永江 信彦

他人は変えられるのか?

2020/9/25配信


皆様へ。


こんにちは。


オフィスまなぶき の 永江信彦です。


 


 


心がけとか、
注意事項とか、
ビジネスでも、
暮らしの中でも、
いろいろと先人から教わることがあります。


書籍で読んだり、
セミナーで教わったり、
先輩から指導を受けたり、
両親から教わったり。


 


そんな「教え」の中に、
こういうものがあって
みなさんも目や耳にしたことがあるのではないでしょうか。


 


=====
他人は変えられない
変えられるのは自分
=====


 


この言葉の主旨としては、
他人の感情や行動は変えられない。


自分の行動は変えられる。


だから、
変えられもしない事柄を気にしたり、
こだわったりするのではなく、
変えられる自分のことに注力しよう、
というような感じです。


 


同様に、
変えられない過去をくよくよと考えるのではなく、
変えることができる今と未来に目を向けよう
という言葉もよく使われます。


変えられることに意識を向けて
建設的に思考を働かせようということです。


変えられないことは変えられないから、
変えられることに意識を向けて、
実際に、良い方向に物事を変えていこう
ということです。


 


その主旨において、
「他人は変えられない」と話すことは
「変えられる自分」を意識するために
有効で、大切なことだと思います。


でも、
他人も、実は変えられます。


 


 


もちろん、
変える相手や内容によっては
とても困難で、
大した意味もないかもしれません。


しかし、
自分の言動から影響を与えて
他人の考えや行動を変えることも
可能である場合もあります。


 


実際に、
自分以外の人間に対して、
自分の言動によって
多少なりとも変化をもたらした経験のある人は
けっこういらっしゃるのではないでしょうか。


あなたも、そんな経験があるのではないですか?


だから、
論理的な文章説明の帰結としては
「他人も変えられることがある」
というのが正しいのだと思います。


 


 


しかし、
やっぱり、
変えられない他人の事柄というものも確かに存在します。


いつまでもそのことに思考を使うのは
時間の無駄だし建設的ではありません。


 


だから、
「変えられない」と言える他人の事柄は
やっぱり考えないようにしてもいいのかもしれません。


 


つまり、
「他人」で全部を一括にしてしまうのではなく、
「変えられる」 と 「変えられない」 で
分けて考えることが正しかったんです。


 


 


なんだか屁理屈をこねているように思われるかもしれませんが、
実際に、
あなたも、私も、
他人の何かを変えた実績があります。


 



そして、
言葉は、心や行動に影響します。


「他人は変えられない」と口にしてしまうと
本当にそう思ってしまって、
本当にそう考えて行動するようになってしまって、
変えることが適切である大切な人のことを
早々に諦めてしまうことになるかもしれません。


 


根気強く指導するべきだった後輩を
とっとと放り出してしまう、とか、ね。


 


 



教育とか
育成とかということは、
ある意味では、他人を変えることです。


教育や育成を考える人は、
「他人も変えられる」と考えなくてはいけません。


 


 


 


人材育成コンサルタント
思考力トレーナー


永江 信彦(ながえ のぶひこ)


================
オフィスまなぶき
〒922-0406 石川県加賀市伊切町ワ104-4
ホームページ : http://manabuki.com/
メールアドレス : info@manabuki.com
================


 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。