大和 千由紀

【起業の極意】お金の知識③所得税と退職金控除

2020/11/27配信


皆様


 


こんにちは本格的に寒くなってきました。お元気ですか?


 


アメリカのダウ平均株価は史上初の30,000ドル台になり、


日経平均株価も30年ぶりに¥26,000を超えました。


 


足元を見ると、コロナ渦で、経済は滞っています。


どうしてこんなことが起きるのでしょう?


 


 


なんて考えている人はいませんか?


 


 


株の取り引きをしているわけでもないし・・・。私には関係ないわ。


と思っている方と


どうしてだろうと考える方


実はこの違いが、ビジネスのセンスがあるかないか、なんですね。


 


そもそも、ビジネスはお金です。


お金を稼ぐことをビジネスと言います。


 


お金を産み出さない事業は、趣味かボランティア。


お金の情報に敏感である事、これは経営者として必須事項です。


 


----------------------------------------
   退職金控除のお話
----------------------------------------


先日のAさんのご相談


主人の会社が少し給与を払ってくれている。


でも自分は何もしていなくて会社の節税対策の様子。


自分は主人の会社とは無関係になりたい、といったら


 


「まとまったお金を給料で、渡すからそれですきなことをして。それでもう会社とは関係ないから」と言われた。


そのお金で事業をしたい。


 


というものでした。


 


私「まとまったお金を給与として払ってくれるってこと?」


A「そういっていました」


私「退職金として払ってもらってね」


A「どうしてですか?」


私「退職金の控除額は、通常の所得税とは違って控除金額が大きいの


給与の所得税より、控除があるからほとんど税金払わなくて済むはず」


 


 


もともと退職金は、


まとまったお金を長年務めて会社に貢献してくれたから、その功労金として渡すから、このお金で老後を過ごしてね


という意味合いがあります。


会社員が手にする一番、大金といってもいいと思います。


 


 


控除金額は、1年勤務毎に40万円(20年勤務まで、21年目からは70万円)


つまり


20年勤務した会社からは800万円までが控除金額


(税金がかからない金額)になります。


 


それに対して所得税で大金を手にしては、所得税の大金を払うことになります。


さらに、役員としての形態だと


「役員退職金」として割増しで退職金をもらえる会社もあります。


 


 


最近は、契約社員や、派遣社員、いわゆる退職金のない働き方が増えました。


こういった方はどうやって、退職金に換わる老後資金をどのように確保していくか


 


働く形態に応じて小規模企業共済があります。


これはかなり活用度が大きい制度です。


 


 


自分が知っていると得するお金の知識、若いうちから知っているとの知らないのとでは


60歳が近づいて対策をしていなかったことに愕然とします。


少しづつ知識とお金を増やしましょう。


 


 


お金に敏感な方の方が、圧倒的に事業主として成功していきます。


 


 


 




 



イベント・セミナーのご案内




会社員・個人事業者・お金の知識を増やしたい

 






 



サービスのご案内


  ◆個別のご相談予約はこちらから



  2021年に向けて自分が何をすれば充実するのか、キャリアコンサルティング受講してみませんか?ZOM対応で安価です。


http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11342


 


コンサルティングコース・初月半額(3か月から)

 

 *2021年1月分から受け付中!

 

 

<現在個人コンサル受講の方の目的>

 

 

・単価の大きい仕事にするビジネスモデルを創りたい

 

・今の事業の売り上げを上げる方法を再構築したい

 

このようなテーマでコンサルを受講いただいております







 


ご予約はこちらから ▶


 


最後までお読みいただきありがとうございました。


 


11月も終わりですね。


 


目標を決めて、気合い入れて年内を頑張ると、来年が充実しますよ。


コロナに負けずに頑張りましょう


 


利用者の声はこちら ▶


 



 



 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 








 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック