青山 雅明

NLPの学校をはじめます。

2020/9/11配信


皆様


Holistic Art Center Tulsiの青山 雅明です。



 


みなさん、こんにちは!


 


まだまだ残暑で暑い日が続いてますね。


家の周りではトンボが飛び始めて、秋の気配がしています。


大好きなスイカの季節は終わり、大好きな梨やぶどうの季節がやってまいりました。


本当に旬の果物は美味しいですね!


いかがお過ごしですか?


 


NLPの学校をはじめます。


 


去年の2月にNLP神経言語プログラミングのトレーナーになりました。


(全米NLP協会ABNLPトレーナー)


トレーナーになってからは、個人セッションやコーチングなどではNLPを使っていますがNLP自体を教えるということはしていませんでした。


 


今年に入り、コロナウィルス などで世の中が激変する中。


今までの仕事を失ったり環境の大きな変化でメンタルを病んでしまったり、不安な気持ちを抱えながら生活をしている人も多いとききます。


 


少しでもお役に立てれば嬉しいので、このメルマガで僕の知っている日常生活で使えるNLPをお伝えしてゆきますね。


 


NLPとは自分や人の行動パターンを認識して望ましい状態へと導く『意識』と『無意識』の両方を扱う心理学です。


別名「脳の取り扱い説明書」などとも呼ばれています。


 



オバマ大統領やクリントン大統領もNLPを学び交渉や演説などにも活用されていたそうです。


また、アンソニー・ロビンズ(NLPを学んだ米国のメンタル・トレーナー)が、
当時低迷していたテニスプレーヤーだった、アンドレ・アガシ選手を
コーチングし、世界ランク1位に上り詰めさせたという話はご存知かも知れませんね。


 


日常生活の中でNLPを活用できる範囲は



  1. 他者とのコミュニケーション(人間関係、信頼関係を構築する)

  2. 自分とのコミュニケーション(自分の内面の整理と人生の方向性を明確にする)

  3. トラウマやコンプレックスなど、心理的なマイナス面の解消(結果を妨げるブレーキを外す)

  4. セルフイメージの向上(目標達成や問題解決の能力を高める)

  5. 健康の維持・促進(病気に対する心理的なアプローチ)


などが上げられます。  


(NLPJAPANラーニングセンターより参照させていただきました。) 



 


とにかく、様々な分野で応用できるのですが一度にお伝えすると膨大になってしまうので


一日一個ずつお伝えしてゆきますね。


 


 


【本日の授業】


『相手の世界観を尊重する』


 


な〜んだそんなことかい。


という声も聞こえてきそうですが、イライラや争いの原因のほとんどは相手の世界観を尊重していないために起こるのです。


自分ばかりを基準にしていると、自分と違う人の意見や行動に


『何でそんななの!普通こうでしょう?』


とイライラしてしまいます。


 


世の中に『普通』なんて無いのです。


 


人それぞれが、育ってきた文化、環境、読んできた本、影響をうけた人、聴いてきた音楽、感動したもの、が違います。


「今」見ているもの、感じていること、持っている価値観も違います。


 


なので『何でそんななの!普通こうでしょう?』とイライラした時は、『面白いなー!その考え。』


とか『そうくるかー、なるほど!興味深いなー』と『相手の世界観を尊重』してみましょう。


 


たったそれだけで、少し世界が平和になりますよ。


 


  


最後まで読んで頂いてありがとうございます。
本日も素敵な一日をお過ごしください。


 


 


NLPカウンセリング、ヒプノセラピー個人セッションうけたまわります。


ご予約はこちらから ▶


 



  

 


 


 


 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック