古澤貴子

よく噛むことが大切な理由 その2

2020/9/22配信


31615_banner_image


皆様


 


今から25年も前の話ですが


自分で無農薬の玄米を作り、


それでお弁当を作って


近所に配っていたおじいちゃんがいました。


「100回噛んで食べたら、病気なんかならない!」


クヨクヨ悩むこともなくなる・・・と言っていたんです。


 


ある日、


ちょっと辛いことがあった日に、


そのことを思いでして試してみたところ・・・


本当に、思考が変わって


「まっ、いいかぁ~」


って、心がラクになりまして・・・


これはすごい!と思いました。


 


今ならわかります。


コレ、正にマインドフルネス!


 


どうにもならない過去や


どうなるかわからない未来のことを


「あれこれ考え過ぎ」から


「“今、ここ”に集中している」


 状態になったわけです。


 


そうして、副交感神経も


優位になっていったのだと思います。


 ===============


 


そんなことを思い出していました。


やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナーの古澤貴子です。


28848_reserve-stock-photo-base-1024-1024


よく噛むことは、すっごく大切です。


 


「ネバネバ」唾液から


「サラサラ」唾液に変わるまで、


とにかく、噛みましょう!


消化は口から始まる


唾液には消化を助ける役割があります。


 


赤ちゃんが唾液を沢山出します。


赤ちゃんの場合は「よだれ」ですね。


これは消化機能が整い、


消化ができるようになった証拠なんです。


まだ、飲み込む力や


口を閉じておく力が弱いから、


唾液があふれ出てしまうわけです。


 


実は、唾液には消化酵素がたくさん含まれています。


デンプンを分解「アミラーゼ」


脂肪を分解「リパーゼ」


糖を分解「プロチアリン」


なんと、活性酸素を除去する酵素「ペルオキシターゼ」まで含まれています。


 



ごはんを噛み続けると


次第に甘味が出てきます。


これも消化酵素の働きです。


分解されると味覚を感じるようになります。


 


つまり、消化は口から始まります。


 早食いをして、


酵素が働かないうちに


胃に送り出してしまうと


口でできなかった消化を


腸が補うようになるので


とても負担をかけてしまいます。


 


というわけで


「サラサラ」唾液になるまで


しっかり噛むことで


消化・吸収は確実に良くなります。


満腹中枢も満たされ、食べ過ぎも防げます。


ダイエットにも効果的ですね。


 


では、また。


最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。


次回は、アンチエイジング効果について。


 


今日も「カムカム!」


 


================


これも人生愉しく生きるために役立ちます💗



10/6スタート


福士エリカと古澤貴子の
ZOOM オンライン読書会


『「俯瞰力」読書会』


難しいテーマですが、みんなで読み解きながら、愉しく探求してゆきましょう!


詳細・お申し込みはこちら



 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




断捨離で「自在力」を身につけ、人生に革命を起こそうと密かに目論んでいる方、また、そう願いながらも踏み出せず、うずうずしてる方

18_yjcxzdy5mzqwzdnky





・発達に問題があるお子さんを抱え、不安な気持ちが続いている
・部屋も気持ちも片付かず、モンモンとしている
・改善をめざして、基本的な栄養学を含め、理論的に学びたい

18_mgy1zwu5mmm5mgmzz






 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright(c)2020-2021Kanalabo,inc.All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック