林圭子

感染症予防にうがい茶の勧め(作り方動画あり)

2020/11/11配信



皆様


茶縁を広め心と体を整える中国茶の力を伝える


心と体を整えるおもてなし茶芸師林圭子です。


 


こんばんは。


先日もお話ししましたが、うがいのお茶についてです。

お茶には、カテキンと呼ばれるポリフェノールの一種が豊富に含まれています。

このカテキンが異物にピタッとくっついて、

外に連れ出してくれる役割をしているんです。


 


お水でうがいするよりも、お茶でのうがいがおすすめなのです。


 


古くなったお茶を再生してうがい茶をつくってみましょう!


 


 


封を切ったまま、飲まなくなってしまったお茶、
お葬式などでいただいて、そのまま放置されているお茶

写真は大量に作っていますが、家庭で作るなら
2パックくらいで15分ほどフライパンでいると、香がたち、茶葉が蘇ります。

①煎茶をフライパンにいれ中火で木べらを二本使って
攪拌します。5分ほどたつと、煙が出てくるので、焦がさないように手早く攪拌し、

もくもく出てきたら火を消して、余熱で手早く攪拌します。
ポイントは、下の茶葉を上に出すように攪拌すること。泡だて器のようにではありません。

②熱が冷めるまで待って、もう一度火にかけます。
今度は水分が飛んでいるのですぐにもくもくしてきますから、火から離れず①の手順で
攪拌します。茶色っぽく変わってきます


③あれば、紅茶をTEAパックだったら、中身を5袋分くらい出して、
フライパンに加えて、もういい度中火で同様に攪拌します。



いずれもポイントは、余熱でも攪拌して茶葉が茶色くなるまで
行います。合計3回やると水分がしっかり抜けるので、
熱が取れてから缶などにいれておくといいでしょう。

そのままでも、自家製ブレンドほうじ茶として飲めますし、
うがい茶として使うなら、お茶パックに少しずつ入れておくと、
やかんにお湯を沸かしてポトンと淹れておけばうがい茶ができます。

家族で帰宅後うがいに使えます。

作り方動画はこちら
https://youtu.be/5aWyvoAfzqA

 


 


 


みなさま、体調を崩さずにのききりましょう!!



  

 


 




11月の店舗休業日、営業時間についてお知らせ致します。
毎週月曜日の定休日以外に11月は臨時休業日がございます。
よろしくお願い致します。


<営業時間>
10時~18時


<休業日>
2日(月)、9日(月)、6日(金)、7日(土)、
15日(日)16日(月)17日(火)18日(水)、
20日(金)、23日(月)25日(水)、
29日(日)30日(月)



オンラインショップもご用意しております。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://shop.haocha-kobo.com/


 



 



 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 


利用者の声はこちら ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) haocha. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック