと話していて
あまり悩まず「行く」という決断をしました。

 

 

会えることが貴重になって

何が大切かわかったんですよね。

 

 

彼らに最後に会ったのは一年半くらい前。
(夫とキッズは夏にあっています)

 

 

そして、こんな時間のために
私達は仕事をしているのであって

 

仕事のために繋がりをないがしろにするのは

本末転倒だと思いました。

(家族も友人も同じ)

 

 

2021年はまだ忙しいですが
(また新しい講座はじめちゃったし)
でも、この年が終わる頃には
とにかく、大切な人と過ごすことを

優先する生活にしていきたいと思っています。



あ、以前お話した
成績優秀だった息子が
膨大な宿題が嫌になっちゃって(ボイコット)
成績が落ちてしまった話のその後ですが

 

その後は毎日親と宿題を確認して
(8年生にして初)
先週なんて、社会の宿題が多すぎたので
夫が手伝っていました。

 

長ーい英文を読んで
質問に答えるのが4つ!
こんな宿題が他の教科からも出るし
「(先生が)怠慢だ、ふざけてる」と夫。

 

夫が2つやってあげたそうです。

 

宿題をやってない!!
とガミガミ叱り飛ばしていたのからは
大きい、良い変化ですね。

 

(私が手伝ってあげられないのが辛いところ)

 

そしたら先週、久しぶりに、
「スペイン語のテストで95点取ったよ!」
と嬉しそうに報告してくれました。

 

最近は68点とかだったから
またやる気が高まってきたかも。

やっぱり、勉強も日本語の学習もですが
子どもを一人で孤立させないこと
家族でチームとして関わっていくこと
大切ですね。


 

このまま見守っていきたいのもあるので
やはり仕事はできるだけ減らしていこうと思います^^
つれない人になりますが、許して下さい^^

 
では、以下お知らせです。
お知らせが多くて申し訳ありません!


最近は、様々なところからお声をかけていただき
シャイで無名な私ですが
緊張しながら声震えながら色々やっています。



これまでの本3冊と今回は
なんか違いますね。。。

ずうっと応援していただいていますが
もう一段レベルアップした感じで。

背中から強い風を感じるというか、
色んなお話がどんどん入ってきて。

やっぱり、強みを見る社会を創りたい人
たくさんいらして
その人達の思いが
NY・フィラデルフィアまで届いている感じです。


強みの本も発売して2週間が勝負なので
もうちょっとがんばりますね。


(とてもいい調子だそうです。
出版記念イベントまであと5日!
もう少し動くと嬉しいので
ご協力下さる方は無理のない範囲で
よろしくおねがいします)




1)10万部ベストセラーの
「自分でできる子に育つ褒め方叱り方」
の著者、島村華子さんにお声掛けいただいて
Clubhouseで雑談します! 木曜朝8時



Ari Matsumura @wellcraft
(アカデミアメンバーは招待希望スレッドあります)



2)All aboutで対談ウェビナーさせていただきます
月曜夜20時〜

松村 亜里さん、Masumi Hayashiharaさん、立っている人、テキストの画像のようです







 






3)強みに特化した講座の詳細はこちらです。3月11日〜
申込みは 木曜日 夜21時〜です。


https://resast.jp/events/531089




では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

ウェルビーイングな一日を!

 

 

 

<今日の一言>


何のために仕事をするのか

愛のため⭐️






★著者プロフィール:
母子家庭で育ち中卒で大検を取り、
朝晩働いて貯金をしてNY市立大学入学。
首席で卒業後、コロンビア大学
大学院修士課程(臨床心理学)、
秋田大学大学院医学研究科博士課程
(公衆衛生学)終了。


NY市立大学と国際教養大学で10年間
カウンセリングと心理学講義を担当
夫の都合で移住したNYではじめた一般向けの
心理学講座が人気となり現在はオンラインで
世界中に発信する。
ポジティブ心理学・ウェルビーイングをベースにした
幸せになる科学的な方法をわかりやすく伝える
オンラインサロン Ari's Academia主催


医学博士・臨床心理士
認定ポジティブ心理学プラクティショナー





 


配信停止
https://resast.jp/page/ss/


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック