藤原 恵津子

問題ではなくビジョンを見る

2020/9/10配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは。
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


セミナーやカウンセリングをしていて思うこと…


それは、多くの人は、ビジョンではなく、問題を見ている(見ようする)こと。


何を隠そう、私自身も、昔はそういう傾向がありました。 


だからこそ、いえることなのですが、


問題を見ていると、ネガティブな感情がどんどん湧きおこってきて、しまいにはその感情に支配されて、とても苦しいです。


そして、いつしか問題を見てしまう癖がついてしまい、いつもいつも何かに悩んでいる状態になってしまいます。


「解決するために行動しなくちゃ」


と考えるのですが、ネガティブな感情に支配されてしまうと、どんどん動けなくなってしまうんですよね。


ある日フッと気が付いたんです。


こんなことをしていても、自分が苦しくなるばっかりで事態は良くならないよなぁと。



 


下へ続く↓





イベント・セミナーのご案内 





ワクワクビジョン実現セミナー
たった1回で叶いました!が続出


大阪  明石
  


可能性開花1Dayセミナー
可能性開花コースのエッセンスを1日で!


詳 細


 


可能性開花コース (ベーシック)11月より開催
楽に楽しく自分らしく生きることですべてがうまくいく人生を!




 

可能性開花コース(アドバンス)11月より開催
宇宙の法則を知りアセンションを実感する人生を


 

 



 

 


前世はどんな人生を歩んだのでしょう?


 

 



 


心の相談実施中(無料)
 どうぞお気軽にお、お申込みくださいね


 

 



 

わかば会
カサンドラ症候群自助会


 





上からの続き↓




 


出来事はすべて自分の内側の投影


これは今の私にはわかりますが、当時の私は知る由もありませんでした。


そして、今も過去の私と同じように、問題を見て悩んでいる人が多いのを感じます



もし、皆様に「問題を見てしまう癖」があるなら、お伝えしたいことがあります。


それは、


問題ではなく、解決したその先のビジョンを見るといいですよ。


ということ。



つまり、今起きている問題そのものに焦点を当てるのではなく、その先、乗り越えた向こう側の世界や自分を見ることに意識を置くということです。


 


問題って、自分の器に応じて起きてきます。


だから、必ず乗り越えられるものだし、乗り越えられないものはやってこない。


必要だから引き寄せたものであるともいえます。


ということは、基本的に大丈夫なのです。


 


それが解決したとき、自分や周りはどのような状態になっているのか。


乗り越えた自分はどんな自分に成長しているのか。


そういう自分なら、今問題を抱えている(と思っている)自分になんというのか。


 


それが乗り越える大きな大きなヒントになります。


一度やってみることをお勧めします。



 













 どうぞお気軽にお申込みくださいね




 









コーチ・フィオーレは皆様の可能性開花をサポートします!








 









 




メルマガのご感想&ご質問



お申込み&お問合せ


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。
























 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック