城村典子

エッセイ文章サロン「ふみサロ」会員募集中 •*¨*•.♪☆【城村典子通信】

2021/1/31配信
皆様


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このメールマガジンは、城村典子/J.Discover と
出版に向けての取り組みのご相談をしてくださった方
体験セッション・体験ツアーを受けてくださった方へ
お届けしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは
城村典子です。



*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

「10年後の仕事図鑑」にあなたの仕事は載っているか?

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


「10年後の仕事図鑑」
堀江 貴文、落合陽一
https://www.amazon.co.jp/dp/4797394579/


ヒットするのも当然。と言うくらい、みんなが知りたいことです。

発売は2018年ですが、ますます関心が高くなっているでしょう。


この本を読むと

いかに、自分を客観視できるかが勝負のように思います。


社会の中に、自分を当てはめて

また、さらに未来に自分を当てはめて、

これから自分をどう活用するか。

自分をセルフプロデュースする客観性が必要だと思います。


例えば、

機械に変わってもらえるような仕事に就いているのであれば

それは早く変わった方がいい、という話が出てきます。


確かに、

最近、コロナウイルスの色々な動向予測で

スーパーコンピューター「富岳」が登場しますが、

これには、逆立ちしようと、何回清水の舞台から飛び降りようとも

びくともしないほど、太刀打ちできません。


つまり、勝負するのはナンセンスで

使えばいい、ということ。


本文では

「速く安く働くやつがいなくなればなるほど、オートメーション化も進む。

 さっさとやめたほうが、業界のためになるのだ」

と表現されていたりします。


で、こうやって客観的に言われれば、そうかと思いますが、

この指している仕事が、自分の仕事だったりすると

当然、思い入れもあるし、誇りもあるし、

真正面からは、この言葉は受け入れられないわけです。


先日も、ここの記事に書いたかもしれませんが、

あるクライアントさんから

「あなた、どうしてこの衰退産業にいるの?」

と言われて、

あっさり、確かにね!と思いましたが、

でも、一般的に言ったら

愛情があるから、執着があるから

「腹立つ!」って話かもしれません。


そう、変化を受け入れられないのは、

悪いだけでもなくて、「愛」だったり「執着」だったりと

人間ならではのものでもあります。


昨日のふみサロ定例会。

私が出すお題にしたがって、エッセイを毎月書くのですが、

昨日のお題は

「最後の秘境 東京藝大」。

このタイトルで出てきた作品が面白い。


大きく傾向を分けると3つ。

【1】自分の学生時代や、身の回りの「能力の差」から生じる

   人間の嫉妬や、ゆがみや、大人の差別や、の悲喜交々な作品  

   作者自身も傷つくケースも多々。


【2】社会に個性を伸ばす場がないことで傷ついている人たちを表現する作品


【3】芸術に対する憧れ、個性を奨励する作品


まあまあ、生々しくも、人間らしく、痛くもあり、

でも、人間が愛らしくもなり

という作品の数々。



「10年後の仕事図鑑」

俯瞰で見れば、合理的に見れば、

すごくクレバーで、もっともで、正しくて、参考になる。

思考の刺激になる、良い本です。


一方、そう、理屈でわかってはいるけど、

そうはいかないんだ

というのが人間。


でも、だから面白いわけです。

正解がないっていうことです。


自分の信じることをやればいいのです。


衰退産業だって、衰退だからこそ、

苦しんでイノベーションがあるかもしれません。


下町ロケットもそうです。

ロケット部品を作るという、一見効率の悪いことをする。

でも、それがきっかけでイノベーションが起こる。

そういう「執着」があるのが、AIとの最大の違いです。



ふみサロのメンバーたちも作品の中で、

自分の執着に悩み
(芸術大学進学で両親にちやほやされた妹たちが妬ましい!)

時代に嫉妬し
(昔は、音をとるのも大変だったが、今は子どもでも楽曲を作れる!)

何歳になっても自分を疎外する両親に執着し
(兄と弟が中心で当たり前の家族の認識)

などなど。


だから、

時代を見るときは、思いっきり上から目線で神の目で見る。

そして、

その中にいる自分は、思いっきり自分の執着も含めて愛してあげましょう。


そして、最後は

時代の変化も、自分の執着も受け入れて、前だけを見て進みましょう。

それに迷ったら、城村のところに来て下さい。

あなたの出版企画を一緒に作ります。

一緒に未来を見つけましょう。


エッセイ文章サロン「ふみサロ」は、今回で19回目の定例会でしたが、

まあまあ、映画を見るより、ドラマを見るより面白い。

参加者がハマるのもわかります。

毎回、講師が一番、人間勉強をさせてもらってる。


■■■ エッセイ文章サロン「ふみサロ」会員募集中 ■■■

「ふみサロ!」
エッセイを書く喜び。仲間と高め合う面白さ。
ハマる人続出のオンラインエッセイ教室。

初月参加費無料キャンペーン中。
ぜひ、お試し参加してください。

ご参加はキャンプファイヤーから↓
https://community.camp-fire.jp/projects/view/163796









配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をお願いいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。







☆イベントのお申し込みはこちらからどうぞ

2/20 東京都 編集者・城村典子の 1day集中出版企画塾 0220

 ⇒ https://resast.jp/events/517471/



3/13 大阪府 出版社の企画会議直行1Day出版セミナー【大阪】0313

 ⇒ https://resast.jp/events/501462/



3/20 オンライン 編集者・城村典子の 《1day集中出版企画塾》 オンライン・セミナー0320

 ⇒ https://resast.jp/events/516120/






お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/7999/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/




アプリでメルマガを読むと

文字化け無し
必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
この記事に いいね する
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料

https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------


メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック