鈴木 由美

夜に仕込んで、朝に閃く解決策

2020/11/17配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


 


講師業をやっている諸先輩が


10月~12月は、ほぼ毎日だ


というようなことを話していましたが


 


私も、ちょっとだけ


ありまして


昨日はシナリオを作っていました。


 


 


あーでもない


こーでもない


 


この辺の仕込み方は


人それぞれでしょうが


 


目標が明確だと


その必要な情報って集まっていて


それをどの順でお伝えすると


こちらの意図したとおりになるか


いろいろ試行錯誤して


これでと出来上がって


寝ると


朝に、「!」


あっ、そうだ!


こういうわけか


と閃くことがありまして


 


ここはいらないなとか


この体験を入れようとか


またまた修正して


 


実際には


本番のメンバーを見て


また、ちょっと話すことも変わってくるのだけど


 


 


そういうことないですか?


 


 


事前に準備して


「よし!」


となっても


その場でどんどん変わっていく。


 


 


じゃ、事前準備は不要か?


というと


全然そんなことはない。


 


事前準備なしで


話すと


過去にやったことを繰りかえしてしまう。


 


同じテーマや


同じような対象でも


毎回準備していないと


過去のものになって


結果はイマイチ。


 


同じことを言ってるようでも


違う。


 


これって


何なんでしょうね。


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。

→支援者教育コーチング 
 GWに始めよう。
 無料オリエンテーション受付中
 



 


 



 


 


 


利用者の声はこちら ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック