高橋真由美

謹賀2021年、アメリカ大統領選のカオスを占う、「拡大家族」見逃し視聴

2021/1/ 8配信


皆様


2021年が明け、小寒(1/5)にまで入ってだいぶ経つのに、やっと、


高橋真由美です。


12794_12967982_10205799866865148_1218826014048352710_o


 


トークライブでしばし燃え尽きている間に。しかし、庚子年も最終局面、5日から己丑月に入っています。

そして6日午後(日本時間7日)、アメリカ連邦議会が、米大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議を開いたところ、皆様もご存知の通り、トランプ支持者/デモ隊と一悶着(バイデン氏の言葉を借りると、カオスであり、almost sedition ほぼ騒乱罪)、というか死者まで出したのですから、そんな言葉では軽すぎる、私の印象ではほぼ「内戦」と名付けてよいような。


 


易を立ててみた


 


スピリチュアルだったり、オルタナティブだったりすると、とかく、いわゆる「陰謀論」に傾きがちなのか、たくさんの友人知人から、トランプ正義の味方説が流れてきて、このたびの事件も、メディアの偏向なそうなんですが、



私は懐疑的です。全面否定もしないけれど、肯定もしない。



彼らの主張とは別に、私はトランプ再選の方が世界にとって望ましいという意見🌾ですが、それとこれとは別。裏があろうがなかろうが、きちんと手続きを踏んで大統領の交代が行われてしかるべきと思っています。そこはトランプ氏も異存がないわけで。



そこで、己丑月(土の五行)の丙辰日(土の五行)に立卦し、水雷屯(宮卦:坎宮、水の五行)




     ䷂


 


を得ました。変爻もありません。世爻がトランプ二爻、応爻がバイデン五爻、

応爻の五行は土で、月建からも日晨からもサポートされ強いです。また土の五行はこの場合「官」に当たり、強い政治家を意味します。

なので、圧倒的にバイデンが強く、変爻:今後の変化の兆しもなく、トランプ支持者の期待通り逆転劇は起こらないでしょう。


 


水雷屯(易経)そのものの象意だと、


伸び悩みとか、最初の困難という意味であり、今伸び悩んでいてスランプに陥っているとか、いきなり躓いてしまうということが起こりやすい、

これはこれで、現在の状況そのものを言い当てているようです。


 


願わくは、エマニュエル・トッドの分析通り、バイデン次期大統領が”賢いトランプ主義”を採用してくれんことを。

(民主党は、人種差別を争点にしておきながら、その政策は黒人の多数派に配慮していない、むしろ真逆なので。)






 


 


さて、ご好評をいただいた年末のトークライブ「拡大家族」見逃し視聴がご利用いただけます。


 


 











<申込期限>


2021年1月31日まで



お急ぎご購入ください。



これはこれからの世の中に必要とされる情報だ!という揺るぎない確信がございまして、いずれ書籍化する!という静かな決意が固まっております。







 





などなど、いろいろ申しましたが、定番の門鑑定(税込44,000円〜)、辛丑年の運・風水鑑定(投げ銭)などなど、引き続きご提供致しております。ふるってお申し込みくださいませ。



  

 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
アメブロ
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック