広瀬真紀子
PR

からだ全体からどのようにアプローチするとよいかΙ真紀子が伝えたい「からだの動き」のこと

2020/11/13配信


皆様


いつもありがとううございます。


からだの動きの専門家


広瀬真紀子です。


 


 


からだ全体からどのようにアプローチするとよいか


 


 



昨日は、動画配信の日でした。
演奏者に多い腱鞘炎についてお話しとワークをしましたよ。


この動画のワークでは、からだの一部分だけではなく
からだ全体から、どのようにアプローチするとよいか考えているので 、
手首じゃなくてそこ~?という感じになるかもしれません。


先日の個人レッスンでもこんなことがありました。
「胸が硬くてしんどいんです。腕も上がりにくいし」
ということだったのですが、
私が、足のほうからしっかりとアプローチするので
レッスン中は不思議でしょうがなっかたそうです。


ところが、レッスンが終わると、からだは動きやすくなるし、
不眠が続いていたのに、その夜は熟睡だったそうです。
翌日には「足からされるのがすごく不思議でした。でも良くなってるし~」
と笑いながら仰ってました。
 

この動画のワークも、そんなフェルデンクライスのエッセンスを取り入れているんですよ。
とはいえ、みなさんに向けての短時間動画ですので、
お一人お一人の動きを見ることができないのがとても残念です。
なので、本来のフェルデンクライスを学びたい方や、ご自分のからだにしっかりと向き合いたい方は
やはりフェルデンクライスのレッスンをオススメします♪



【吹奏楽あるあるプチ講座】
アーカイブはこちらから→https://facebook.com/dolcefelden39





 


 


 


 



  




『吹奏楽あるあるプチ講座』を今春からスタートし、

気がつけば半年が過ぎました。

 



おかげさまで、

◎この動画を見たうちの子が「参考になった」と言ってました。

(吹部保護者の方)

 



◎吹奏楽部の学生に、この動画を配信しました。

(吹部顧問の先生)

 



◎学生時代にこのことを知りたかったです

(元吹部の方)

 



などなど、これまでたくさんのメッセージをいただきました。

本当にありがとうございます。

 



この動画を始めたきっかけは、

コロナ渦で練習もままらない状況の学生さんに少しでもお役に立てばいいなぁ

という気持ちからでしたが、



こうやって、実際に見ていただいた方から

声を聞かせていただいて、本当にありがたく感謝の気持ちで一杯です。

 



そこで、半年間このプチ講座を見てくださったみなさまに感謝の気持ちを込めて



『半年記念感謝プレゼント🎁』をと考えています。



プレゼント内容が決まり次第、またお伝えしますね。





 


 


 


 


 



 


 


 


 




 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。