斎藤 ゆき

20年の呪いが解けた日

2020/10/ 6配信


皆様


こんばんわ。



写真を変更いたしました。


斎藤友紀です。


27125_0a857080-1451-4e9a-88c1-3b25e84978c7_1_105_c


 


「呪い」にかかってたこと
 お話したいと思います。


今日もお付き合い
ありがとうございます。


 


 


 


 


どうして
母の期待に応えたかったのか


どうして
母を安心させたいと願っていたのか


どうして
わたしだけ幸せになっては
母に申し訳ない


罪悪感が常にあったのか。


 


 


20年以上囚われてた
呪いが浄化されたこと。


 


 


突然の破局で
自分の繊細さが粉々に砕けるほどの
悲しみと辛さの感情が
かき乱され
号泣するうち
深く沈殿していたところへ触れた。


 


 


あの日の翌日のこと、
父の墓前で
悲しい事実の報告してるうち


 


 


口から出たのは
母の期待に応えられなくて
ごめんなさい。
母も悲しませてごめんなさい。


彼氏と破局の悲しみなのに
母への謝罪で泣いていた。


 


 


なんで
わたし謝ってるの?


なんで
母が出てくるの?


 


 


 


だって
父からの遺言があったから。


 


「母を困らせるな。悲しませるな」


 


わたしは父の最愛の娘として
最後のことばを忠実に守り続けた。


 


父はわたしを通じて
母を守っていたんだね。


 


 


だけどその愛は、
もはや呪いだよ。


娘の代では
ずいぶん歪んでしまった。


 


 


 


お墓参りから帰って
素直に
母に告げることができた。


 


 


父から受け継いだ
母への愛と願いを


 


20年の時を超えて
父の遺言を携えていたこと、
初めて母へ伝えることができた。


 


 


 


両親はケンカばかりで
お互い口もきかず
誤解が多いと
娘ながらに見てたけど


 


父は母を世界で一番大切にしていたよ。
最愛の娘との最後の会話は
わたしではなく母への想いだったんだから。


 


 


 


母は言ってくれた。



「お母さんは何も迷惑かかってない。


 あなたが元気でいれば


 それでいい。」


 


 


父から受け継いだ
母への愛を
ちゃんと母へ手渡すことができた。


 


母は、まっすぐに
受け取ってくれた。


 


 


きっと
まだ胎内に居た頃


男の子かなー。女の子かなー。
元気だったらどっちでもいいからね。と
お腹の中のわたしに
声掛けてくれてただろう。


 


何が得意であっても苦手でも
勉強ができてもいなくても
上手でも下手でも
どっちでもいいよ。


 


「元気で生きてる


 それだけでいい。」


 


 


 


長い時間が経ったんだな。


 


 


無意識のレベルで
囚われていた
ものの見方。


 


わたしだけが人生を謳歌してはならない
後ろめたさすらあった
母への罪悪感は
亡父の想いを叶えたかった願い。


 


 


願いは叶ったよ。
母は父の愛と想いを受け取ってくれたよ。
わたしは役目を果たしたし
わたしは母を誤解していた。


 


 


 


自分で思い込んだ
呪縛から解かれ
ようやく
わたしは
自分の人生を進んでいいと
許諾できました。


 


 


 


 


彼氏との破局の理由は
彼が自分の子どもたちとの親子関係を
最優先する選択でした。


【父親】として一生を生きる決意。
元嫁である子どもたちにとっての
母親も側で暮らしているとのこと。
子どもたちや孫たちとの将来的な暮らしで
他人である私は
家族にとって受け入れ難い存在であった
ということでした。


たくさんの楽しい思い出に感謝し
末長くお幸せであることを祈っています。


彼との関わりで
わたしの母娘関係が大きく動いたこと
【父親】のエネルギーを動かされたこと
わたしの人生観への影響を
未来へ向けて与えてもらえました。


 


この出来事が転機となり
エネルギーの流れが
思いこみの呪縛によって
滞っていたこと
ぐるっと循環して
浄化して初めて気付きました。


 


 


ほどけた生き方
自分のペースを見つめながら
ととのえております。


  




 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック