鈴木 由美

元気になる雑談と実は疲れる雑談がある。

2020/10/11配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


 


昨日今日と肌寒い小雨の仙台です。


これも秋雨前線でしょうが


台風をUターンさせちゃったのでしょう。


驚きました。


上陸していたら、またとんでもない被害が起きたかも


感謝。


 


 


さて、昨日は3倍元気になる健康相談勉強会の日


内容は、「雑談」


文字通り、3倍元気になる雑談でした。


最近、減ったもののなかに


この雑談もあって


満喫しました♡


 


特にゴールを決めて話さなくても


ちゃんと元気になる。


心はポカポカ


 


 


 


緊張した仕事が終わった後


なにげない雑談timeが大事


 


 


どの職場でも


面倒な案件が終わった後とか


案件とまで言えないくらいの面倒な電話とか


上司とのやり取りとか


終わって、わ~っとプチ毒を吐く。


 


そこに合いの手が入る。


「だよね」


とか


「頑張ったね」


とか


「お疲れさん」


とか


「全然、悪くないじゃん」とか


 


 


時には


家庭でのやり取りが話題に出ることも。


「うちの子がさ」


「旦那ってばさ」


「姑ったら信じられない」


「先生がね」


 


などなど


 


「え~~~~、なにそれ」


「で、どうしたの」


「分かる~~~~~」


 


共感が渦巻く。


「でしょ。でしょ」


「じゃぁ、こうしてみたら」


「それ、もうやった」


 


などなど


さて、仕事しようか。


 


 


次の仕事への切り替えに


雑談は欠かせない。


 


それを見てる男性たちは


「女はうるさいな」とか「よくしゃべるなぁ」


「ここ、職場なんだけど」


「ほかの社員が目に入らないんだな」


と、毒を吐かれてるかもしれない。


 


じゃぁ


男性は雑談しないか?


 


そんなことはない。


ちゃんとしてますわ。


 


そこにアイテムが必要なだけ。


煙草とか


居酒屋とか


ランチとか


 


場所を変えて


働くところと


休憩するところを分けてるっていうのは


尊敬するところ。


 


女性の方が、本能的で


その場で言っちゃって


バッと切り替えてるかも


 


これが性差ではなくて


たまたま日本だからなのかもしれませんけど。


 


 


何で


その都度


雑談が必要なのか?


 


 


それは、切り替えるため


そして、エネルギー補給のため


 


共感性の高い女性たちは


相手と共感して


寄り添って


分かろうとし


分かってもらおうとし


エネルギーを使うのです。


 


 


上手くいっても行かなくても


終われば、はぁ、疲れたぁ~


 


なので雑談することで


相手からエネルギーをいただく。


 


相談者に共感できるのだもの


同僚への共感はお茶の子さいさい


無意識に相手にエネルギーをあげちゃうのです。


同僚だって、頂いてるなんて意識していないのです。


 


なんていい循環


同僚に感謝


ありがとう


みんな


 


 


な~んてね


そういうことやってるから


疲れちゃうのです。


で、夕方にどっと疲れた状態になり。


はぁ、これからご飯かぁ


どっこいしょ


ってね。


 


今日は休日だ。


寝ていようとか。


これは、状態管理が出来ていない状態


 


ちゃんと状態管理してると


働くほどに元気になる。


与えるほどに元気になる。


 


状態管理は、基本です。


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。

→支援者教育コーチング 
 GWに始めよう。
 無料オリエンテーション受付中
 



 



イベント・セミナーのご案内




状態管理の基本はこれ!

 

 

 

人や動物を元気にしたい。触れる仕事をしている。終わった後疲れちゃう。

6798_m2i1otqxmdi5zjk0z





予防するとはどういうことか。本質から理解したい方。健康な人を増やしたいと想っている方。

18_mgy1zwu5mmm5mgmzz






 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック