関口香

【あたねいあ関口香】嫉妬する気持ちって?

2020/9/25配信


1200_banner_image


皆様


宇宙規模で幸せな人を増やす


本当に幸せになりたい人の水先案内人の関口香です。


1182__dsc3990


 


お彼岸に入ってから、一気に肌寒くなってきましたね。


我が家でも、昨日からホカホカカーペットを出しました。
すると、猫がヘソ天で寝ていました。
もう、そんな季節になってきたんだ〜とシミジミ(猫で季節を知るシリーズ)。


私の方は、9月22日にシータヒーリングの「存在の層」クラスが終了し、
その晩にO&Oアカデミーの3時間半のクラス
「知性の実現」というクラスを通訳(20日の夜にはディクシャイベントの通訳)。


だから、ここ数日はたっぷりとお休みしていました!


そんな日々、今1番のお気に入りは、小松菜(とリンゴ&人参も少々)のコールドプレスジュースなんです。
毎朝これを飲むのが楽しみで、飲むたびに甘―い!と叫んでます。


単行本「存在の7つの層」(ナチュラルスピリット刊)で、
ヴァイアナが「ミキサーよりもジューサーで絞りなさい」って言ってます。
でも、小松菜は初めてだったのですが、ほんと、お勧めです。
体中の血が、うわーーって喜ぶのを感じます。



さて、本題に入りますね。


最近、こんなことを言っていた人がいました。


「他の人がうらやましい。あの人は、なぜあの家庭に生まれることができて、私にはできなかったのか」。


それを聞きながら、あ〜、私もこんなことを言っていた時期があったなあと思い出したんです。


今も、全くそういう思考がないわけじゃないです。
だって、世の中は、そんな話にあふれていますよね?



音楽プロデューサーの親のもとに生まれて、10代で曲を書き始めて、一躍スターダムに駆け上がったとか


アスリートの親のもとに生まれて、3歳からスポーツの英才教育を受けて、オリンピックに出てるとか


ヒーラーの世界だって、無縁ではありません。


家族がスピリチュアルな世界にいる賢者たちで、小さい頃からスピリチュアルに馴染んでいた環境があったとか。



でも、落ち着いて考えれば、音楽プロデューサーのもとに生まれたからと言って、誰でもスターになるわけではないし


アスリートの親のもとに生まれて、親から英才教育受けたのに運動音痴だったら、辛いだろうし


家族がスピリチュアルな世界にどっぷりいたから、自分はそこを出て行ったという話も聞きます。



それでも、あの人が羨ましい!って一度なってしまうと
大きな視点で見ることはできなくなります。



正直なところ、人間は比較する動物です。
だから比較して当たり前なんです。



昔から、誰でもやっていたはずです。


あの木より、この木は実がなるとか
この牛より、あの牛が乳を出すとか
あの山より、こちらの山が耕しやすいとか
この海より、あちらの海は魚が取れるとか


そんなふうに比較してきたから、進化してきたんです。
比較の回路は、脳の中で強く優勢になっています。
猿だって、鳥だって、比較はしてるような気がするから、
本能的なものなんでしょう。



比較して、良い方を手に入れられないと、
嫉妬して、妬む。
この重たい思考も、ずっと「やる気」として
非常に便利に使ってきました。



でも、この嫉妬や妬みによって、私たちは簡単に身を滅ぼすのです。
歴史上の英雄とか、天才と言われてきた人の多くが、
実はこの嫉妬に突き動かされて物事を成し遂げつつ、
決して幸せは得られなかったというのも、よくある話です。


嫉妬している時、妬んでいる時、
私たちは何をしているのかというと….
いろんなことをしてると思うんですが
その中でも特に
自分には「ないもの」を数えているんだと思います。


あの人にあって、私にないもの。
あそこにはあるけど、ここにはないもの。


その「ない」状態も、魂レベルの自分で設定している舞台。
だけど、「ない」「ない」と数えていると、何が起きるか、分かりますよね?


そうです。
ここ数回、お伝えしてきたように
宇宙はあなたの望むものをなんでも与えてくれるので
あなたがいかに「ない」のかを教えてくれるんです。


すると、あれも「ない」、これも「ない」という状況がさらに現実化するんです。


よく、感謝の大切さが言われます。
感謝って、この「ない」「ない」という動きとは、真反対の動きです。
感謝は、自分の手元にいかに「ある」かを数えていくということです。


日本語で「有難い」とか「有難う」って言いますが
ただ「ある」だけじゃなくて、
普通では「ない」ことかもしれないものが、
自分の手元にあるってことはすごいことなんだ!
かけがえないんだ!
という意味が入ってます


だから、ありがとうって言うたびに、
こんなかけがえのないものを与えてもらっている
嬉しいな、って宇宙に言ってるわけです。
すると、宇宙からも、さらにかけがえのないものがやってくるという仕組みです。


感謝は、あらゆるスピリチュアルな実践の基盤です。
周りにあるもの、そして自分の存在全てに
感謝できるようになると、スピリチュアル的に進化していると
自分でもわかります。


「ない」ものではなく
「ある」ものを見る。


今日、自分と一緒にいる人や
手元にある能力を大切にする。


すると、どんどん増幅して、もっともっと「ある」状態になっていきます。
本当です。


私も、小松菜のコールドプレスジュースを飲みながら、
これを私の手元にもたらしてくれた、あらゆる存在に感謝しています。



***こちらのブログ/メルマガでは、質問なども募集しています。こんな話が聞きたい!というのがあったら、是非教えてくださいね***


 


 



 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




シータヒーリングで、幸せな人生を歩みたい方

1182_ywuzmwvlzju5mmyym





ハートを軽々と楽々と笑いながら開きたい方!!!

1182_mjc4njvkmtk1mzk1m







 


ご予約はこちらから ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



2019©︎athaneia.com
Powered by リザーブストック