長谷川ゆきの

2人に1人が何らかのアレルギーがある理由 #124

2020/12/20配信


((full_name))
こんにちは!
長谷川ゆきのです。


29220_長谷川ゆきの


本日もご開封いただき
ありがとうございます。

===============


今年の悩み、
今年のうちに解決しませんか?


===============


今年もいよいよラストスパート。
夕方になるとあっという間に
真っ暗になって
日が短くなったなぁと感じます。


 


そして、明日12月21日は「冬至」


 


冬至とは24節気の一つで、
1年で夜が最も長く昼が短い日です。


 


中国や日本では、
冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、
この日を境に再び力が甦ってくる
という前向きな意味合いを
含んだ言葉なのです。


 


冬至を境に運も上昇するとされているので、
かぼちゃを食べて栄養を付け、
身体を温めるゆず湯に入り
無病息災を願いながら
寒い冬を乗りきる知恵とされています。


 


そんな運気がバッチリ上昇するとういう
冬至の前日に
食べトレ中級講座の前半を開講しました。



食べトレの肝といわれる中級講座


 


ここでは、



どうして食事を学ぶ必要があるのか


食材選びの基本軸


まず始めに変えるべきこと


食べトレ式子どものためのデトックス


子どもの脳を育てる食べ方


 


などなど、盛りだくさんの内容を
お届けしました。


 


今は、
2人に1人が何らかのアレルギーがある時代。


 


「あなたもそう?」


「うんうん、私も!」


 


と、みんながそうだから当たり前に
感じているかもしれないけど
実はこれって当たり前じゃない。


 


私が小学生くらいの頃は
まだまだアレルギーの子や
花粉症の子ってあまりいなかった。


 


皆様はどうですか?


 


食事を取り巻く環境
便利な世の中になってきたからこその
影響がこのようなカタチで
現れています。


 


だからこそ、
流れに逆らうことなく
今の時代を生き抜くために
選ぶチカラが必要なのです。


 


知らなきゃホントに恐いですよ!


 


人のカラダは100%食べたもの
出来ています。


 


それは脳も同じで
脳の60%は油でできています


 


なんとなく良いと思っているモノ
なんとなく悪いと思っているモノ


 


なんとなくで選んでいたら
子どもに最高の人生を歩んでもらうことは
できないですよね。


 


だから親である私たちが
学ぶ必要があるのです。


 


お子さんが小さければ小さいほど
反応は早いです。


 


迷っている時間はないですよ~!


 


先日のクリスマスキャンペーン
特典として
食べトレ個別相談会を
無料でプレゼントしています。


 


今年の悩み、今年の内に
解決しませんか?


 


 


我が子にピッタリの食べかたが分かる!
食べトレ個別相談会


 


お子さんの5つのチカラをチェックして、
我が子の性格やタイプにあった
食べかたを知ろう!!


 


詳細・お申込はコチラから▼
https://resast.jp/page/consecutive_events/7784


 


個別でお話することで
あなたのお子さんに合った
アドバイスをさせて頂きます。


※お申込み締切りは12月25日(金)まで


 


 


食べトレインストラクターから毎日届く
クリスマスプレゼント^^


アドベントカレンダーをチェックしていてくださいね♪
https://adventar.org/calendars/5629



最後までお読みくださり
ありがとうございました!


 


長谷川ゆきの


 





 



イベント・セミナーのご案内



子どもの可能性の扉を 最大級に開花させてあげたいと願う お母さん・お父さんへ




 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック