河村有里子

安部総理の辞任と一白・子について

2020/9/ 2配信


皆様


こんにちは。
氣学カウンセラーの河村有里子です。


20711_62264677_2596993917052509_1629478036250296320_o

八月は、私の本命星が四緑木星に重なっていたので、
沢山のご縁や、遠くのご縁を頂きました。
本当に、そのままの運勢だとつくづく思います。


安部総理の辞任


皆さんもご存知の通り、安部総理が8月28日辞任記者会見を開かれました。
志し半ばで、辞任という苦渋の選択をした安倍総理の誠意ある一生懸命な記者会見を拝聴し、目頭が熱くなりました。(様々な課題を残されてますが、今回は置いておきます)

歴代最長の8年の在任をされたそうです。
潰瘍性大腸炎を持病でお持ちになりながら、
本当に国民のために全身全霊で頑張ってくださいました。
14年前、1回目の任期時に、一般の方に浸透していない「潰瘍性大腸炎」という病気を、
世間に認知してくださったのも安部総理でした。
この時、潰瘍性大腸炎を持病でお持ちの方々は、
「一般の方々に、潰瘍性大腸炎がどの様な病気か?」
を知っていただく事が出来、どんなに嬉しかった事でしょうか?
実は、なかなか理解してもらえない病気でした。

潰瘍性大腸炎がどの様な病気かご存知でしょうか?
潰瘍性大腸炎を持病でお持ちの波ちなみさんのブログご紹介します
記事の中ではちなみさんの個人的ですが、
潰瘍性大腸炎の体感、体験を綴っておられます。
今一度、潰瘍性大腸炎がどの様な病気なのかをお知り下さい。
記事はコチラ↓↓↓
https://ameblo.jp/rakuen-88/entry-12619796840.html?frm=theme


ご覧いただきましたでしょうか?
潰瘍性大腸炎がどの様な病気か、お分かりになったかと思います。
この病気を知らない方は
「薬で治まるのでしょ?」
「ただの下痢でしょ?」
この様に思われる方もいたかも知れません。
実は、そうではなく、いつ、どこで、どうなるかわからない病気。
一生、付き合っていく病気なのです。

健康な方でも、激務と言われる総理の任務をされていたかと思うと
頭が上がらない思いです。
改めて、「安部総理、お疲れ様でした!!」。



「病気」「生死」のテーマの一年

2020年の担当する十二支は「子」です。
そして、9月は一白水星が中宮の月です。
どちらも「病気」「死」「終わりと始まり(子=了+一)」などの意味をお持ちます。
9月は、上記の事について皆さんが向き合っていく月になさってください。
一白水星は凶の意味だけではありません。
家族とつながりが深くなる、人間関係の構築、水面下で新しい事が始まるなど、
嬉しい吉の意味の事も沢山あります。

安部総理、お亡くなりになった俳優の三浦春馬さんも、本命星が一白水星です。
2020年は後天定位の八白土星に回座(重なっている)している一白水星さんが、
「転換・変化」する事の大切さや、一白水星、子の意味の「死・病気・終わりと始まり」について、
そして、個々が繋がって行く事の大切さを教えてくれるのでしょうね。

最後まで読んで頂き、有難うございました。


※九星別メッセージは3日に配信いたします。


 




 


 



 


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック