浜田義之

自分のワクワクの本質の見抜き方

2020/12/29配信


皆様


 


こんにちは、マスターこと浜田義之です。



────────────────────────


◆2021年最初を瞑想会で、自分の奥深くと繋がりませんか


 マスターの意識共鳴オンライン瞑想会


スケジュールとお申し込みはこちら
https://www.reservestock.jp/page/event_series/55413


────────────────────────


こんばんは、マスターこと浜田義之です。


 


よく「大好きなこと、自分がワクワクすることをしましょう」
「そうしたらどんどん流れに乗っていける」って言いますよね。


 


ですが「自分の大好きなことがよくわからない」
という方はたくさんいらっしゃいます。


 


今夜のお話は、自分のハート(魂)が、
なににワクワクと共鳴するのか、
それを見つける【すごい手掛かり】になるお話です。


 


2020年最後のメルマガでは、
この特別な知恵のお話をお送りします。


 


今夜もバーのカウンターでマスターと
常連のレイコさんの会話から知恵を受け取ってください。


 


では、あなたもお隣の席にどうぞ。


 


────────────────────────
 自分のワクワクの本質の見抜き方
────────────────────────


登場人物


М  マスター


R子 常連レイコ


 


 


R子 ねぇマスター、自分の大好きなことって、
   どうやって見つけたらいいんだろう?


 



M  え?なんです?


 


 


R子 ほら、よく「大好きなことをしましょう」
   「それが流れに乗った生き方です」って耳にするでしょう?


   特に今年、ものすごく時代が変わって、
   自分が楽しいと感じること、大好きなことをすればするほど、
   流れに乗る時代になったって言われているし、


   逆に自分が楽しいと感じられないことを、
   無理やり自分に強いていると、
   今まではまだ何とかなっていたものが、行き詰って、
   全くうまくいかない時代になったっていうでしょ?


 


 


M  ええ、その通りですよね。


 


 


R子 わたしも自分自身を振り返って、
   まったく同感なんだ。


   だけどわたしの周りには、
   自分の大好きなことがなんなのかわからないって
   いう人たちが結構たくさんいるのね。


   


 


M  なるほど。
   で、どうしたら自分の大好きなことを
   見つけれるんだろう?って思ったわけですね。


 


 


R子 そうなの。


 


 


M  なるほどね。
   それならば面白い話がありますよ。


 


 


R子 なになに?


 


 



M  それはね、自分の好きなことや
   大事にしているものの「何処に魅力を感じているのか」を
   書き出してみるということです。


 


 


R子 大事にしているものの何処に魅力を感じているか?
   


 



M  そう。
   たとえば....わたしは子供の頃から腕時計が好きなんですけどね。


 


 


R子 そういえばマスター、時計大事に使ってますよね。
   いつもきれいに磨き上げてあるもんね。


 


 


M  ありがとうございます。
   でね、わたし時計が子供の頃から「なぜか」好きで、
   今使っている時計は特にお気に入りで、
   使い始めて8年になります。


 


 


R子 え!8年も使ってるの?
   毎日使ってるのに、すごくキレイじゃない!


 


 


M  ありがとうございます(笑)。
   とても大事に使っているものですから。


   でね、今使っているこれ、とてもお気に入りなんですが、
   あるとき「待てよ、この時計のどこに魅力を感じているんだろう?」って
   ふと思ったんですね。


 



R子 え?ただ好きなだけじゃなくて、
   好きなものの「何処に魅力を感じているか」ってこと?


 


 


M  そう。
   でね、興味が湧いたんで、書き出してみたんです。
   わたしがこの時計に「魅力を感じているところ」を。


 


 



R子 ほうほう。


 


 


M  で、書き出してみたメモがこれです。


 


 



R子 へぇ、どれどれ。
   なになに...。
   金属の塊感・重量感・メリハリ
   鏡面の美しさ・頑強さ・上質感....精密感...本物さ...
   ふんふん。


 


 


M  わたしたちにはモノにしても、モノじゃなかったとしても、
   好きなもの、気になるものの「本質」というのがあるんですよ。


 


 



R子 好きなものの中の、何処に魅力を感じているかってことね。


 


 


M  そう。
   これは モノであってモノでなくても同じ。
   好きなもの、気になるもの、興味を惹かれるものには、
   必ず惹かれるポイントというか、要素があるんですね。


 


 


R子 それが好きなものの本質ということ?


 


 


M  そうなんです。


 


 


R子 なるほど。
   でも、それが自分の大好きなことを見つけることと
   どう関係してくるの?


 


 


M  いい質問ですね。


   実は自分が好きなもの、魅力を感じるものには、
   共通点があるんです。


 


 


R子 共通点......?


   ....あ!そうか!


 


 


M  わかりました(笑)?


 


 


R子 なるほど!  
   自分が好きになるもの、興味を持つことには、必ず共通点がある。


   ということはつまり、
   マスターは時計そのものが好きなように見えたけど、
   実はマスターが本当に魅力を感じているところは、
   メリハリとか鏡のような美しさとか、
   丈夫さとか、繊細さなんだ!


 


 


M  ご名答!


   更にそれら要素の本質をよーく観ていくと、
   時計以外でも、メリハリがあること、美しさがあること、
   繊細さがあること、それでいて頑丈さや強さがあること
   そういう要素に魅力を感じてることが見えてくるんですよ。


 


 


R子 そうか!そうか!
   表面的なところだけ観ていたら判らなかった話だよね!


   実は自分が大好きなもの、大事なものをただ、
   表面的に見るだけでなく、それの何処に魅力を感じているのか。


   そこをみるんだね。


 


 


M  そう。


 


 



R子 それがみえてきたら、
   自分が本当に好きなものは、
   マスターにたとえるなら、美しさとか、
   繊細さとかメリハリとか丈夫さとを
   感じさせるものってことだよね。


 


 



M  そうなんですよ。


 


 



R子 うわぁ、これ、盲点だったなぁ。


   ということは自分が魅力を感じている要素を
   感じさせるものに触れていったり、
   やっていったらいいってことなんだ。


 


 


M  そう。


 


 



R子 うわぁ、これ、ホントに盲点だった。


 


 


M  でね、ここが一番大事なポイントなんですが、
   なぜ自分が好きなものの「本質」を知ることが大事かというと、
   自分が楽しい、心地いい、ワクワクすると感じられるところって、
   自分の【魂のワクワクと共鳴】するものだってところなんです。


 


 



R子 わお!それはすごいね。


 


 



M わたしたちには誰にも、
  もともと持っている興味を惹かれるポイントがある。


  それは人それぞれに違います。
  だから他の人に聞いてもわからない。


  


 


R子 自分の魂が知っている。


 


 


M  そうなんです。


 


 



R子 自分が好きなもののどこに惹かれているのか、
   その本質を見抜いていったら、
   自分の魂がどんなこと、どんなものに、
   共鳴するのかがわかるってことね。


   魂の悦びがわかる。


 


 


M  すごいでしょ(笑)。


 


 



R子 ホントだ!すごい!


 


 



M  自分が大事にしているものや、
   自分が魅力を感じるものには必ず、魅力を感じている、
   つまり魂が共鳴するポイント(本質)がある。


   自分の魂が共鳴するものを思い出しては、
   それを感じたり、やっていったりする。


 


 


R子 そうかぁ、たしかにこれは
   人に教えてもらって分かることではないよね。


   そしてやってみないとわからない。


 


 



M そうなんです。


  だけどやってみないとわからないけど、
  思い出すことはできます。


 


 


R子 思い出す?どうやって?


 


 


M  子供の頃から夢中だったことの、
   どこに共鳴していたのかを書き出してみるんです。


 


 


R子 なるほど!
   まさに本質の探究なんだね!


 


 


M そう!探求じゃなくて探究なんですね。


 


 


R子 ところで、マスターのこの時計のメモにある、
   「宇宙」ってなあに?


 


 


M  ああ、それですか?
   わたしね、はじめて父の時計を触ったとき、
   それまで止まっていたのに、触ったら急に動き出したんです。


 


 


R子 ああ、機械式の自動巻き時計のゼンマイが
   動かしたことで巻かれて動き出したのね。


 


 


M  ええ、それが幼いわたしにはすごい感動でね。


   で、調べてみたら、時計の中には歯車やゼンマイなどの
   精密な機械が収まっていることを知ったんです。


   その時わたしは時計の中に「宇宙がある」って感動したんですね。


 


 


R子 時計の中に宇宙かぁ!ロマンだねぇ。


   そういえば、時計の技術を一気に200年進めたと言われた、
   天才時計技師のブレゲは天文学者だったんですよね。


 


 


M よくご存じですね!


 


 



R子 えへへ。
   時計の中に宇宙がある、ロマンだなぁ。


   あ、そうか!


 


 


M  なんです?


 


 



R子 丈夫な金属の塊の中に繊細な宇宙がある。
   それは大切に大切に守られている。


   マスターはそこに神秘を感じているのかもしれないね。


 


 


M  ああ、ホントだ。そうですよね。


 


 


R子 自分の大事なものを、
   好きなことの本質を書き出してみる。
   そしてその本質の更に本質を突き詰めて書き出してみる。


   これ、これからの時代を生きていくのに、  
   すごい知恵かもしれませんね!


 


 



M  ありがとうございます。



────────────────────────


 


 



 




 


 



 


 



☆★2021年瞑想で静かに自分と向き合うスタートをしませんか★☆


 マスターの意識共鳴瞑想会


 




 


 



☆★マスターのオンラインサロン★☆



・魂のライフワークを見つけたい
・自分の本当にやりたいことを知りたい方
・自分の魂の目的を知りたい方
・才能を使って生きたい
・本当に自分らしい人生を確立したい方
・深い学びの場が欲しかった方
・より深い気づき・学びを得たい方
・マスターのワークを受けたかった方
・マスターの世界観に触れる時間を増やして、人生を豊かにしたい方


マスターのオンラインサロン マスターズクラブ masters club






 


利用者の声はこちら ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック