浜田 陽子

キャンプ場でバウンダリーを引いた話

2020/11/28配信



皆様、こんにちは!


1人ひとりのエッセンスで私らしく

そんなふうに生きられたら

きっと世界は優しく愛で溢れる

 

パステルアート作家・講師

キャラクトロジー心理学を学びカウンセリングしています

浜田陽子です😊

 


 


少しずつ、冬らしい寒さになってきましたね。


みなさま、元気に過ごされているでしょうか。


 


 


・・・*・・・*・・・・


キャンプ場で引いたバウンダリーの話


 


 



今日は先日キャンプに行った時の出来事についてお話します。


なんか、少し恥ずかしいとよかったなの狭間な感じのところにいます。


 


気を取り直して・・・


 


まさか、


キャンプ中にバウンダリーを意識するとは(笑)な話。



 


連休中のキャンプだったので


当然、家族連れも多く


もちろん子どもたちのテンションも上がるわけです


 


走り回っている子たちもいて


ちょっとテンションが違うな〜とは感じていたものの


そんなに気にはならないくらい


自分たちのキャンプが


すごく楽しく、おいしい食事で大満足♪な時間を過ごしていました


 


 



 


 


キャンプ場から


ロープを渡されていて、私の借りている場所はここまでですと


ロープを地面に引いておくのですが


 


夜の暗さでそれは見えず


焚き火で火を燃やしている横に置いていた道具を走り回っている子どもたちが


ひっくり返してしまいました!


 


すごい音で慌てて駆け寄る私。


 


隣でキャンプしているのは中国人の3家族で1グループな感じの方々で


お母さんたちも慌ててこちらにやってきます


それで


お母さんたちは、私に謝りました。


で、すぐさま子どもたちに、「ちゃんとごめんなさいを言ったの?」と聞いています。


子どもたちは「謝った〜」と言いますが謝られてはいません。


 


その時の私は、ものすごく怒っていました。


すごく自分の内側から燃えるような怒りを感じていて



でもこういう風に今まで感じられてはいなかった


 


子どもたちやお母さんたちに謝ってもらいたいわけではないのがすごくはっきりわかっていて。


ただ、この時間を邪魔しないでほしい。っていう


それだけが浮かび上がってきました。


 



 


言いました。


「このラインから入ってこないで欲しい。


テントを張るときのロープがたくさんあるし(足元に)暗くて見えないから引っ掛けたら怪我をする


焚き火もあって危ないから」


 


と。


 


怒りを感じながら


こんな風に言えるんだと正直自分でもびっくりしました。


 


危ない。怪我をする。というのは後付けだったのかもしれません。


でも


私、本当にこの楽しい時間を大事にしたかったんだと


ただ、それだけを守りたかった。


これが私の真実でした。


 


後からこの出来事を思い返し、


私、バウンダリーを引いたんだと感じました。


 


 


そして、これをメルマガに記したかったのは


私はバウンダリー(境界線)を引くことがずっとできない人だったからです。


 


 


きっと、今までの私なら


 


お母さんたち本当に申し訳なく思っているな(いや、ちゃんと子どもみておいてよ!!怒り)


子どもたちもわざとじゃないし(すぎるとは思うけど 怒り!)


ま、いいか(ムカつくけど、っていうかキャンプ場の使用料けっこう高かったのにコレ!?)


って思いながら


「あ、大丈夫ですか?子どもさんたち怪我してません?気をつけてくださいね〜(笑顔)」


って、対応してたと思う


マスク全開で(笑)


 


 


こっちの方が、私あるあるな訳です。


これを記しながら、ゾッとしてます。怖すぎるでしょ?気持ち悪すぎだな(笑)


 


 


私がバウンダリーを引いた後、


私たちがその境界線のロープ近くの焚き火の周りに行くと


隣の家族たちがざわめく、ちょっと緊張感が出て、シーンとする


という現象が起きましたが(笑)


その後ゆっくりとした時間堪能することができました。


 



 


バウンダリー、ただ相手を切り離すということではないのです


↑ 誤解しないでね!


 


とても奥深く、段階のあるものですので


興味のある方は、こちらご覧ください


https://characterogy.com


 


 


最後まで、お読みくださりありがとうございました。


 



 


 


 


 



  

 


 



 


○●○感情・ニーズカードを使った30分無料カウンセリング○●○

上手く言葉にならないモヤモヤ、頭の中で繰り返しグルグルする言葉
セッションを受ける前のまとまらない感じを一緒に整理してみましょう

 https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/10473


 


 



 


 



Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック