好浦 友佳子

体幹の力を上手に発揮させたいなら歩き方を変えよう!

2021/2/16配信

 

皆様、おはようございます。


リトリートスタジオHARERAMA
好浦 友佳子です。



今日も開封してくださり有難うございます。


 


昨日のメールはご覧になりましたか?



ざっくり復習


【体幹軸がグラグラする原因は
   筋力不足ではなかった!?】


というテーマで


体幹の力を鍛えるより
足指の使い方を見直した方が早い
足指が上手に使えるようになるだけで
立ちポーズとか軸が安定するという話で


今日は


体のパフォーマンスを
低下させるような足指の3つの原因


 1、扁平足
 2、開張足
 3、ハンマートゥ


これについてお話します。


 



まず、扁平足


これはよくご存知かと思いますが
土踏まずが無いペタンコの足を
扁平足と言いますね。


足の甲の縦のアーチがない状態です。


きちんと足が使えていない証拠。



私はヨガを始めるまでは
超扁平足で、足首もブヨっと
何せ締りのない足をしてました。


今は、美脚です.......知らんけど(笑)


 


問題は


 2、開張足
 3、ハンマートゥ


この2つじゃなかろうか。



 【2、開張足(かいちょうそく)】


これは一見すると
キレイな足指の形に見えるんです。



が、しか〜し



この開張足も、
足の甲のアーチが崩れています。


扁平足が縦にアーチに対して
開張足では横のアーチが崩れて
ペタンコになっています。


本来ならば母指球の辺りが
日々の荷重で硬くなっているはずが


横のアーチが崩れてる人は
足裏の人差し指と中指の下辺りが
タコのようになっていて
硬くなっていることが多いです。



さあ、足裏を見てみて!


 



そして最後、密かに多いのが


 【3、ハンマートゥ】


足の指先で床を握りしめている
かのように


第一関節(正確には第二関節だけど)で
指がギュッとなっている


ギュッとなっているって....
語彙力の無さと
アホが露呈してしもたがなw


 


この、一見、床を握りしめている
かのように見えるハンマートゥ


指ごときで、床を掴めるわけが無い


タコの吸盤か!って



軸を安定させたい
踏ん張りたいなら


床を握るんじゃなくて
床を踏み込まんかいな!



要するに、
床をちゃんと踏み込めてないから


だからグ〜ラグラするわけです。


 



正しく歩いて、正しく足を使う


そして、足の甲の横と縦のアーチを
しっかり育てて、床を踏み込むこと!



これができるだけで
体幹軸はすこぶる安定


わざわざしんどい
体幹トレーニングをするよりも
ずっと楽やし、結果も早い。



結果が出て、効果が実感できるまで
時間をかけてしんどい
体幹トレーニングをするか


あることを変えただけで
簡単ですぐに変化が感じられる
歩き方や足の指の使い方を習得するか



どちらがいいですか?



「しんどい、時間がかかる」


よりも、


「簡単、早い」



どう考えてもこっちがいいです。


 


いや、そりゃ、歩き方や
足指の使い方を変えるだけでは
体幹鍛えるみたいに
お腹が凹んだりはせえへんけどね


けれども、すぐに
ヨガのポーズが快適に
安定して楽しめるようになります。


 


 


こうなってくると


 あることを変えただけで
 簡単ですぐに変化が感じられる
 歩き方や足の指の使い方


っていうのが気になりますよね。



そのあることとは何か???


 



ということで


 あることを変えただけで
 簡単ですぐに変化が感じられる
 歩き方や足の指の使い方について



今夜8時
YukakoアナトミックTVショーで


お話します。



ご視聴はこちらから▼


https://www.facebook.com/ysh.yukako/


 


P.S 理想の足指の形は


私のような芋虫みたいな指が最高!


です(笑)


 



自分と過ごす極上の時間と空間を提供する
【リトリートスタジオHARERAMA】



好浦 友佳子


 




▼配信停止はこちら▼
https://resast.jp/page/ss/


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック