藤原 恵津子

自立と依存9 超自立が依存に傾くとき(続き)

2021/2/11配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真



前回の続きです。


前回の記事がまだの方は先にそちらをお読みくださいね。


自立と依存8 超自立が依存に傾くとき
 


さて、そういう自分に気付いた場合の対処法を3つのステップでお伝えします。


続きは下へ↓



イベント・セミナーのご案内




〇可能性開花コースのエッセンスを1日で



 

〇カサンドラの人、もしかしてカサンドラではないかと思っている人

2/25 わかば会
 

〇楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人



 


〇たった1回の参加で実現者多数!

ワクワクビジョン実現セミナー








ステップ1


この状態は、普段、頑張りすぎているほど頑張っているということなので、自分は異常だとか、おかしいとか、そんなジャッジは不要です。


「それくらい私は何かを我慢してきたんだ」と、まずは認めて受け入れてあげてほしいのです。


 


 


 


ステップ2


機会があれば(できれば作ってあげてほしいですね)、その気持ちをパートナーでもお友達でもいいので、わかってくれそうな人に伝えましょう。


この時大切なことは、強がったり、正当化したり、卑下したりすることなく、ありのままを伝えるということです。


これはチャレンジを伴うかもしれません。


しかし、いつも言うように、チャレンジを伴うということはやり切った時の変化が大きいということですね。


 


 


 


ステップ3


それができたら、さらにお願い(押し付けではなく)をしてみましょう。


「ぎゅっと抱きしめてもらえませんか?」と。
そして、その人にただぎゅっと抱きしめてもらいましょう。


相手に遠慮が強いとなかなか安心できないので、その場合は、そのまま力を抜いてじっとしていましょう。


そうしてただただじーっと相手に包み込んでもらうと、「受け入れて欲しい」という欲求の下にあった本当の感情が上がってきます。


 



それは不安だったのかもしれません。


何かを恐れていたのかもしれません。


自信がなかったのかもしれません。


悲しさだったかもしれません。


寂しさだったのかもしれません。


 



その湧いてくる感情をただただ感じてみてください。


そうすると、ふっと安心感が湧いてきます。


自然と「ありがとう」という言葉が口を付いて出てくるでしょう。



それは心が癒された何よりのあかしなのです。


 


 





 


〇あなたもさらなる可能性を開きませんか?




 




 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 




 



 


 


 



 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック