浜田義之

酒と悟り 第参拾伍話 下山(げざん)

2020/12/25配信


皆様


 


こんにちは、マスターこと浜田義之です。



先日わたしは高山寺というお寺に行ってきました。



普段は観光客で賑わうお寺ですが、
シーズンオフの平日ということもあって、
わたし以外は誰もいませんでした。



誰もいない静かな境内で、
森の風の音や鳥のさえずる声が聴こえながら、
静かに過ごしていると、


ふと気づくと頭がちょっとポーっとして、
頭の中が静かな、脳がちょっと特殊なモードになっていました。


 


「お、脳が特殊な状態になってるなぁ」と思って...しばらくして。


 


ふと「もしかしたら、この状態が本来の、
正常な状態なのかもしれない」という考えが浮かんできました。


 


様々な人の思念が飛び交う喧噪の中にいて、
常にあらゆる「考え」で頭がいっぱいになっている状態が
普通だと思ってきましたが、もしかしたら違うのかもしれない。


 


あの静かで穏やかな心の状態。


 


もしかしたらあれが、本来の状態なのかもしれません。


 



さて。


 


それでは今日のお話に入りましょう。



────────────────────────



毎週金曜日の21時にお送りする、
本当の自分・魂の本当の目覚めへと導く物語。



この「酒と悟り」の物語は、
物語の行間から深い「気づき」や「閃き」
「インスピレーション」を受け取れるように
意図して創作している【特別なお話】です。



どうぞ行間から気づきや閃きを受け取ってください。



────────────────────────


    これまでのあらすじ



バーで不思議な紳士と出会ったことをきっかけに、
男に本当の自分へと目覚める旅がはじまった。



男は禅の老師もとで修業をはじめ、
雑念と格闘し続け、次に神秘体験に翻弄され続け、
格闘の末、完全に手放したとき、静寂が訪れた。



男はそんな中、自らの内に「仏性(ぶっしょう)」が
目覚めるのを体験した。



だが明日は下山となったとき、
「このままでは悟れない」という焦りがはじまり、
雑念はどうにも止まらなくなってしまった。



自力ではどうにもならないと悟った男は
老師に助言を仰ぐ。



老師の言葉には慈愛が満ちていた。



男は悟ることへの執着を手放し、心に平安が訪れた。


 


そしてついに下山の日がやってきた。



────────────────────────


◆この話を第一話からお読みになりたい方はこちらからどうぞ
 https://www.reservestock.jp/subscribe/NjJkZmVmYWRiY


────────────────────────
    下山(げざん)
────────────────────────



隅から隅まで部屋の掃除を終えると、
荷物をまとめる手をふと止め、
男は1週間の座禅修行を過ごした宿坊の部屋を見渡した。


 


初夏の明るい光が部屋に行き渡り、照らしていた。


 


暖かい風が新緑の香りを運んできた。


 


荷物をまとめた男は、立ち上がった。


 


そして部屋を去り際。


 


惜しむように、今一度部屋を見渡した。


 


1週間という一生の間の僅かな時間。


 


だがこれほどまでに濃密な時間は、
男のこれまでの生涯には一度もなかった。


 


ここに来る前の自分。


 


そして今、ここを去ろうとしている自分。


 


それは同じ自分ではなかった。


 


別の人になっていた。


 


老師は....若い僧侶を従え、
玄関口で男を見送ってくれた。


 


言葉は少なかった。


 


ピンと張り詰めた、
そして優しくて暖かい空気がそこにはあった。


 


男は手を合わせ頭を垂れた。


 


老師もまた手を合わせ、静かに頭を垂れた。


 


「また来なさい」


 


「ハイ」


 


その瞬間、お互いに笑顔だった。


 


男は再び手を合わせ、静かに頭を垂れた。


 


老師も、若い僧侶も、手を合わせ静かに頭を垂れた。


 


スッと向きを変え、男は歩き出した。


 


階段を下り、山を下り始めた。


 


男は振り返らなかった。


 


静かに、黙々と、一歩一歩、山を下った。


 


暖かい初夏の風が新緑の若々しい香りを運んできた。


 


つづく。


────────────────────────
       あとがき



数か月に渡り連載してきた「酒と悟り」の【禅修行の章】は
いよいよ次回、最終回を迎えます。



この物語は、13年前のわたしが実際に体験した、
実体験を元に描いています。



文のいたるところから「気づき」や「受け取るもの」を
受け取れるよう意図して描いています。



このシリーズはそのように描いています。


 


以下より第一話からお読みいただけるようにしています。


 


文の中にちりばめた知恵をぜひ受け取って、
人生に活かして(生かして)ください。


 


◆「禅と悟り」を第一話から読める
 https://www.reservestock.jp/subscribe/NjJkZmVmYWRiY


────────────────────────


 



 



  

 


 



 


 



◆ゼロ意識共鳴オンライン瞑想会のご案内◆


 




 


 



◆マスターのオンラインサロン◆


 



・魂のライフワークを見つけたい
・自分の本当にやりたいことを知りたい方
・自分の魂の目的を知りたい方
・才能を使って生きたい
・本当に自分らしい人生を確立したい方
・深い学びの場が欲しかった方
・より深い気づき・学びを得たい方
・マスターのワークを受けたかった方
・マスターの世界観に触れる時間を増やして、人生を豊かにしたい方


マスターのオンラインサロン マスターズクラブ masters club






 


利用者の声はこちら ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック