浜田義之

酒と悟り 新章 あのバーのカウンターに

2021/1/ 8配信


皆様


 


こんばんは、マスターの浜田です。




毎週金曜日の夜にお送りする、
一人の男の目覚めの物語「酒と悟り」



数か月にわたってお送りしてきた「座禅修行編」が先週終わり、
今夜から【新章】がスタートします。



ちょっと不思議な、何処か奥深い世界をお楽しみください。


 



◆こちらより第一話からお読みいただけます
 https://www.reservestock.jp/subscribe/NjJkZmVmYWRiY


 


────────────────────────
    第一章のあらすじ



男はバーのカウンターで不思議な紳士と出会ったことがきっかけで、
本当の自分へと還る目覚めの旅がはじまりました。



男はマスターからの縁から、
禅の老師のもとで座禅修行をはじめます。



絶え間なく考え続ける思考に驚き、翻弄され、
瞑想が深まる中で現れる神秘体験にとらわれ、翻弄され、
大変な思いをしながらも、
男は手放すこと、思考にとらわれない感性を磨いていきます。



そして男は自分の内に、
とても慈悲深く神聖なものがあったことを知ります。



男の「悟りたい」という願望は叶いませんでしたが、
かつてとは全く違う安らぎと落着きを身につけ、
大人になって還ってきたのでした。


 


そしてあの紳士に会いに、あのバーカウンターにやってきたのでした。


 


────────────────────────
   あのバーのカンターに
────────────────────────



男はあのバーのカウンターに来ていた。


 


あの不思議な紳士と会いたいと思ってやってきた。


 


そして自分を禅の世界へといざなってくれた、
マスターと話したいと思った。


 


マスターは男の話を聞いてくれた。


 


だまって、でも楽しそうに、興味深そうに聞いてくれた。


 


今まで、こんなに【自分のことを聞いてもらっている】という体験を
したことがあるだろうか。


 


マスターはただ黙って興味深そうに、笑顔で聞いてくれた。


 


男は嬉しかった。


 


マスターはグラスを磨きながら、
でもずっと自分の話を傾聴してくれた。


 


聞いてくれている。


 


自分のことを聞いてくれている。


 



自分のこころを聞いてくれている。


 



それはとても幸せな体験だった。


 


そういえば....。


 


男はミハエル・エンデの童話「モモ」のことを思い出した。


 


ある街にふらりとやってきた不思議な女の子モモ。


 


いつしか街の人たちは、困ったことがあると
なんでもモモに相談するようになった。


 


喧嘩があったら喧嘩した者同士がモモのところに話に行った。


 


困りごとがあったらモモに話に行った。


 


するとみな、困りごとが解決したり、幸せになった。


 


モモはみなに何をしたのか。


 


モモはただ、みなの話を聞いただけだった。


 


話を聞くだけ。


 


「なんだそんなことか」


 


きっと人はそう言うだろう。


 


だけどエンデは綴っている。


 


本当の意味で人の話を聞くことができる人はなかなかいないんだよと。


 


今、男は自分の話を聞いてもらえているという体験をしていた。


 


そのことを感じていた。
感じ取っていた。


 


マスターは今、「自分を聞いてくれている」んだ。


 


自分のことを聞いてくれている。


 


これがこんなに嬉しくて幸せなことなんだ。


 


男が座禅修行での冒険談を話し終えると、
マスターはニッコリとして「お話を聞かせてくれてありがとうございます」
と言ってくれた。


 


男は言った。


 


「聞いてくれてありがとうございます」。


 


マスターはまたにっこりと笑顔になった。


 


男はウィスキーを注文した。


 


「シェリー樽でおすすめのウィスキーをお願いします」


「できれば途中から風味がガラリと変わるような、
後からフルーツのような甘みと華やかさがフワッと広がるような
おすすめのウィスキーがあればお願いします」


 


「かしこまりました」


 


マスターはボトルの並ぶ棚の前に立つと、
何本かのボトルを選び出した。


 


そして一本のウィスキーを男の前に持ってきた。


 


魚の絵がラベルに描かれた不思議なボトルだった。


 


「グレンマレイの22年、ザ・フィッシュ・オブ・サモアです」


 


「ではこれをストレートで」


 


「かしこまりました」


 


ウィスキーがグラスに注がれるとき、
華やかな香りが漂ってきた。


 


「どうぞ」


 


男はグラスに鼻を近づけ香りを嗅いでみた。


 


糖蜜のような甘い香りと接着剤のような香りを含んだ、
華やかでふくよかな、複雑な香りがした。


 


香りを楽しんでいる瞬間、男は今この瞬間にいた。


 


頭のおしゃべりは静まり、悦に入り、今ここにいた。


 


ウィスキーをひとくち口に含むと、
舌のうえで琥珀色の液体は複雑に変化した。


 


はじめアルコールのピリッとした感触があり、
アーモンドのような香ばしや糖蜜のような甘さ.....。


 


舌の上で複雑に変化した。


 


男は変化を楽しんだ。


 


そして....ふわっと花が開くように、
マンゴーのような華やかな甘みが舌に広がった。


 


男は今を楽しんでいた。


 


魚の描かれた不思議なラベルをみつめる。


 


男の口から言葉が自然に漏れた。


 


「鳥には空気がみえない」


「魚には水がみえない....」


 


そして.....。


 


ふいに右隣の席から重厚で優しい声がした。


 


【人は自分がみえない.....ですね】


 


男は思わず顔をあげ、右隣に振り向いた。


 



懐かしいあの声....温かくて、でも重みがあり、
包み込むような懐かしい声。


 


そこにはあの紳士がいた。


 


ああ!会えた!


 


男は心の中で歓喜の声をあげた。


 


紳士は微笑みながらグラスをかかげると
「おかえりなさい」と言った。


 


「た...ただいま」


 


男は笑顔で応えた。


 


つづく


────────────────────────
     あとがき



今夜からはじまった新章はいかがでしたか。



新しい章で男は不思議な経験をしていくことになります。



これからの物語をどうぞ楽しんでくださいね。


 


さて、昨年末からお話してきたように、
今月末より「ハートのコミュニケーション実践講座」をやります。



物語の中で出てきた「聞く」は
ハートのコミュニケーションのもっとも大切な根幹の一つです。



ハートのコミュニケーションは奇跡を生み出します。



来週中にはご案内をはじめられると思いますので、
あと少しどうかお待ちください。


 


17日には「ハートのコミュニケーションのミニ講座」を
やろうと思っています。


 


こちらも少しお待ちください。


 


それから今年から本格的に瞑想をはじめたい方のために
オンライン瞑想講座を始めることにしました。


 


こちらもあと少しお待ちくださいね。


 


◆【意識共鳴オンライン瞑想体験会】はこちら
 https://www.reservestock.jp/page/event_series/55413



────────────────────────


 



 


 


 



  

 


 



 


 



☆★意識共鳴オンライン瞑想会のご案内★☆


 




 


 



☆★マスターのオンラインサロン★☆



・魂のライフワークを見つけたい
・自分の本当にやりたいことを知りたい方
・自分の魂の目的を知りたい方
・才能を使って生きたい
・本当に自分らしい人生を確立したい方
・深い学びの場が欲しかった方
・より深い気づき・学びを得たい方
・マスターのワークを受けたかった方
・マスターの世界観に触れる時間を増やして、人生を豊かにしたい方


マスターのオンラインサロン マスターズクラブ masters club






 


利用者の声はこちら ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック