こども睡眠カウンセラー協会

#30 睡眠負債の返済方法は、超熟睡すること

2021/3/ 5配信



 


32057_2020-04-2015



皆様、


こんばんは。


 


こども睡眠カウンセラー協会


マスター講師の菅原です。



本日もメール講座をご覧いただき


ありがとうございます。


 


それでは、本日のメール講座


スタートです!


 



//////////////////////////////////////


睡眠負債は超熟睡で返済できる


/////////////////////////////////////


 


 


=================


最近よく聞く「睡眠負債」


=================


 


皆様は、


「睡眠負債」という言葉を


聞いたことはありませんか?


 


2017年には流行語大賞にも選ばれました。


日本人の意識が睡眠に対して


高まっていることが感じ取れますね。



〈出典:テレビ画面撮影〉



「睡眠負債」とは日々の睡眠不足が累積され、


心身に悪影響を与えることです。


 


 



親御さんご自身あるいは


お子様に関してはいかがですか。


睡眠時間は足りていますか?


 


 



私が普段、中学受験塾の講師をしている中で


最近よく感じるのは、習い事が多くて、


寝る時間が取れていないお子さんが


目立ってきているということです。


 


 


もちろん受験に向けて学習することは大切ですが、


「睡眠負債」がたまったままでは


学習の効果も落ちますし、


集中力が下がるので、


体を動かす習い事では怪我が増えるなどの


危険もあるでしょう。


 


 


 


「睡眠負債」がたまっているかどうかは、


簡単に家庭でチェックする方法があります。


 


 


それは、休日の起床時間が平日より


2時間以上遅くなるかどうかです。


 


 


平日よりも2時間以上遅く起きる時は、


睡眠負債がたまっている状態だと言えます。


 


 



それでは、その「睡眠負債」を


ためないようにするには


どうすればいいのでしょうか?


 


 


それには「休日を作らない」と


いうことが大切です。


 


 


え?と思われた方も


いらっしゃるかもしれませんね。


 


 


休日を作らないというのは


休みを作らない、ということではなく、


生活のリズムを崩さない、ということです。


 


 



なぜかというと、生活のリズムは


休日に崩れるものだからです。


 


 


思い返していただきたいのですが、


コロナの影響で自粛期間が始まった時、


一定のリズムができるまでは


生活がバタバタとしていませんでしたか?


 


 


特にこどもは、疲れてないから寝ない、


という時期があったのではないでしょうか。


 


 


ある程度慣れてくると過ごし方もわかってきて


眠れるようになってきた


という方も多いでしょう。


 


 



平日休日に関係なく、


生活リズムを崩さないことが大切なのです。


 



=================


「睡眠負債」を返済するたった1つの方法


=================


 


皆様、


「睡眠負債」をためないようにするには、


生活のリズムを崩さないことが


大切ということはご理解いただけたでしょうか。


 




じゃあ、これまでたまっている


睡眠負債はどうしたらいいの?


という疑問もでてきますよね。


 


 



その答えが「超熟睡」することなのです。


 


 


ただ寝ているだけでなく、


「超深く眠りましょう」と言うことです。


 


 



そのためのポイントは、


「筋肉や神経をゆるめること」


「血管を拡張すること」です。


 


 


特別なことをするわけではなく、


今までのメール講座でお伝えした内容を


実行してみてくださいね。


 


 



特に思い出していただきたいのは


・呼吸
・ストレッチ
・アロマ


です。


 


 


またはバレリアン整体などで


普段から整えておくのもおすすめです。


 


 



日常的に少しでも実行できれば、


熟睡感も体感できると思います。


 


ぜひ1つずつでも続けてみて下さいね。


 


///////////////////////////////////////////


【本日のまとめ】


✔ 睡眠負債の蓄積は心身ともに悪影響をもたらす
✔ 睡眠負債をためないためには生活リズムを崩さない
✔ 睡眠負債を解消するには超熟睡すること
✔ 筋肉や神経をゆるめる、血管を拡張することが大切


 



次回は、


「成長ホルモンを分泌するには超熟睡が必要」


という内容でお伝えします。


 


どうぞお楽しみに♪


 



こちらの記事を読んで


ご質問や意見などございましたら


お気軽に、このメールに返信してくださいね。


 


 



それでは、本日はここまで。



次回のメルマガもお楽しみに~^^♪


 



最後までお読みいただき、ありがとうございました。




 


 




 


 





Facebook版


「こども睡眠オンラインサロン」(無料)では


一般社団法人こども睡眠カウンセラー協会の


マスター講師たちによる


「睡眠レクチャー」を行っております。


まだあまり知られていないこどもの睡眠の話が


無料で有益な情報が定期的に公開されているので


ぜひご参加くださいね。


参加したい方は、下記URLからお入りください。


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/386144268998957/?ref=share


 


また、こどもの睡眠を食事から


サポートするプロジェクト


「こども睡眠キッチン」への


ご参加はこちらからどうぞ


↓↓↓


https://www.facebook.com/groups/1593843787442001/


 





 


 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック