南くるみ

「滞り」を改善するため、始めました。

2020/9/29配信



皆様


 


 


おはようございます。
アナウンス・パートナーの南くるみです。


 


今朝もピカピカの朝です。
近くの山の緑が朝日に輝いています。
小鳥のさえずりも軽やかです。



今朝方、寒いなぁ、なんて思ったら、
窓を開けたまま寝ていました。



寒いはずですね~(笑)



昨日のメルマガ、
タイトルは「キーワードは、循環」だったのですが、
早速、少しずつですが、
身の回りの「滞り」をなくすことから
始めてみました。



まず、昨日、家の周りの雑草を抜きました。
夏の間にボーボーになってしまっていたのを
一気に抜いたら、気分爽快です。


家の周りの風通しが良くなったので、
「気」の循環が良くなるかもしれませんね。




それから、
自分の身体の循環をよくするため、
コロナ太りで緩んだボディのダイエットです。




本来の意味のダイエット(食餌療法)で
身体を軽くしようと思っています。


そうそう。
求めていれば、アンテナに引っかかる!



昨日の朝、こんな本を見つけました。




「できる男は 超小食 ~空腹こそ活力の源!



今は、ネットで買って
Kindleですぐに読めますので便利ですね。


もう一気に読んでしまいました(笑)。


タモリさんやビートたけしさん、
水谷豊さんや、ピンクレディーの未唯さんも
1日1食なんですって!


食べない人ほど、
冴える!できる!活力が湧く!
なんですって!






で、私も早速、
取り組んでみることにしました。



まずは、
昨夜から夕食を軽くしてみました。


とりあえずは、ごはん抜きです。



昨夜の夕食メニューは、
鶏ささみときゅうりのバンバンジー風サラダと
お味噌汁のみ。






 


そして、夜9時以降は何も食べない事。
そうすると、今朝、身体が軽いです~。


まずは、
これを続けてみようと思っています。



私の場合、
とにかくすべての「滞り」を改善してみます。



クローゼット
家の中全体も見直していかねば。


見直すべきこと、
ほかにも色々ありますね。。。



そうすることで、
少しは前進できるかな??






そうそう。
この本のなかで、とても興味深かったのは、
「少食」を実践することで
脳や神経の「汚れ」が取れて、
身体の機能が活性化するという点です。



何度も読んでみました。
やっぱり、身体を軽くすること、
一度極限まで食事を少なくしてみることって、
身体の色々な機能を復活させるようなのです。





かつて、プロ野球の落合博満選手が、
動体視力の低下で、ボールが見えなくなったため、
ファスティング(断食)を実践したところ、
動体視力が回復し、
三冠王3回の打撃センスが蘇ったそう。



このお話に現されるように、
食事を少なくすることで、
臓器が若返るのです~。


「あれ、あれ」と、
名前が出てこないー、なんてことありませんか?


こういった「物忘れ」も改善されるのだそうです。


「1日1食」を実践した人は、
頭が冴えて、記憶力が回復した人も多いそうです。




へぇーー!!




すごーい。




これはやってみる価値大きいかも!
と、単純な私は思った次第です。



とにかく、カラダの中の余分な汚れが
落ちていくそう。
特に、神経の汚れまでもが落ちていくので
このように改善されるようなのです。



気になる方は、一度手に取ってみてくださいね。


「できる男は超小食」
~空腹こそ活力の源! 船瀬俊介・著




 




というわけで、
ダイエットの進捗状況もまたご報告いたしますね。



では、今日もお元気で行ってらっしゃい。




 




 



グループ予約のご案内


 



 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが
https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、
このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


メルマガ登録
プロフィール
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック